のぬふ

2009-10-26

[]DREAM12を見たっす

久々に総合見たのはケージマッチの桜庭を見るためであり、桜庭の試合はなんにしたって泣けてしまうのであんまり見たくねえなあと思いながらグズっていたんですけど、いし…いやケンドー・カシンと柴田の一戦が面白悲しくてなんだかやっぱり変な気持ちになったのであった。つうかどっちもプロレス界に必要なレスラーだと思うんですけど、総合の世界で、まして谷川の囲いの中で殴り合いしてると思うと切ない。試合自体は面白いですよ。石澤が上手いわけでも柴田が強いわけでもなくて、とりあえずなんとなく今現在の体力差だけで柴田が勝ったというような内容つったら言いすぎですけど、でもまあ素人目に見ても総合格闘技としての完成度の低さは解った。でもまあプロレス的に見れば充分すぎるほど面白い殴り合いだったわけであり、まあ面白いもの見たかなあと思ったんですが、石澤の試合終了後の笑顔で全部吹っ飛んでしまった。なんかもうあそこで負けてニコニコしてるってカシンもう終わってるのかよという感情が。100歩譲って石澤常光だったらまあいいのかなあと思わなくもなかったけど、石澤にしたってあそこで笑っている姿なんて見たくない。いや普通先輩が後輩に超えられたときって笑顔でいいと思うんだけどさあ。普通じゃ駄目だろ。普通じゃないところがカシンの普通だろう。カシンはいつまでもカシンでいてほしいし、何よりあんた達はプロレスした方がいいと思うんですよ本当に。

関係ないですけど今K-1MAX武田幸三引退試合長渕剛の歌が流れているので、俺も引退するときには長渕剛に歌を歌ってもらいたいと思う。それが俺の夢だ。嘘だ。

2009-07-14

[]結局の所プロレスが一番好きなんだ

結構前に人と最強の格闘家って誰なんでしょうねっていう話になって、ちょっと話したらそれを知るにはまずルールを整備しなくてはならぬという結論に至ったんですけど、その時に思ったのがやっぱり総合格闘技で一番強いやつが最強の格闘家じゃないのかと思ったのだけど、それはやっぱ総合格闘技という競技の中で最強で、その階級の中の最強であり、それは最強格闘家じゃなくて最強総合格闘家であり、総合格闘技というジャンルとして洗練されていけばいくほど、総合格闘技世界一と最強の人間はずれていくような気がするって、書いてることもずれてきたけど、今日突然俺が何を思ったのかといいますと、俺は総合格闘技が好きなんじゃなくて、異種格闘技戦が好きなだけだったんだなあと。それもプロレスと総合のどっちかでいえばプロレス寄りの異種格闘技戦が好きなんだな。総合は総合で面白いけども。なんでか今日突然それに気がついた。

なんかそれすげえ今更だなあと思いつつ今日はひたすらムタの試合を見たりしていた。ムタvs小川とか。ムタが猪木に毒霧噴いたところですげえ笑った。つうか多分俺の異種格闘技戦原体験は猪木じゃなくて橋本であり、それも橋本真也vs小川直也じゃなくて橋本真也vsトニー・ホームなので邪道にもほどがある。二連敗した橋本が中国に渡って水面蹴りを習得してきて三戦目にようやく勝つんですよ。あと武藤敬司vsペドロ・オタービオとかもなんかすごい記憶に残っている。ああいうのが好きなのか俺。いやあ…。

2009-01-21

[]相撲が面白い

朝青龍のおかげで今場所たまに相撲を見たりしているのだけども、なんかこう、相撲って面白いですよね。なんというかその、千代の富士がいたころのウルフ一強時代に相撲を見ていた人間でありますので、原体験千代の富士の相撲が忘れられず、その後の若貴曙時代になんとなく馴染めなくなってだんだんと相撲を見なくなっておったのですが、その後たまに見てももうあの頃の相撲つうかね、そういうのは見られないようなね、そういう思い込みがあったりしたわけなんですけども、まあ見てるとこれが普通に面白いのね。なんかこう、昔と違って技術的なものを気にしながら見ているつうのもあるんだろうけども、なんかこう、面白い逸材がごろごろしているのな。見た目的にも面白い人が多いですけど、相撲自体が面白い力士が結構いたりするわけであり、まあその辺のキャラをもっとつかめば相撲自体ももっと面白くなったりするんじゃないかと思うのだけども。

んで朝青龍まわりの面白さっつうのは非常にプロレス的な面白さでもあって、なんつうか、キャラの強い力士がいるとわりと楽しめるっつうか、多分朝青龍がこんだけ無茶苦茶な感じじゃなかったら、多分もう相撲を真面目に見てみたいとか思うこともなかったんじゃろうなとか思うわけですけども、こう、こういったことを口にしますと怒られるかもしれませんけども、相撲ってわりと国を挙げてアングルを組めてしまうようなそんな感じがするので、相撲を人気スポーツに復活させることってば結構簡単なことなんじゃないかしらと思うんですけどもどうなんですかね。相撲自体は面白いのだから、もっとこう、ねえ。これだけ面白いものが定期的に見られるっつうのはわりに幸せなことですけどもねえ。

2009-01-03

[]Dynamite!!を見た

諸事情ありまして、今更大晦日の録画を見ていたりするんですけども、サップvs万太郎の一戦はすごかった。そこにいるものやら見るもの全てを2割…いや4割引くらいの安値に落とす世界観。すごかった。どうしてあそこまで安くできるのか。しかしまあ一番驚いたのはたぶんなにもしてこなかったんだろうなあと思わせるサップのファイトスタイルじゃなくて、万太郎の安いマスクでもなくて、ミートくんでもなくて、キン肉マン名乗るにはあまりにレスラー体型な万太郎でもなくて、例のツァラトゥストラはかく語りきで入場してきてガウン脱いだ瞬間にTシャツ着ているサップがものすごすぎた。いやいやいやいやそこは。そこはねえ。まあでも面白かったですけど。やるならプロレスでやるべきですよなとは思った。仮にも元IWGPチャンピオンですよ。それとキン肉星の王子が戦うというのに。これはやはりハッスルかスガッスルでやるべきだったと思うんだけどなあ。いや…つうか美濃輪を肉に入れればよかったのにね。それだったら多分結構面白かったと思うんすけどなあ。まあミノワマンさんはあれはあれで一個の商品として完成しつつあるからいいのかな。

あとまあ柴田vsマッハとか川尻vs武田などが色んな意味合いで楽しめましたけども、その辺はまあいいとして桜庭vs田村は本人達の思惑とは別に、状況がもうこのカードを求めていないっつうか、とりあえず桜庭の入場に今ひとつ乗れないという時点で俺の中ではありえないことであり、桜庭の試合をここまで冷静に嫌な感じで見てしまえる時点でものすごい違和感があるというか、全盛期のPRIDEでこのカードが成立していればUインターを知っていようがいまいが全体の勢いで巻き込んでいけたと思うんだけどもなあ。だからこそ高田の引退試合も盛り上がったんじゃないかとも思うし、安生vsハイアンなんかもあんなに盛り上がったんだと思うのよね。なんつうか場の持っている空気が違うというか。なにか意味を持たせようとしてるんだけど、リングの上になにもないっつうかさ。だいたい世間的に田村潔司というキャラクターがどれだけ浸透しているのかというのも疑問つうか、いつもと同じ嫌な感じの試合運びをする田村を大晦日の世の中はどう見たのかっつうかねえ。つうかこのカードでなんか思うのはプオタくらいであり、世間がどうのというより、なんか嫌なものを見てしまったという感覚をプオタが抱いて年を越すというあれだったんじゃろうか。ハッスルといい桜庭vs田村といいプオタにとっては拷問みたいな大晦日だから俺はヘイポーを見て年を越す羽目になったんだ。

しかしまあ急遽カード変更になってなんの面白味も見出せない上にあっという間に終わったハントの試合はともかく、地味だけど圧倒的に強いっつうか、あの血だるま以来に見たような気がするシュルトの試合を最後の最後にぽつんと放送するあたりはなんかもういっそ呼ぶなよな…と思わせてくれる感じであり、シュルトさんは今何を思うのであろうとか想像すると胸が痛い。

2008-09-23

[]DREAM6を見た

なんとなく久しぶりに真面目に総合格闘技見てたらスタンドの打撃でタップアウトする様が見られたのでよかったです。初めて見たような気がする。ハリトーノフの冷静で的確なパンチがすごい。俺もコマンドサンボ習いたい。つうかなんか番組編成のせいかもしれませんけど、序盤はちょっとヒーローとかその辺の流れでしたが、中盤以降はもうこれ完全にPRIDEですよね。どおりでなんか面白かったわけだ。煽りの入れ方もちょっと見ない間によくなってる感じですし、なんかいつの間にかヘビーの最終目標がヒョードルになってるあたり路線変更した感じもありますな。まあ元々ヘビーは駒少ないすもんね…。

とりあえず船木さんはなんか怖くてまともに見てなかったんですけども、美濃輪とやるってのはちょっと興味あったんで真面目に見ようと思ってたらミノワマンがあっさりポカやらかして負けていた。まあ言っちゃなんだが船木さんは負けたらあとがなさそうだからなあ…。パンクラス貯金を使い切る前になんとか復調して欲しい。つうかやめるならやめて欲しい。正直全盛期をモロに見てた人間からすると辛すぎる。ミノワマンはまた頑張れ。秋山は悪役を逆手に取りすぎてちょっと違う方向を向き始めているような気がするというか、見た感じプロレスと絡まなかったら小川直也はこうなっていたのではないかと思えるような存在感であり、試合も完全に遊んでて憎らしいことこの上ない。しかしさすがに吉田と対峙したら秋山を応援しないといけなくなるのではないか。別にどっちかを応援しないといけないルールはないけど。

ミルコはオーフレイムが強いというのもあったけど、あの頃のオーラが全くなくなってて悲しいものがあった。ミルコの泥仕合とかあんまり見たくないぞ。あとケガール・ムサシは変な名前だけど超強い。弱そうなのに超強い。

2008-03-15

[]DREAM1を見たよ

なんかもうすっかり自分が総合格闘技という競技に対してあんまり感情的になれなくなってしまっているんだなあというのを実感してちょっと辛くなりました。見ていて面白いと思う瞬間もあったり、あれだけ燃えたPRIDEの空気を結構感じることも出来たのになんかもう違うんですよなあ。あの頃見ていたものと違うものが見える。メインのミルコ見てもそうだけど、もうなんつうか雰囲気が違いすぎるんですよな…。UFCもなかったことになってるし…。

とりあえず煽りVが佐藤さんだったかっぽい雰囲気だったのと高阪剛を解説に置いたのは素晴らしいことだと思います。がしかし山本KIDはまずいっすよあれは…。競技者としての能力とそれを言葉にする能力っつうのは別の所にあるんだろうし、そういったちょっと喋りが不得手って感じの解説は結構いますけども熱意が足りなすぎる。基本的に格闘家やらレスラーには問答無用でちょっとした敬意を抱いていますけども、今回の解説は不快だった。

カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |