のぬふ

2019-01-22

[]飯塚さんのことを考える

最近よく考えることがあるんすけど、飯塚さん、あのキャラになってから10年とか経っているわけであり、あのキャラのまま引退するのかと思うと、ものすごくこみあげてくるものがあるんですけど、JJジャックスの頃には野上彰と組んでピンクのタイツ履いてサンボとかやってた頃に深夜の生放送のプロレスバラエティ番組で当時のアイドルかなんか持ち上げた時に今パンツ見えたなー、うん、飯塚怒られるなきっととか思った記憶しかなく、今書いてみてこの記憶健介だったような気もしてきたけど、ともかく正直ブリザードお兄さん、きっといい人なんだろうな…でもレスラーとしてはなあ、なまじっかいい顔してるだけに難しい感じだろうな…と思っていたら、突然村上和成との抗争で格上げされて、ここに居場所があったよ飯塚さん、いつかはブレイクすると思ってたよ!と心躍らせたのに抗争終了後はチョークスリーパーおじさんという晩年の猪木みたいなキャラが定着してしまっただけじゃないか飯塚さん…って天山との例のあれから今のアイアンフィンガーフロムハゲになってしまい、ケイオスから鈴木軍に移ってノアに行って戻ってきて引退の流れでしたっけ。しかし言っては何だが見せ方のせいで小手先のテクニックみたいなのを体現していた感じではあるが、実際にはかなりの技術を持っていたのであろうことが推測される飯塚さんがいつかは人間の心を取り戻してくれるのだろうと思っていたら、あのまま引退してしまうのだよなきっと。しかしこう、最後の最後にきっかけを作った天山に邪悪大神殿に封印された飯塚さんの正義の心を取り戻してもらって、もう一度ブリザードとスリーパーの飯塚さんを蘇らせてほしいよ。

2015-08-17

[]G1の25を見たよ

プロレス真剣に見始めたの、蝶野が優勝したG1の初回あたりからだったなあ、にわかですみませんって申し訳ない気持ちになってたけど、もう25年も経つんだなあ。もう棚橋とか中邑とか普通に好きって言えるようになったんで、プロレス好きとしていい感じにこなれてきたなあ自分って思う。ちょっと前までひねくれ過ぎてて絶対オカダ中邑棚橋後藤あたりは受け入れられなかったし、今もどっちかって言ったら悩み苦しんであの道を選んだであろう内藤がたまらなく好きだし、あれだけ内藤嫌いだったのに、すごく魅力的に見えちゃうのよね。不安を抱かせるところがたまらん。中邑の路線変更の時だって不安になったけど、それ以上だよ。しかし棚橋は本当に棚橋のまま、いい男になったよな。いいレスラーかは知らんけど。いい男ですよ。とりあえず武藤はドラゴンスクリューを俺の技ですよって言い切っちゃうところがずるい。キャラ的に許されるところがずるい。ドラゴンの要素無いだろあれ。辰巳以外に。しかし今の新日本タレント揃ってるなー。一番おもしろいと思ってた長州藤波闘魂三銃士ハセケンベイダービガロ平成維震軍の頃よりタレント豊富かもしれない。いろいろなプロレスある中で、ある意味王道であり、今回のG1が集大成な感じするので、個人的には一区切りついてしまった感じあるなあと思いますが、まあオカダvs天龍とか面白いもの見られそうだし、プロレス好きでいつづけてよかったなとは思っている25年目。

2014-04-09

[]アルティメットウォリアーも亡くなった

世界三大ウォリアーもアニマルだけとなりましたが、WWEをなんとなく見続けているけど、今俺が見て一番面白いプロレスはここにしかないのかもしれないと思ったりしている。なんか今地上波だと新日本くらいしか見られないんだけど、楽しくないんだよな。年に何回か面白いプロレスがあるけど、俺の面白いと思うプロレスが外国にしかないというのは現実であり、テレ玉でDDTの番組始まったのでそっちには期待しているっつうか、そんなことより今やWWEのトップ戦線にいるダニエル・ブライアンですけども、昔はノアにブライアン・ダニエルソンていう名前で来日参戦してて、なんかすごい地味よねって思ってたし、必殺技はキャトルミューティレーションだったというか、WWEて時々完全にジュニアヘビーみたいな体格の人がトップに立ってそれで全然違和感なかったりするから楽しいのよな。新日本でライガーがIWGPヘビー持ってても普通というか、保永とかがチャンピオンでも客入る世界というかね。いや保永は言い過ぎ…でもないな。ダニエル・ブライアンですよ。保永みたいなものですよ。いや保永好きだったけどさあ。まあWWEも一時期バカみたいにはまっていた頃に比べるとちょっと熱は冷めているけども、今個人的に一番面白いのはジョン・シナですよ。ベビーフェイスなのにヒールみたいな扱いっていう。これでターンしたら人気出てしまうような気もするけど、あえてこのままずっとベビーでいってほしい。WWEでストーリーを超越した存在感てなかなか珍しいような気がしますよ。ずっとベビーやってたら本当に歓声受けるときは引退するときのような気がする。それはそれでかっこいいじゃないか。俺は好きだぞジョン・シナ。別の意味で好きだぞ。

2013-09-24

[]新日

最近の新日本プロレスがまたおかしな事になってきているような気がしているのだけど。まあ何年も前から同じような感じではあるのだけど、今一つのれねえといいますか、のりたいのにのせてもらえないというか、どうもなんというか上っ面だけプロレスやってる感じがするというか、生意気言ってすいませんけど、もっとなんかこう、本気でギスギスしてる感じとかほしいですよね。なんつうかちゃんとしたヒールがほしいですよね。なんかこう、ヒールは本当はいい人っていうのが浸透しすぎてつまらん。しかし新日駄目ならどこ見ればいいんだ。

2013-01-04

[]イノキボンバイエを見た

鈴川がミルコに腕ひしぎ逆十字で負けるってどういうことなんすかねって思いながら見ていたら、思っていた以上にしょっぱくてうんうんってうなずいてしまった。まあなんかひどいものを見ようと思ってひどいものを見ているのだからうなずくしかないのである。

小川vs藤田に関してもそういう部分はあるわけで、プロレスラーとして猪木のひどい部分を伝承している二人に何かを期待できるはずもなく、マイナスとマイナスを掛け合わせたらプラスになったりする可能性もあるのかなくらいのものだったので、まあやっぱりうなずくしかない。小川も藤田も上手くすればいいレスラーになってたと思うんだけどねえ。何年前にこのカード実現してたらときめいていたんだろう俺は。

しかし昔は猪木が仕切るとプロモーターとしての力量不足でぐだぐだになってしまうのだろうと思っていたけど、カリスマというか現人神みたいな扱いで周りが意見しないからこういうことになっているのかもしれないですね。猪木の好きにやらせるとこうなっていくと。いつもこうだ。優秀な二番手というか実働部隊がいないと駄目。猪木を上手く転がせる人がいないと駄目だ。

でもこういうのが好きだったんだよ昔は。予定調和やら大団円じゃない変な空気が好きだったんだなあって。でも藤田じゃねえけどつきあいきれないすよねもうそろそろ。だっていくらカタルシスみたいなのを提示されても、それをどこにも昇華してくれないのが解っているから経験上。その分奇跡的にきれいに着地出来たときに感動したりもするんだろうけどさ。ないからなあまず。

だから俺は今アメプロ見てる方が楽だし楽しい。ってなるのも間違っているような気もしないでもないけど、まあひどいものを見てひどいなあって思うのが楽しいって最近どこかに書いたような気がするなあと似たようなのを思い出してみたらエヴァンゲリオンだった。Qを肯定出来る人は猪木も肯定出来るんだろうか。どうなんだろうか。なんか同じくくりのような気がするよ。

2012-08-29

[]数年ぶりに週刊プロレス買いそうになった

なんかもう結果知っててうんうんなるほど今の全日本プロレスはそういうことになっているのかーすげえことだなーなどと軽く思っていたんですけど、実際に船木誠勝が三冠ベルト持ってる週プロの表紙見たら、改めておおちょっとこりゃすげえことなんじゃないのって思えたので、まあなんだかんだで長いことプロレス好きだと面白いものも見られるもんだなあと思った。三冠と船木ってなあ。すげえなあ。三冠だよ三冠。

カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |