のぬふ

 | 

2009-06-30

[]仮面ライダーコックローチ

ディケイド。ディエンドの世界…ってこのあとシンケンジャーの世界ってマジなのか。面白いからいいけど。ともかくディエンドの世界はトリックの世界みたいだった。変な村人がいっぱい出てくる時点でトリックの世界であり今にも阿部寛仲間由紀恵が出てくるのではないかと。

親切を強要されている世界という設定は面白いけど、親切な人間ばっかりになるメリットが今ひとつ解らないのよね。解らなくていいんだろうけど。理想的な世界があれなんでしょうかね。つうかなんかディエンドというかブレイドかなんかにあのライダー出てましたよね多分。ちょっとしか見てないので定かじゃないけど。そういうライダーがまだまだ出てくる展開なのかしら。

戦闘はディエンドがライオトルーパー好きすぎるのが気になるといいますか多分ファイズ本編よりたくさん出てきてるような気がするんですけどまあそれはそれでよしとするも、コンプリートフォームがやっぱりあれであり、あれであるだけならまだしも、なんつうか最終フォーム呼び出す必要あるんかあれ…という展開でも出てこざるを得ないっつうか、ディケイドはピンクの時が一番かっこいいです。あれがかっこいいと思ってる時点でなんかだいぶ違うような気もするけど。

2009-06-29

[]中西さん

ワールドプロレスリング。多分成人のゴリラの中で一番力がないのが中西学だと思うんですけど、42なのにパワフルすぎて面白かった。しかしなんといいますか、勝った試合より負けた試合の方が抜群に面白いのが中西学のいいところであり同時にすごい駄目なところだと思う。まあ中西は好きとか嫌いじゃなくて面白い。あと杉浦はこんな感じでどんどんキャラを立たせて欲しい。というかプロレスラーはキャラ立ってなんぼですよね。

2009-06-28

[]人生初渡船

釣りに行ってきた。人生初の磯渡しの渡船に乗ってきたのだけど、風雨がわりとすごかったせいか結構ハイレベルの動きをしないといけなくて大変であった。というか結構難易度の高い行為であり同時に敷居の高い行為であったのですが、まあ渡船行為がメインイベントではなくてその間の釣りがメインであり、わざわざそのダブル高い行為、いや料金とか考えたらトリプル高い行為をしていく場所だけはあって、面白い釣りが出来たのでよかった。まあ実際にはシマアジ一匹しか釣れなかったけど。あと海の主がかかってしまったのでなにもさせてもらえずにラインをぶっちぎられてしまいました。俺がバラす魚は全部海の主の仕業です。

2009-06-27

[]タモリ倶楽部

大江戸スター名鑑ということで浮世絵に描かれたイケメンを見てああだこうだ言う回。浮世絵コレクターとして市川亀治郎が出ておられましたけども、市川亀治郎は俺たちが思っているより、はるかに上の階層の人間なのかもしれないと感じた。俺たちじゃなくて俺が思っているよりか。なんだろうあの落ち着いた言動。大人すぎる。俺の中の亀治郎とのギャップでそう思ってしまうのかもしれないけど、なんか普通に魅力的な人に見えた。紳士という言葉がしっくり来るというか。しかもなんか頭良さそうなのね非常に。いや多分頭いいですよね。でもまあ風林火山亀治郎しか知らないので俺に罪はない。浮世絵は面白いけど専門家の人いらなかったんじゃないかなあと思いました。あと矢作が焼けすぎ。

空耳は充分に手ぬぐい三枚です。手ぬぐいの中で優劣を付けるのは厳しい空耳であるなあと思った。あと安斎さんの絵が1号あたり10万円というのには驚いた。

2009-06-26

[]ぬ

最近「ぬ」が好きです。ぬが好きすぎてめを書いていても、ぬーっと伸びてぬになりそうになるくらい好き。なんなんだぬ。

2009-06-25

[]雑誌と俺

昔バンドやろうぜみたいな雑誌に「当方B。Vo、G、D募集」とかいうふざけたメン募をしていたら、ベースのいないバンドから誘いの電話がかかってくるというすごい合理的な展開があったことを唐突に思い出したのだけど、雑誌に自分の名前が載ったのって後にも先にもこれだけじゃなかったっけ…とかしみじみしていたらもう一回あった。

子供の頃懸賞に応募して、自分の名前が確か載ってたような記憶がある。発送をもって発表に代えさせていただかないタイプの懸賞だった。当たったのはトランスフォーマーだった。トランスフォームはいいのだけど、なぜかラジカセがロボに変形するという代物だった。トランスフォーマーって乗り物とか最近じゃ恐竜とかそういうのが変身するというのが基本ではないのか。なんでラジカセだったんだろう。ステカセキングか。しかも中のテープがジャガーだかパンサーだかそういうのに変形するというギミックも。よく考えると意味がわからない。しかしまあおもちゃに意味などあまりないのかもしれぬ。

シンケンジャーのロボとかも全然意味がわからないものね。折り紙大変化ですよ。あれ折り紙なんですよ…って、もしかしておりがみって折神かもしかして。ちょっとびっくりしてもしかしてって二回書いてしまったけど。なるほどそういうパターンか。それにしてもシンケンピンクはいいですよね。天ですよ天。天津飯の天ですよ。いやしかしなんの話だったっけ。ああそうだ雑誌。雑誌といえば最近全然雑誌を読まなくなりましたね。コンビニで立ち読みするにしても下卑たエロ見出しに惹かれてパラパラやるくらいで、なんかすごいおっさんぽいねえとかなんとか。

2009-06-24

[]「水滸伝 17」 北方謙三

童貫かっこいい…。今まで散々勿体ぶってただけのことはある。これがラスボス。どうやってこれに勝とうというのか。なんだかんだいって16巻もの間順調に梁山泊は成長してきたわけじゃないですか。まあわりと長い時間をかけて、あんなことこんなことあったよねという感じでまあもうちょっと固まったら、宋という国とまともに戦えるかもしれないよねというところでのこの絶望感。こんなん勝てるわけない。勝てるわきゃない。

まあ帝使ったりなんだりで、裏工作で頑張ったりもしたけれど、童貫があまりにも圧倒的すぎて。だってあの関勝があっさり死ぬんですよ。あの目立たなかった関勝が。つうか呼延灼も関勝もあれだけ鳴り物入りで入ってきたわりには、あんまりクローズアップされないのね。存在としては大きいのだけど、総力戦にならないと将軍クラスはあんまり活躍してこないという。

まあその辺だと張清は何かものすごい大抜擢されて急に活躍し始めたような気もする。入ってきたときは大軍の指揮官という感じでもなかったような。まあこれ読んでると思うけど、童貫vs晁蓋が見たかったなあと。多分大将のランク的には晁蓋が落ちるんだろうけど、あそこで暗殺されずに経験を積んだ晁蓋だったらもっとこう…というのがありますよね。童貫に匹敵するレベルの指揮官がいない梁山泊が辛すぎる。宣賛はあくまでも軍師だし。宋江はあれだし。呉用は嫌われすぎだし。

というかいつから呉用はここまで損な役回りになってしまったんだろか。中立的立場の読者からしてみても充分に嫌なやつでありますよ。昔はただ不器用な人だったような気もするんだけど。あと燕青がパワーアップしすぎ。ここに来て武力100超えた。しかしまあ梁山泊には武力100クラスがごろごろしてるような。武松と李逵と林冲史進と燕青あたりは個人の戦闘能力でいえばとんでもなさ過ぎる。劉唐とか公孫勝とか花栄なんかもかなりの線いってるような気もする。でまあ呼延灼とかその辺の別の意味で武力100くらいある人らが集まった梁山泊でも現状歯が経たない童貫が異常すぎる。

多分童貫はあと二巻でまだまだ存分に強さを発揮すると思うので、いかに童貫がかっこいいかに関してはこのあと書くとして、楊令はどうなんのか。なんかどんどん強くなってるような気がするんだけど、残り時間少なすぎないかしら。まあぶっちゃけた話このあと楊令伝があるのは解ってるんだけど、水滸伝中に楊令の見せ場があってもいいような気がする。しかし間に合うのかこれ。まあ何にせよ面白過ぎるよ水滸伝。あと書き忘れてたけど宋江の役目があだ名付けるって…。

水滸伝 17 朱雀の章 (集英社文庫 き 3-60)

水滸伝 17 朱雀の章 (集英社文庫 き 3-60)

2009-06-23

[]くず餅買ってもらった

なんかこう、プロレス的にグズグズに煮詰まってきたので力道山先生の墓にお参りしてきた。

f:id:roku666:20090623115700j:image

いや本当は会社の用事で行ったのだけど、存在を知ってしまった以上これは是非行かねばなるまい……!と思って行ってきた。あまり記憶の中に明確にはなかったのですけど、亡くなったのが39才と知ってなんだか非常に驚いてしまった。あと三沢の名前が力道山像の土台に入っていたので妙な感傷に浸りそうになったりしつつ、帰りに社長にくず餅買ってもらったのでちょっと元気を取り戻した。くず餅は冷蔵庫に入れるとよくないそうです。ついでに今日学んだ豆知識なんですが、硬いお肉もすり下ろし玉ねぎに漬け込むと柔らかくなるよ。今更知った。これはすごい。

2009-06-22

[]32

書かない書かないいってて毎年書き続けるのか誕生日日記…と去年の日記読み返していたら思いっきりスルーしていたので去年の俺はクールだぜ…って思いました。今年は書く事ないから誕生日を迎えたということで日記お休みしようと画策しつつこうして日記を書いている。ああもうしかし毎年確実に早く過ぎ去っていくねえ。時は加速し続けているよきっと。ねえ。なんだかよく解らないけどねえ。ええ。

2009-06-21

[]さらば仮面ライダー電王を見た

電王なのになんかわりとちゃんとしたストーリーがあってびっくりした。しかしこれ、だんだん自分が知ってる電王とはちょっとずつ離れていっているような…っつうか、内容がなければないでなんか文句言うし、内容があればこんなの電王じゃないってなんかすごいめんどくさい事になっているのだけども、全員変身の所ではちょっとそれずるくないですか…と思いつつも、わりと燃えたのでなんか駄目だ。おっさんとして駄目だ。とりあえず発想として今生きてる人間を全員殺せば生と死がひっくり返って死人が生き返るという結論に至った展開と根拠に興味がありました。狂いすぎだ。そして仮面ライダーとしてはゼロノスの(ソニーの)ベガフォームが見られなかったのが悲しかったです。

[]りっぱなおっさん

31才も最後の日の朝を迎え、いつもの日曜日なら7時半にはなんとか目を覚ますのに、スーパーヒーロータイムがないだけで昼まで寝てしまう自分をどんどん恥じていきたい所であります。ドラゴンボール改だけでは起きられないらしい。

2009-06-20

[]タモリ倶楽部

曳家という、建築物にレール付けて、ちょっとずつちょっとずつ動かして、建ってる場所を移動したり、向きを変えたりする行為を観賞する回。タモリ倶楽部は年に何回かびっくりするくらいつまらない回がありますけども、それはまあ題材もさることながら、ゲストがつまらないとか、タモリがそんなに興味を示さないとか、面白い素人の人が出てこないとか、そういう条件が全てかちっとはまるとすごいつまらない回になるという。企画自体は面白かったのになあ。なんかちょっと面白かったのは親方連中に趣味を聞いているところで、みんな酒って答えてるのが妙に面白かった。酒が趣味かー。

空耳は手ぬぐい三枚。低調というかVTRの作りがよくないそうです。確かに。

2009-06-19

[]口の中を怪我する

歯磨きしてるときに勢い余って歯ぐきを突いてしまったらそこが口内炎になっていて非常に辛い。いや口の中のことだからからいと読む人がいるかもしれませんが、ここはつらいです。そんな事はどうでもよろしいですけども、口内炎て自分で作ることが出来るのか…と、少々驚いている次第なのでありますが、それ以上とくに感想があるわけでもないのでこれ以上話を広がらせることもなく終わります。

2009-06-18

[]自転車日記

20インチのタイヤであるところの小さい自転車であるビーンズハウスに、申し訳程度の純正オプションであるカゴを付けているのだけど、それを過信して原付の時と同じような感覚でスーパーにて買い物して、いざ自転車の所まで行ったら結構大変なことになりました。原付のコンビニフックというのは思っていたよりもずっと偉大なものであった。

あと通販で買ったビーンズさんなんですけど、わりと色んな所が適当整備であり、ちょこちょこ整備しているのですけども、自転車っていじってみると結構面白い。仕組みが理解出来た瞬間がすごい楽しい。まあそれはそれとして今GIANTのCROSSみたいな自転車が欲しい。まだ早いような気もするが。熱が冷めるのが先か買ってしまうのが先か。いやしかし折りたたみもきちんと乗るとちゃんと自転車なので面白いのよな。悩む。両方乗ればいいのだろうけど。

2009-06-17

[]転々を見た

すごい面白かった。とくに感想も出てこないくらいに面白かったです。色々食い足りない感じがするのだけどそこがよかった。ここ三年くらいで一番面白かった。話の筋とは関係ないけど最近小泉今日子がまた綺麗になっておられるなあと感じる。

転々 プレミアム・エディション [DVD]

転々 プレミアム・エディション [DVD]

2009-06-16

[]買い物日記

もうだいたい欲しいものは揃ったし、釣り具に金を注いでいく生活も終わりだなあ…って思うのだけど、釣りに行くたびにあれさえあれば…っていうかあれがあればなんとかなったのかもしれない…って思って、欲しいものがどんどん増えていって購入、もういるものないだろうと思っていても、やはり釣りに行くと欲しいものが出てきてしまうという。よくない循環であるのう。

2009-06-15

[]本当にどうもありがとう

三沢さんが亡くなって色々と考えることはありましたし、気持ちの整理なんてしばらくつきそうにないけど、あのフライングラリアットがもう見られないと思うと本当に寂しいです。今ここに色々二十回くらい書いては消し書いては消し色々書いてみたけど、どうにも陳腐な言葉しか出てこないし、思い出を語るには早すぎるから、ただただありがとうございましたとしか言えない。ただやっぱり悲しいし悔しい。でもこの二十年くらいの間色々貰いました。本当に。俺にはやっぱ見続けることしかできないからプロレスを見続けるよ。

2009-06-14

[]三沢さん

なんかもう、悲しいとか辛いとかご冥福をお祈りとかそういう心境には全くなれないというか、何かの冗談であろうとかしかいまだに思えないのだけど、ただものすごい喪失感だけがあるというか、まあなんだかんだいってノアは三沢さんがいれば大丈夫と思ってたのにその三沢さんがいなくなるとかやっぱり何かの冗談としか思えない。それも試合で亡くなるとか全くわけがわからない。だってあの三沢ですよ。タクシーをドロップキックで止めようとしたらタクシー飛び越してしまったという超人の三沢がですよ。いや全然理解出来ない。なんか橋本が死んだときの気持ちとは全然違う。なんかもう俺プロレス見られないかもしれない。だって今まで四天王プロレスとか見てて死んじゃう死んじゃう思ってたけど、それは死なないからそう思って見ていられたわけで、プロレスラーも死ぬと思ったら見られねえよもう。根性ないかもしれないけど、だって三沢が死ぬんだよ。あの三沢が。なんかプロレスが終わったようなそんな気持ちが俺の中に。

まあ冷静に考えてみれば多分前兆的なものとかあったりしたんだろうし、三沢光晴を知っていればまずバックドロップ一発だけで死んでしまったとは思えないから、どうしてそんな危ない状態で試合したんだろうっていう疑問が出てくるのだけど、どうしてもそのバックドロップでという印象だけが強く残ってしまう。「三沢光晴が試合中にバックドロップで死んだ」っていう文面は間違っていないわけであり、やっぱり冗談としか思えないんだけど、それはそれで事実というか、世間的にはそれだけの話で伝わっていくというか既にそういう感じになっているような。いや実際そうなのかもしれないけど…でもやっぱあの三沢がっていう気持ちが…。いやまだニュース知って1時間かそこらしか経ってないから混乱が収まらない。

三沢光晴が試合中にバックドロップで死んだ」っていうのがどうにも頭の中で具体性を帯びてこないというか、現実として認識できん。よく解らない。なにそれ。なんだそれは。全然わからない。意味がわからない。どうすればいいんだこれから。

[]仮面ライダーズカンド

ディケイド。なんかネガの世界とかいってまだまだ世界の旅は続くんですよというプロローグみたいな話であり、やはり二週完結であり、音也はどこかへ行ったのであり。にしても、序盤に比べれば弱くなったような気はするけどディケイドはそのままでも相当に強いわけであり、今パワーアップする必要はあるのかっつうか、なんかこう相手がネガライダーだったせいかもしれないけど、バトルがなんかごちゃごちゃしててすごい鬱陶しかった。あと話も今まであんだけシンプルに進んでいたのが急に小難しくなったので面倒くさいというか、今日はなんか駄目だ。ライダーの世界に逃避しようとしたけど無理だー。みさわー。

2009-06-13

[]タモリ倶楽部

みうらじゅんコレクションのゴム蛇で一本撮ろうの回。しかしこう、二年に一回くらい思うのだけど、なんでタモリ倶楽部のオープニングって尻が踊ってるんでしょうね。なんなんでしょうね。オーディションやってた回の記憶はあるけど、意味まで覚えてない。意味なんてないかもしれない。とりあえずゴム蛇はあくまでもゴム蛇であり、それ以上でもそれ以下でもないけどシャーって来るかもしれないから気をつけないといけない。つうか序盤のブーブークッションの方が面白かったです。ブーブークッションは面白いですよ。

空耳は手ぬぐい三枚。もう一回聴いてみても手ぬぐい。

2009-06-12

[]俺の物欲が狂い始めている

先日折りたたみ自転車を買ったばかりだというのに、今俺の中で完全にクロスバイク欲しい熱が高まってしまっており、いったい自分が何をどうしたいのかよく解らない感じになってしまっているのですけども、それもこれも今日六年だか七年間乗り続けた原付を廃車にしてしまった空虚な感じを何かで埋めようとしているのかもしれず、原付の穴はミニベロというか折りたたみでは埋まらないから本当はロードバイクが欲しいけど、そこまで本気じゃないからクロスバイクが欲しいと思っているという話であり、クロスバイクを今購入したら自分の喪失感が埋まるのかどうかは買ってみないと解らないけど、もう少し今の自転車が馴染んだら色々考えていきたい。そもそも今の自転車熱がどこまで続くのかも自分の中で解っていないので困ったものだ。

2009-06-11

[]好きな女優

最近麻生久美子さんが好きなことに気がついたのですけど、麻生久美子さんがすでにちょっと前に結婚していることを知って、これが結婚する前に今くらいの温度で好きな女優として俺の中にインプットされておりましたら、まあそれなりにショックを受けたのであろうから、麻生久美子さんが既婚者でよかった。これからもどんどん既婚者の女優を好きになっていきたい。

しかしまあ女優が結婚したからといって、多大にショックを受けたりするほど純情でもないし、これからの人生に希望を抱いているような若人でもないので、別に結婚してようがしてまいが実際にはどうでもいいのだけど、唯一の例外があるとすれば、長いこと好きな女優のベスト3くらいに居座っている小林聡美が俺のあずかり知らぬ所で三谷幸喜と結婚していることであり、それだけはなんとなく心のどこかに引っかかっているわけであり、それは麻生久美子さんだけさん付けで小林聡美三谷幸喜は敬称略なあたりにそれは表れているのであり、それは狙ってそうしたわけではないのですみません。小林聡美にだけ謝罪したい。

2009-06-10

[]クロダイ釣った

釣り行ってきた。なんだかんだで17時間くらいぶっ通しで釣りをしていたような気がする。釣れてないと疲れるものですが釣れればそれなりに集中力が持続するという事を実感する。今日はメジナ二桁にクロダイ一枚を釣り上げました。人生初クロダイ。見えてる魚は釣れないとよく言いますけど、目の前にエサを落としたら食ってきたのでびっくりした。しかしまあこの釣りという遊びは毎度毎度釣れても釣れなくても何らかの反省点つうか、毎回確実に勉強する事があって、それを次回どうするかって考えて実践し、それが上手くはまったときに最大の喜びを得る事が出来るわけであり、まあなんつうか今日は釣り面白かった。

2009-06-09

[]俺バーサス蚊

寝ているときに耳元に突然プオーンて羽音が突然聞こえるときとかあるじゃないですか。すごい嫌じゃないですかそういうの。寝られなくなるじゃないですか。で、布団被ったりしてやり過ごそうと必死こいたりするじゃないですか。最終的には耳元にきた瞬間を狙い打ちしようとして自分の側面に強烈な張り手を喰らわせたりするじゃないですか。しないですか。あれ。まあともかくその耳元にきた時の対処法なんすけど、耳元にきた瞬間に蚊の姿を目視することが非常に重要だということを最近知った。すごい盲点だった。だって音がするということはそこにいるというわけで振り返ればやつがいる。暗かったら電気付けて寝たふりでもしてれば蚊がやってくる。そんで確認した後にゆっくりと落ち着いて仕留めてやればいいのである。まあそれだけの体勢を整えている間にすっかり目が覚めてしまったりもするかもしれませんけれども、そこはそれ、ねえ。

2009-06-08

[]自転車がやってきた

自転車がやってきた。って勝手にやってきたわけではなくて、もちろんもちろん買ったからやってきたんですけども、なんとなく小径車が流行っているようなので、タイヤの小さい20インチの自転車を購入した。パナソニックのビーンズハウスというやつです。中学生の頃乗ってた自転車より小さいという。最初は大きいの買おうと思ったんだけど、なんか野暮ったいのしか見当たらなくて。というか折りたたまないのに折りたたみ自転車買ってしまった。これが後々の悲劇の引き金になったりしなければよいのだけど…と折りたたみ部分を見てネガティブな気持ちになった。

しかしこう、自転車って久々に乗ってみると結構大変。なんだかケツは痛いし、思ってるより進まないし。自分の力で漕ぐというのは喜びにもなるけど簡単に苦痛にもなりえるわけであり、自転車というものは原付やらなんやらより性能というか車体というかなんつうか個体の差というのが大きいのかもしれない。個性っつうか。まあ多分すぐに慣れてしまうんだろうけども。いや慣れてもらわないと困る。

ほんで、自分自身のパワーアップがそのまま自転車生活の快適さにも繋がるのであろうから、この三十路をとうに過ぎたこのポンコツの体を少しでも動くようにしていかねばならないのであろうなあ。逆に技術的な面でいえばギアチェンジというものがありますけど、これは昔に比べて明らかに理解が深まっているので、自分の状態とギア比の調整で快適な環境を作っていくことが出来るわけであり、体力の届かない所はこちらでフォローしていくしかあるまい。

で、六段変速のギアつきなんですけどこれが思ってたより全然足りない。二十四段変速とかの自転車を見てこれいったいどうやって使うんだろうかというか非常に面倒くさいすよ…とかどんだけ細分化しとんすかなどと小馬鹿にしつつ通り過ぎていたんだけど、細かい方がこれきっと楽しい。多分。

まあなんつうか今のところ自転車だけで移動手段を全てまかなうのは無理だろうけども、徐々に人力部分の占める割合を増やしていきたいようないきたくないような。まあ子供の頃に感じてた自転車に乗ればどこへでも行ける感は減ってるけど、行けそうな所にはなるたけ自転車で行くようにしたい。あと右折とか左折するときに左手でウインカーだそうとするのをなんとかしたい。

2009-06-07

[]仮面ライダーディケイド

ディケイド。シンケンジャーのシンケンゴールドのインパクトが強すぎて、ディケイドがようやく本編に入った感じなのにあんまり気を入れて見ることが出来なかったんですけど、まあ音也が出ているのでなんか楽しい。3000万円の価値がある。あと夏みかんは自分の世界に戻ってくると原色のタイツを履くようになるのですね。あれが絶対領域ってやつか。いやでもなんか今回結構ノリが違うなあ。なんかついて行けない部分がありますけども。しかしまあ音也がダークキバになるのは結構嬉しいことなのですけど、キバの中で結構好きだったあの辺のビジュアル系キング周辺の話が否定されてるような気がするので若干の空しさが。でもかっこいいのでいいです音也キバ。

しかし久々にディエンドのサブライダーリミッターが解除されている感じで、初登場時の強さを発揮していたのでよかった。クロックアップ気味だったし。しかしこれで本当にクロックアップとか持ってたら最強ライダーディエンドなんじゃろうな。ほんで来週ですがとうとうコンプリってしまうのかディケイド。あれはないだろう。ライダー図鑑て。しかし普通にファイズブラスターフォームとカブトハイパーフォームが並び立っていたような気がするのだけどなんなんだ。最終フォームを召還する能力とかなんだろうかね。なにはともあれ鳴滝が怖すぎる。

しかし最近思うけどスーパーヒーロータイム見てドラゴンボール改見てという習慣はどうなのか。亀仙人天津飯の声が変わっていることを悲しんでいる場合なのか。ナッパの声も変わっていることに気がつくのはどうなのか。

2009-06-06

[]タモリ倶楽部

原田芳雄カシオペア号に乗った話の回。毎度毎度思うのだけど、原田芳雄がテツというのが妙に違和感あるといいますか、テツはテツでも気持ちの悪くない希有なテツであり、他に気持ちの悪くないテツはタモリくらいしか知らないので、まあ好感を持って見ることが出来るわけですけども、でもまあ興味ないものは興味ないのでしょうがない。でもカシオペア号にはちょっとは乗ってみたい。

空耳は手ぬぐい二枚に耳かき一つ。安斎さんとの喋りが減ってるのは気のせいではないような。

2009-06-05

[]除湿記

夏が必要以上に熱いのは湿度が高いからではあるまいかと思い、除湿器を購入したのですけども、これがものすごい勢いで水を集めるのですよね。これちょっと仕込みで中に水発生装置みたいなのがあるんじゃないか…って別にそれほど間違ってないですけど、誰か俺の見てない間に水を入れてるんじゃないかと思うくらいに水を溜めているんですよ。

まあ普通にすばらしい除湿器を手に入れたという話になるんですけども、この水をただ捨てるのも芸がないなあと思ったので、併用している冷風扇の中に水をぶち込めば無駄にならずにすむのではないか、加湿と除湿でずっとこう、嫌な感じで循環していくのではないだろうかと思ったのだけど、考えるまでもなく不毛すぎるのでやらない。

2009-06-04

[]シップ

シップを背中とか首とか見えないところに自分一人で上手く貼れる人っているのか。いてもいなくても構いませんけれども、俺は上手く貼れないのでこんなとき嫁がいて助かるよなあといつも思っているのです。

2009-06-03

[]どうなのその精神性

なんかすごいでかいアリを見るとテンションがこう、ぐっと上がるんですけどどうなんだ。だってアリですよアリ。でかいからなんなんだ。多分街中で武藤敬司に突然遭遇するのと同じくらいテンションが上がる。いや言いすぎだな。えーと、天山。猛牛天山に会うのと同じくらいのテンションです。

2009-06-02

[]笑うまでやる

この間西部警察の第一回目の再放送をやっていたのをなんとなく見ていたら、渡哲也が「西部警察大門だ」って名乗っていたのでなんかおかしくて一人で笑っており、一緒に見ていた人がその面白さを理解してくれなかったぽかったので、その人に向かって「西部警察大門だ」「西部警察大門だ」「西部警察大門だ」って何度か言ってたら笑ってくれたのでよかった。だって西部警察大門ですよ。団長ですよ。そんな役職あるのか。

2009-06-01

[]ランボー最後の戦場を見た

いやなんというかあんまり心構えなく見たら結構グロかった。だいたい思い返してみれば記憶の中のランボーも結構エグい話だったような気もするので、特別エグい話でもないような。いやでもエグい。エグたらしい。

そもそも話の本筋としては、戦争というか虐殺をやめさせるために戦地に向かった非力な人間が更にとんでもない殺戮劇を巻き起こす引き金になるというか、基本的に人殺しという特技をもっているジョン・ランボーが無駄に人殺しをしないために隠遁しているのにそれを引っぱり出すから、もうなんつうか、比喩とかでなく寝た子を起こしたという話であり。

だいたいあの傭兵にだって刺激されてしまってるというか、ランボーはちょっとしたことで血がたぎってしまうのであり、今までほぼ報われることのなかったランボーの暴力が認められるという展開は怒りのアフガンあたりもそうだったけど、もっとそこら辺の事情が単純化されたというか、自分の武力を自分が正しいと思う事に使用することにためらいを持たなくなったというか、まあ結論としてはものすごい乱暴ですよねランボー

ランボー 最後の戦場 [Blu-ray]

ランボー 最後の戦場 [Blu-ray]

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |