のぬふ

 | 

2008-07-31

[]足のにおいには重曹

重曹とはなんなのかよく解っていなかったけれども重用している人は結構いるということは知っておったのですが、結局なんなのだ重曹重曹の曹なんて軍曹か曹操ぐらいでしか見たときないっすよとかそんなことを思いつつ、これは片栗粉と間違えやすそうな存在感であらせられるわけで、結局一体全体なんなのさと時々重曹について考えていたのだけど、なんか最近ちょいちょい足のにおいがすっかい時がありまして、こういう匂いには酢水がいいとか聞いたことがあったので黒酢湯に足を浸けてみたところ、匂いは軽減されたのかもしれないけれども結局の所お酢ですから結果的にすっかい匂いがするわけでこれじゃあんまり意味ないつって、嫁の所有する重曹が効くらしいということで足にふりかけてもしもししてたら完全に無臭になったので重曹すげえと思ったわけでありますが、俺の重曹初体験がこういう足の消臭っつうものだったので、重曹といえば足のにおいとかそういう感じになりそうで、これはまだ重曹道の入り口っつうか、俺はまだまだ重曹のマルチプレイヤーっぷりを知らないので少しずつ知っていきたい。あと俺のいい感じにすっかい仕事靴に重曹を仕込みたい。スイッチ押したらぶはーて重曹が出てくる仕組みを考える。

2008-07-30

[]いなご

蝗という漢字を見ていたら虫に皇という字だったのでなんと子供に人気のムシキングとはイナゴの事だったのかとか思ったものの、虫の皇だったらむしろ虫皇帝とかそういう方向性であり、ならばムシエンペラーではあるまいかと思ったんですけどだからなんだっつー。

[]シャドウWXのWXってなに?

大日大戦。シャドウWXvs葛西純デスマッチヘビー級選手権試合。これがもう、ねえ。今まで見た大日本のデスマッチヘビーの中で一番しんどかった。だってデスソースですよ。いや辛いのは解るし傷にそんな辛いものかけられたら痛くて一発でスリーカウントとられてしまうのかもしれないでしょうけど、見てる側に想像力を要求しすぎている。ハバネロよりはるかに辛いジョロキアとかいわれても…ねえ。これが塩とかレモンとかポン酢とかだったらもっと解りやすいと思うのですよ。いやポン酢は知らんけど。葛西がものすごいリアクションしてたからある程度説得力はあったかもしれないですけど、シャドウは普通に普通のプロレスして勝っただけのような。ねえ。だいたいケージの上からただ突き落とすなんつうのはデスマッチの人としてどうなのか。ほんであのコメントね。普通すぎるのよね。いやなんつうかその、せっかくすごいことやってるんだからもうちょっとこう、伝わりやすい形を取っていくことも大事なんじゃないかと思うのですよな。

2008-07-29

[]ユニクロ日記

以前からユニクロに対してあんまりいいイメージがなかったんですが、何かのはずみで店内に入ってなんとなく服を見ていたらば結構いい感じのTシャツなどが売っており、それからちょくちょく買ったりしておったんですが、人がたくさん集まるところに普通にユニクロTシャツいわゆるUTを着ていったところ、全く同じシャツを着ている人がいたのですごい悲しくなったというか、一気にテンションが下がった次第であり、そういえばこのようなことはユニクロの服についてネットだりなんだりで語っている人が必ず書いていることであり、これを日記に書くのも今更ねえという感じもするのだけども、とりあえずユニクロとかそういう店で服を買うということは、その辺に全く同じ格好をしている人がいるかもしれぬという覚悟を完了しないとなかなか着られないものであるよなというようなことを思った。

2008-07-28

[]交通違反日記

なんだか初めて行ったところでわりと分かり難い感じに右折禁止の場所をパトカーのちょっと前で曲がってしまって、人生初のサイレンを鳴らされて警官に止められて、あそこ分かり難いでしょーけど右折できないんですよーてな感じで話をされまして、色々事情つうか状況的なものを聞かれて、ちょっともうこの世の終わりみたいな顔を過剰にしていたら、いやキップ切るとかそういうのではないですからつって、さすがに目の前でやられたら止めないわけにはいけなかったんでなんかすいませんみたいな感じでちょっと注意されて終わったので人生初違反にならずに助かった。その時俺がどれくらい悲愴な顔をしていたのか我ながら気になるところではある。

2008-07-27

[]武藤さん

ワープロ。中西と武藤の違いについて考えてみたのだけど、毛があるとかないとか細かな違いはたくさんあるけども、結局の所オーラみたいなものの大きさが全然違うんじゃろうなあと思うんですよな。どう見ても今の中西が武藤に勝てそうな要因が見つからないIWGP戦だったなあっつう。勝ってもいいとは思うんだけど、どうしても勝てそうにない。確かによかった頃の中西の記憶はありますけど、悪くなってからの中西と今の中西がそんなに変わってないような気がするのよな。力だけでカバーできないプロレス感の弱さっつうか、そこでそれかーというのが多すぎる。そうすっとあんま強さを感じるまでに至らないのよな。そのうち獲れるのかなベルト。獲れるといいな。いいね。にしても武藤の首へのドラゴンスクリューは結構恐ろしい技よね。中西二回くらい脳天から落ちてたような気がする。でもまあ中西が負けると他で武藤に勝っていい人が見当たらない気がするのよな新日本。棚橋がスーパーヒールに成長して開き直ってくれればなんとなく対抗できるような気がする。キャラ的に。キャラだけなら永田さんがいるけど、永田さんが勝っても負けてもなんか違和感が残りそうな。ねえ。

[]仮面ライダー愛人

キバ。糸矢さんが死んでしまった…。しかしまあ最後イクサに変態もとい変身するという見せ場も作って、クイーンを目覚めさせるという重要っぽい仕事をこなした感じなんでよかったといえばよかったのか。それにしたって変態すぎるっつうか変態故に負けたというか頭が悪すぎる。つうかエンペラーフォームで倒してもあんまり即死しないのだなあ。クイーンがとどめを刺さなければ生き残っていたかもしれないもんな糸矢さん。出来れば糸矢さんには最終回まで生き残って欲しかったけども、キバにはまだまだ新たな変態が出てきてくれるような気がするというか変態には不自由しない特撮なのでまあいいです。とりあえず第一部完という雰囲気もありつつなんつうかビショップがわりと気持ち悪いのですが。あと名護さんはあんなにしたたかになれる男だと思わなかった。まあそこまでする価値があると思ったんだろうけど新イクサに対して。

過去の方はもう少し引っ張ってどうにかこうにかなるのかしらと思っていたら、あっさりゆりと音也が愛を深めて終わったという。過去のクイーンには愛する人と書いて愛人というフレーズを送りたいと思います。

2008-07-26

[]タモリ倶楽部

キッチンドランカーだかキッチンドリンカー的につまみを作るキッチンで酒を飲んでしまおうという回であった。城﨑仁さんやら高橋克実さんやらもつまみ作ってましたけど、この状況でタモリさんにキッチンに立たせた時点でタモリさんのもてなし地獄に引きずり込まれてしまうわけであり、つまりタモリさんのもてなしの回であった。というかなんか今回番組の作りに違和感がありましたけど、料理番組っぽさを出そうとした結果ああなったのでしょうかしら。女子アナのくだりとかすごいあれだった。しかしバルサミコ酢とか白ごま油とか俺辺りが普段使う基本調味料からちょっと外れたようなものを自在に使いこなされるとやっぱちょっとすごいっすねえと思うわけですけども、今回タモリさんは酔いすぎ。いつもはそれ以上に酔う人がいるからあんまし目立たないけども、今回わりと二人が酔ってなかったのでタモリさんの酔いが目立ったなあ。

空耳は手ぬぐい二枚。安斎さんの口から反省会という言葉が出る程度の空耳でした。

2008-07-25

[]「正直じゃいけん町田康

町田康のエッセイ集。たまに町田康さんのわちゃわちゃした感じの文章を読むと落ち着く。わちゃわちゃつっても悪い意味じゃなくて、あの、例の、町田文体といいますかそういう感じの。しかし後半書評といいますか真面目な文章を書いているのを読むと、この人の文章は真面目な方向に行けば行くほど面白くなるのかもしれないなあなどと思うのですけどもどうなんでしょうね。

って不真面目な文章がつまらないっつう話ではなくて、むしろ逆にふざければふざけるほど面白いと思っていたのだけど、小説にしろエッセイにしろ真面目に書いた文章はきっちりこっちの胸になんかを残してくれる。というかこの人の立ち方は基本的に斜めであって、頭の中は至極常識的であるにも関わらず、それをそのまま出してくるのではなくて回りくどく出してくるわけですけども、ふざけることをあんまり許されない時にはそれなりに真面目に書いてこられるので、びっくりしてしまうというか、こちらの考える町田康とのギャップが結構あったりしてなんか真面目に聞いてしまうっつうか。

そうそう小説でも告白みたいにシリアスな話だと異様に胸に迫ってくるものがありましたしなあ。真面目な町田康はすごい。で、タイトルの正直じゃいけんというのが正直じゃ駄目だというような風にも読めると思っていたらあとがきでその件について触れられていたので、初っぱなの疑問が終わりで氷解してよかった。しかしなんだ、生きてるうちにこの人みたいな書評が書けるようになりたいものだわ。全く。

正直じゃいけん (ハルキ文庫)

正直じゃいけん (ハルキ文庫)

2008-07-24

[]丑の日記

全国的にうなぎを食べる日っつうことでお馴染みの土用の丑の日で思い出したのだけど、この間となりで寝てる人が夢うつつだったのか完全な寝言だったのかよく解らない感じで「うなぎうなぎが食べたい…」といってうなされていたのがつい最近のことであり、俺にとっては嫁に大慌てでうなぎを食べさせた記憶が新しすぎるので今日はうなぎ食べない日。

2008-07-23

[]太陽に!ほえろ

もしも七曲署が今も存在してたら多分エコロジーとかいうあだ名の刑事が現れたりしていたのではないかなどということを思ったんですけどその思考の着地点が見当たらないのでとりあえず書いておく。クールビズとかとコンビを組む。

[]テイオーさん

大日大戦。テイオー見るとテリーという名が勝手に頭に浮かんでいたんですけど、そういやこの人テリーボーイだったなあということをサスケ見て思いだした。しかし久々にサスケの試合見たけど、こんなに雑な試合する人だったっけかなあと悲しい気持ちになった。つうかあの男色路線はなんだったんだ。男色ディーノとでも絡んだのだろうか。なんかもうすごい違和感あったというか客引いてたような気がする。あと怨霊を見る度にすごくプロレスの出来る人なんだなあという印象を受けるので、俺がものすごい勢いで必要以上に怨霊のことをイロモノレスラーだと思っているという事実を思い知らされる。実際イロモノですがちゃんとしたレスラーでありながらイロモノという認識をしないとならないような気がします。あとマンモス佐々木シャドウWXが並ぶとあんまり区別がつかないことに気が付きました。

2008-07-22

[]私のいびき問題に関する日記

夜寝てるときにはまず起こらない事象なんですけども、こう、なんだか昼間にちょこっと寝ると自分のいびきというか寝息の音で目を覚ましてしまう事がよくあるんですけども、それってば他人がいる所で寝てるからなのか、若干不自然な体勢で眠っているからなのか、はたまた単純に眠りが浅いだけなのか、その辺の原因というか理由つうのはよく解らないんですけども、とにかく自分の家以外で昼寝するとまずきちんと眠れない。しかしきちんと眠れなくてもなんとなく寝ている実感というのはあるので実際にはそれなりに寝ているのだと思うので自らのいびきによる睡眠障害みたいなのは起こっていないと思うというか、自らの今は昼間なんだからなにものも熟睡してはならぬという自制心が俺のいびきを引き起こしているのかもしれないとたった今結論めいたものが見出せたのでよかった。

しかしなんつうかその、自分が寝ている状況ってわりと気になりますよね。自分では決して見られないからこそ気になるんだろうけど。しかし第三者の協力があれば自らの寝姿を見ることは可能なのだろうけど、別にそこまでして見たくはない。多分きっと結構ブサイクだものな。だって年齢を経るにしたがって寝起きの自分が結構大変な感じになってきとるもんね。

2008-07-21

[]武○家

突然武闘家と武道家は別ものであるということに気がついたのだけど、よくよく考えてみたら武闘家なんてドラクエくらいでしか使ったことねえよねえ…っていうか武道家もあんまり使うことないよね…普段…と思って、とりあえず美しい魔闘家鈴木のことでも思い出しておいた。あと魔闘家と無灯火もわりと似てる。

[]飯伏さん

NOAH。森嶋と力皇GHCヘビータイトルマッチ。なんかもう力皇は張り手しかやってなかったような気がした。だから森嶋の顔が腫れ上がってあんな…っていつもあれくらいの顔だったような気がする。つうかパワー勝負だったけど森嶋にあまりダメージがなかったような気がするのでやっぱりすごい。バックドロップもフィニッシュとして説得力ありすぎのレベルになってるし。試合自体は面白みに少しかける感じは否めないのですけども、そこは力皇との相性のような気もする。次の健介が同じパワー勝負したらもっと面白いことになると思うのだけども。つうかもう次決めちゃうのなあ。

GHCジュニアタッグの方は反則的な介入があっての王座移動というNOAHじゃあんまりみられない展開でどうなるのかしらとか思ってたら、中嶋と飯伏のタッグチームが結成されたらしいので、面白げな展開になることを期待しています。つうか鼓太郎はヒールになっちゃっていいのかしら。

2008-07-20

[]めがね日記

何ヶ月かぶりに眼鏡を買った。なんとなく色んな事を思って、今手持ちにないタイプの眼鏡を作ろうと色々探したところ、一昔前のちょっとさえなかった頃のジョニー・デップがわりと色んな映画でかけていたような眼鏡を見つけて、これをちょろちょろっとあつらえてくれたまえつって完成してかけてみたら、ジョニー・デップというかちょっとしたアラレちゃん眼鏡っぽいような感じがする…ということになってしまったので、これはもうなんとか眼鏡業界総出でこういうでかいフレームの眼鏡を流行らせていただきたいと思うのでよろしくお願いします。

[]仮面ライダー記憶喪失

キバ。なんかよく記憶喪失のネタ見てるような気がするよ…。麻生ゆりのデレ具合はともかくとして、これで音也は両方の父である可能性が普通に出てきた感じでもありますな。次狼はいきなり退場しちゃうしな。また出てくるんだろうけど。それにしても音也イクサは弱くなったな…。ルークが強すぎるのかもしんないですけどあまりにも一方的すぎる。そのイクサに手も足も出ないで負けたことのあるガルルってばなあ…そりゃ一族滅ぶわ多分。まあでも今後の展開は期待できそうな感じですよね過去の方は。

現在の方はあれだ、タツロットがどっかで聞いたことがある声だと思ったらあれな、ゲキレンジャーのハエなのな。バエだっけ。それにしても普通に生活に馴染みすぎ。そして名護さんはイクサとして認められないらしいので次のイクサは糸矢さんがなると思います。糸矢さんは自分の弱さを知る男です。だから初回からしっかり生き残っているわけですよ。多分。気持ち悪いけど。いやまあ普通に考えたら襟立なんだろうけど。もうイクサと共闘する必要がないくらい強まっているからなあエンペラーフォーム。少なくともあと三回くらいは強いところ見せちゃうだろうし。で、エンペラーフォームでドガバキになったりするのであろう。つうかもうキバ終わったあとのイマジンのあれと、なんとなく見てるゴーオンジャーにおける結論がバカの方が強いっていう感じだったのでなんかわりとどうでもよくなった色々。つうか音也は好意を表現しているのかもしれないっすけどオムライス独り占めは行為としてありえなさすぎると思ったよ。

2008-07-19

[]米日記

米といってもテリーマンのことではなくて食べる方の米なんですけども、最近になって米びつの便利さに気がついたので、俺はまだまだ世の中にあるわりと当たり前な便利なものを知らないまま人生を損しているのではないかと不安になった。以前に米はジャーで保温するのではなく、冷凍するといいということを知ったときも同じような不安に襲われたので、まだまだ米関係で知られざる便利というのは存在しているのかもしれないわけであり、俺と米の間には秘密がたくさんあるのかもしれないと言えよう。

[]タモリ倶楽部

実に半年ぶりにタモリ倶楽部がお休みの次の日の土曜日に書く事が思い当たらないくらいに毎週土曜日はタモリ倶楽部の日になっているわけですけども、俺の頭の中での想像タモリ倶楽部における脳内空耳アワーでは手ぬぐいが三つだった。

2008-07-18

[]ゲーム日記

最近人がゲームをやっているのを見ているだけでわりと楽しいのだけど、自分でやるととても面倒くさいのでどうもやる気にならないのであります。これがたとえば自分でやりたくて金を出して買ったゲームであろうが多分やるより見てる方が楽だし面白いので、もうなんかこのまま行ったらゲーム買ってもデモ画面だけ見て満足してしまうようになったりするかもしれぬ。ぬぬぬ。ゲームの優先順位は下がる一方なんすよなあ。

2008-07-17

[]全てはゼーレのシナリオ通り

ニュースとかにコメント付けている人なんかで、なんというかものすごく正解というか普通というか当たり前のコメントというかリアクションをしている人を見ると、それはリアクションを取っているのではなくてニュース読んでそういうリアクションを取るように仕向けられており、その反応自体がニュースの書き手の思うがままに操られているのではないだろうかとか思うわけですけども、このように俺なんぞがそんな風に思いながら、なんかちょっと違う感想つうか違う視点で見なくてはならないと思わされてることも、リアクション取らされているつうことなのだろうか。最初の書き手がそこまで織り込み済みでニュースを書いているとしたらなんだかちょっと恐ろしいねえと思うけど、最初の時点でそこら辺まではわりと想定できそうな気もする。その先は俺にはあんまり想像できないけども。

2008-07-16

[]「東京奇譚集村上春樹

久々に村上春樹の短編集読みましたけど、どうしてこう、サラッと読めるというか、あっさりしてるんでしょうね。いつもそんな感じだったような気もするけど。なんか読む前にはある程度の覚悟みたいな、なんとなく読み始めるという感じではない意識で読み始めたのだけど、普通にするする読んで、あーやっぱ村上春樹村上春樹だねえとかそんな感想を抱いたっつう。

一応お話としては実話に基づいて脚色をくわえたフィクションて感じなんでしょうけども、って回転木馬のデッドヒートもそんな感じの話だったような…あんまり覚えてないけど、結構好きな話が多かったような気がするので今度再読しよう。って、感想を書くんだった。そうそう、実話を一応元にしてるんだろうけど、それにしちゃちょっと話が浮世離れしてる感じで、だからこそ奇譚なんでしょうけども、そのちょっと現実感のなさがすごく良かった。

村上春樹の小説を読み始めた頃ってのはこの人の小説にわりと現実味があるような気がしていたのだけど、よく考えてみると結構現実からは遠いお話が多く、また現実に村上春樹の小説に出てくるような人たちがいてもちょっと接し方を考えてしまいそうな感じもあるし、現実的というよりもむしろちょっと幻想的っぽいからこそ面白いのかななどとなぜか今更考えてしまった。実話云々を最初にこの人が書いてるからそんなことを思ったのかもしれない。

しかしまあそういうのは抜きにしても、普通に読めてそれでいてなんかこうずっしりと感じたものがあったような気がする読後であり、その感じたものがなんなんだかいつもちょっとよく解らないのだけど、そういう感じも含めてなんか面白かったなと思わされているわけであり、なんだか少し悔しいような気がする。こう、いつか村上春樹の小説を読んで、こんなもんは読むに値しないような文章だとか言えるような人間にならないものか。なんか簡単に価値観が揺さぶられてしまっているようで悔しい。でも面白い。

東京奇譚集 (新潮文庫)

東京奇譚集 (新潮文庫)

[]関本さん

大日大戦。今関本って無冠なんですね。久々にマッシモとの一騎打ちを見たけど、あのジャーマンで勝てないってどれだけハードルが高いのか大日本プロレス。というか真霜に対して放つジャーマンってこれ以上ないくらいにきれいに決まるんだよなあ。久々に見惚れた。そして傷心の関本の元に現れるマンモス佐々木という絵は面白かったです。もう少し声を張れマンモスよ。

2008-07-15

[]続・北方日記

我慢できずに北方水滸伝あっさり購入してしまった!!読本みたいなのは読み終わって欲しかったら買うとして、本屋で19巻一気に揃えて見たところそんなに量はないなと錯覚してしまったのだけど、家に帰ってみたらやっぱりそうでもなかったので、まず本棚の整理をして、今現在読んでる本を終わらせて、今よりもうちょっといい入院保険に入って、あとは水滸伝全巻持って入院するために病気か怪我をするのを待つばかり。

[]北方日記

北方三国志を読み終えてしばらく経つわけですけども、北方三国志を経たものはだいたい北方水滸伝を読んでいるような気がするネット上の日記書きの人たちの文章を見るにつけ、三国志は元々知っているものだけども、同じく四大奇書とはいえ水滸伝を読む機会はなかったので俺はいいや…19巻もあるし…と思っていたのだけど、北方水滸伝読みの人の日記を読んでいると水滸伝という物語に触れる事自体が北方水滸伝がお初という俺と同じ立ち位置から読み始めて非常になんか面白そうな読書体験をされているわけであり、そういう感じならやっぱ読まないと駄目なのかしらんという感じになっている。あ、でもそういや幻想水滸伝の2はやった。なぜか2しかやっていないけど。

しかし三国志の13巻も結構長かったわけですよ。すごく楽しかったですけど。それが19巻。でおまけに5巻あってそのあともあるんでしたっけ。ねえ。そらまあ楽しいでしょうよ絶対。だからまあいつかは読むでしょうけども、それは今なのか…っつうね。そういう気持ちがでかすぎる。だいたい今家の本棚はいっぱいです。そして6分の1くらいは未読の本なわけです。多分北方モードに入ったら他の本読めなくなりそうだし。そんで本棚がいっぱいということは本棚を買うオア手持ちの本を押し入れにインする所から始めないと駄目だと思うのですよ。つうか性格的にセットものは全部揃えてから読みたいという不便なところがあるのでそうなるのでしょう多分。

だからまあ今じゃないという気はしている。長期入院するときとかにまとめて読みたい感じもするのだが。しかしそれくらいの障害を乗り越えるくらい読みたい衝動が時々襲ってくるんですよな。多分新刊で全部買っても光栄の水滸伝と同じくらいの値段で買えるだろうし。あ、そういえば小さい頃に光栄の水滸伝やってるわ。なんだかよく解らなくてすぐに信長の野望に戻ったけど。つうか今誰かに背中を押されたらネットで全巻注文してしまいそうなので非常に危険であり、なんとかならないものかこの衝動…とか思って北方三国志の一巻をなんとなく読み始めたら面白くて普通に読みふけってしまった。三国志で満足できるといいのだけど。

2008-07-14

[]暑いって言ったら100円な!日記

いやしかし暑いですね最近。しかし六月の末から七月の中旬くらいまでの気温が高くて梅雨も明けきらないような時期の暑さというのはやっぱり尋常ではない。基本的に体が暑さに順応しきれていないというのもあるだろうし、湿度が高いから余計に暑さを感じてしまうのであろうから、夏はまだこれからでありこれからどんどんどんどん暑くなって十二月頃には日本は大変な灼熱になってしまうのではないか…とかそういうことは思う必要はなくて、これはだいたい毎年こんな感じなのだからこの梅雨さえ乗り切ればちょっとは楽になるという認識さえ持てばこのとんでもなく暑い現状も少しは楽に思えてくるのではないだろうかという感じなんですけどどうなんすかね。暑いものは暑いか。なあ。エアコン買うかなあ。

[]丸藤さん

NOAH。何回見ても丸藤のパーマに慣れません。なんとかなりませんかね。寝てる間に誰かこっそりストパーをかけてくれ。というかイギリスだかの興行でしたけども、日本なら明らかにわく場面でもおおーくらいだったので、海外…!という感じで面白かったです。結構ノアは海外進出に積極的ですよな。しかしなんだ、その、色々思うところはありましたけど、三沢は本当に老けたなあ。三沢といえば試合の権利がないときに唐突に入ってきて急にタイガードライバーやって落としたあとに前に転がすときの顔が好きです。

2008-07-13

[]小島さん

ワープロ天山の髪型が元に戻っている…!ということが一番の驚きでしたけども、小島の登場は全部知っていても実際に見ると泣きそうになった。まさか今の新日本で泣く方向に感情を揺さぶられるとは。これはもう永田さんの長年の不遇からブレイクへの流れと似たようなもので、天山がずっとだらしなくて情けなくて格好悪かったからこそ抱く感情であり、かつての蝶天だとかテンコジだとかのそれなりに天山が輝いていた時代を見てきてるというか、この辺の人たちってだいたいデビューした頃から知ってるのでやっぱなんか妙な感情を引き起こされるのよな。俺が真剣に見始めた頃には三銃士とかはもうだいぶいい感じのレスラーになってたし。なんか普段はあんまりそこまでの感情はないんだけど、こういうの見せられるとなんかちょっと感慨深くなってしまう。中西にもある程度そういう感情はあったけどそこまでは乗れてない。中西は色々な意味で恵まれていたからというような気もする。つうか中西獲るかなあベルト。そういうテンションじゃないような気もするけど。どうなんでしょ。

[]仮面ライダーマント

キバ。ああ…あれこそはキバさま必勝のフォーム…エンペラーフォームのお姿…ということでやっぱりなんか唐突に登場したタツロットでしたけども、変身した姿がマントマンだったので格好良かった。マントライダーといえばゼロノスの(ソニーの)ベガフォームくらいしか思い出せないのだけど、やっぱりマントはいいものですね。素敵だ。そしてなんか今まで大体倒した相手を即死させていたような気がするのだけど、温情なのか嫌がらせなのかしばらくは生かしておくという微妙な性格の悪さがよかった。つうか敵のひたすら引きずり倒してストンピング連発コンボが凶悪であり、イクサもなんだかあっという間にやられてしまったわけですけども、名護さん的には大丈夫か。また頭おかしくなったりしないのか。心配です。しかしエンペラーライダーキックももうすこしスピード感が欲しいですよね。夜にもならないし。むう。

しっかし渡が弁当屋でバイトを始めたばかりの深央に図々しく車を貸してくれと言ってしまう辺り容赦ねえなあと思った。そりゃなんかクイーン的なものも目覚めそうになるっつう話ですよ。しかし単純にキバがクイーンを受け継ぐものと思っていたけど、そこら辺まだもうちょっと複雑そうなので来週の変態ファンガイア再登場と共に期待しておきたい。んでとりあえず全体に昼ドラみたいな雰囲気が漂っていた先週と今週でしたけども、次狼と音也とゆりの三角関係的なのもすごい昼ドラっぽいなあという感じであり、これを子供に見せるっつうのは…ありなのか…と思ったわけですけども、大きい子供としては面白かったのでよかったです。しかしそれにしても過去のイクサはどこに行ったのだ。てっきりあのタイミングでゆりが音也に渡すものかと思ったんだけど。あと力はもうちょっとキャラを固定して欲しいような気がする。

2008-07-12

[]タモリ倶楽部

文房具の回。なんかいろいろ変な文房具を集めてやいのやいの言ってたんですけども、久しぶりにふかわりょうタモリ倶楽部に出ているのをみて心が安らいだのでよかったです。なんだか久しぶりに見たふかわりょうは思ったよりもタモリ倶楽部で自由に振る舞っていた。というかなんかすごい面白い人に見えたのでタモリ倶楽部に合ってる人なのかもしれないつうか、今回きちんとまわしの人がいたのでわりと自由だったのかもしれぬ。あれでもいつも司会みたいなのやってなかったか別に。というかタモリさんはふかわのことが基本的には好きなのでしょうね。というかふかわりょうのことばかり書いていてもあれなのですけども、伸びるボールペンの時のタモリさんの行動が珍奇な感じで面白かった。つうか全員わりと自由に振る舞っていたような気がする。あとロケットボールペンの不毛な感じとグロいえんぴつ削りの意味のわからなさが妙な感じでした。

空耳はあのカメラマンの人が大胆にポーズを決めて耳かき一つに手ぬぐい二枚。安斎さんがなんか老けてた。

2008-07-11

[]ラーメンとおにぎり日記

常日頃から早飯に命をかけている不健康な俺ですけども、コンビニでめしを買って食うときにカップラーメンを買うと、その熱さのために早食いに悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるので、そんな時に安い塩むすび系統のおにぎりを一つラーメンの汁にぶち込むとほどよく冷める上になんかものすごい食べた感があったりするんですが、何故か食後に若干の後ろめたさがあったりするわけなんですけども、それがいったいどこから来るものなのかはよく解りません。

[]他人の日記マニア以外に自分のブログを読ませる方法

というタイトルだけ思いついたので書いておく。

2008-07-10

[]もう短かくしか書けない

ほとんど使ってないけどTwitterとかWassrとかそういう短い文章を書いてアップロードするサービスとかを使っていたり、たまに更新するMixiとかも箇条書きの短文だったりとか、日常的になんだか更新し続けてる一人グループ日記とかも基本的に一言のみの更新だったりとか、全体的に短い文章ばっかり書いてる内に、ここに書くこともなんだかどんどん短くなってきているような気がするのだけど、以前にテキストサイトみたいなのをやっていたときにはなんでか知らないけど必ずある程度以上の文章量をタイピングしないと書いた気にならなくてなんだか三度の飯の次の次の次くらいにネットに文章を書く行為を愛しているというちょっとあれな人になっていたような記憶があるのだけど、最近ではこういった中身のない文章ですらこれくらい書いたらもうちょっとお腹いっぱいですーという感じになってしまうわけであり、通常この四倍くらい書かないとアップロードしてはならぬとか思っていた時代に比べると、自らの筆記欲求というのがわりと簡単に満たされるようになったということでありこれは喜ぶべきなのかもしれないつうか、なんかたまにちょっと長めに書こうとするとどこで段落分けていいのかすらわかんなくなってしまう感じなのでもうやめ。やめじゃーい。

2008-07-09

[]大日大戦

最近何年ぶりかにヤオガチとかそういうフレーズを聞いて、久しぶりに五秒くらいヤオガチ問題について考えたのが記憶に新しいところだったんですけど、ヤオだのガチだの言ってる人には是非大日本プロレスを見ていただきたいと思うのですよ。もうなんかわけがわからなくなると思うきっと。余計に混乱すると思うので葛西純が復帰してそんなにファンじゃなかったはずなのになんでこんなにこの男に燃えるんだ…とか思っている俺と一緒に見よう。

というか葛西純デスマッチはやっぱり普通と違う。なんとなく今年に入ってから大日大戦を見る楽しみが関本大介を見ることのみになっていたんですけども、葛西デスマッチを見たらこれはモノが違うと感じた。なんつったらいいのかデスマッチのセンスが違う。んでデスマッチの部分以外の動きもやっぱどっか違うんだよな。これが出来る男というやつなのだろうか。ともかく二階席から普通にパールハーバースプラッシュで飛び降りて来てしまう恐ろしさはなんか久々にプロレス見ていて動悸が激しくなりましたよ。なに考えてるんだ。宮本の無鉄砲さも佐々木の雰囲気も沼澤の不器用もいいんだけど、やっぱり葛西純はすげえ以外の感想が出てこないのなあ。ほんともう狂ってる。なんのためにそこまでしないとならんのかなあ。そりゃもうキチガイとか言われますよ。つうかキチガイにピーピー被せすぎて逆になんかとんでもないこと言っているようなねえ、WWEのファックにピーが被さるよりいかがわしい感じしますよね。

2008-07-08

[]歯磨き日記

基本的には寝る直前に歯を磨けばよろしいと思うのだけど、若干早めに歯を磨いてしまったときに、どこまでは口に入れても許されるのかについて考えたりするわけですが、食い物関係のほとんどは基本的には駄目だなと思いつつ、最後にキシリトール的なガムとか噛めば良くないかとか思ったりしてしまうので、なんつうかそれじゃ駄目じゃんとか思うわけですけども、飲み物に至ってはほとんどのものを許してしまうので本当にもうなんか駄目だなあと思うわけですよ。

2008-07-07

[]「ピューと吹く!ジャガー 15」 うすた京介

15巻かー。続くなあ。この巻のすげえ所は今までなんだかよく解らなかったというか、メジャーリーガーのあれというか、単なるチャームポイント的なあれなのかなんだか本当によく解らないままにハマーに普通についているものとして存在していた、浜渡浩満の目の下のあれがなんなのか唐突に解ったところでした。なんでこのタイミングで明らかに…。

最大の見どころはヒゲのないジョン太夫が一コマだけ登場していたところでした。なんか間違い探しかなにかの回かと思ったよ。そしてこう、毎年毎年きちんと年が明けて、毎年来るべき季節ネタが登場するということはこの人たちはやっぱり確実に年を取っているのであろうね…ってなんか妙な気分になりました。というか今年はさやかちゃんあんまり出てこないのね。あの例のあれで…。ねえ…。あとツンデレーションてこれが最初なのか。いやそんなんどうでもいいが。

ピューと吹く!ジャガー 15 (ジャンプコミックス)

ピューと吹く!ジャガー 15 (ジャンプコミックス)

2008-07-06

[]ヒロさん

ワールドプロレスリング。プレミアム!ガッデム!ということで唐突なワンナイトタッグトーナメントでしたけども、長州力田中将斗のタッグチームにものすごい引いた。俺の中の田中将斗というブランドが消滅するくらい酷いチームだわ。今までのレスラー人生ってばなんだったんだっつうくらい。でもまあそういうのはともかくとしてブロンドアウトローズ再結成みたいな感じだったので面白かったです。保永のカウントは阿部四郎を超えていた。あとは後藤達俊を呼んでくるしかない。G1の他団体枠の一つは大谷に奪われてしまいましたがもう一つはブロンドアウトローズ枠ということですよ多分。専属レフェリーは保永で。にしてもここで天山と大谷が優勝しちゃうっつうあたりにこのイベントの意味のなさがうかがい知れるという感じですな。一番びっくりしたのはフレーム外からのドラゴンカットインでしたよ。久々に藤波にびっくりした。

[]仮面ライダータツロット

タツロットってカカロットの仲間かなんかだろうか。おもちゃのCMで先に新フォーム出すのやめて欲しいっすよなあ。ということでエンペラーフォームですって。てんこ盛りはもうやんないのかしらね。つうかガルルが久々に強くてよかったと思ってたら過去のガルルが最後にわりととんでもない事をしていたので悲しくなった。仲いいんだか悪いんだかという微妙なところがよかったのに。というかイクサって今誰が持ってるの。ツンデレ女がまだ持ってるんだっけか。まあともかく音也もちゃんとガルルに対抗できる力を持っていて欲しいものです。

で現代は恵の理想のタイプが名護さんであったことだけで充分です。

2008-07-05

[]タモリ倶楽部

品川辺りの昔海だった辺りの海岸線辺りをうろうろと散歩する回。のていで竹山を潰す回でした。だいたいいつも仕切りの方にいるホンコンと竹山が一緒に出ている時点でなんかすごい違和感があったんですけど、普通になんか芸能界の力関係を見せられただけのような気がして切なくなりました。ひたすらすべってる竹山すら切なかった。とりあえず勝島と平和島のくだりは非常に感心しました。あと畳屋のくだりも。

空耳は手ぬぐい三枚。もう一回聞いても手ぬぐいです。多少強引でも面白ければいいらしいですよ。関係ないですが安斎さんとタモリさんがフュージョンしたらみうらじゅんになりそうな気がした。

2008-07-04

[]酒を飲んだりするとシモのネタも書きたくなるときあるよね

昔っから己の一物の位置が悪い時にチンポジが悪いとか言うしきたりが仲間内の間であったんですけど、いまだにそのフレーズを用いてしまいそうになることがあるので気をつけて生きたい。

2008-07-03

[]「黒龍の柩 下」 北方謙三

上巻のテンションの低さから若干不安になっていたんですけども、近藤やら沖田が死んでからはもうなんかオリジナルストーリーでオリキャラが大暴れしていてなんかもうすごいことになっていた。とりあえず旧幕府軍は追い込まれて北海道に行ったわけではなく、徳川慶喜を王とする新国家建設のために蝦夷地に向かうという時点でちょっと狂っているような気がするのだけど、なんか全体の流れとしては史実と大きく外れているわけでもないのでさすが北方…と思ったりした。

つうかなんかやっぱ土方が男前すぎる。ハードボイルド土方歳三という感じ。とくにメインが土方一人になってからは孤独な感じとか、目的を遂行するためだけに生きるところとか、力で圧倒していく所とか、格好いいんだけどなんかどっか寂しいっつう。

なんというか戦闘の規模としては三国志なんかに比べるとあまりにも小さいのだけど、土方が結局一度も負けることなく終わっていくというのが、ものすごい。相変わらず戦闘描写においては図抜けているつうか、妙な説得力を持っていてなんか納得させられてるんだけど、よく考えると主人公側じゃない方の敵が弱すぎる。三国志なんかだと相手側も丁寧に書くのでそこら辺も補完されてたんですけど、これはだいたい土方の方の視点で書かれており、薩長というか官軍側がわりと正体不明でなおかつ西郷ミスターXみたいな扱いされているので、不気味なんだけど基本的には弱いという。

でもまあ北方オリジナル新選組としては良くできているとは思います。北方新選組というより北方版燃えよ剣という感じだろうかね。しかしやっぱ読み終わった直後に燃えよ剣が読みたくなったので、三国志の時もそうだったけど北方版を読むとオリジナルに近いものを読みたくなるっつう変な効果がありますよな。

黒龍の柩 (下) (幻冬舎文庫)

黒龍の柩 (下) (幻冬舎文庫)

2008-07-02

[]腹痛ストレス解消法

お腹が痛い時ってあるじゃないですか。色々なお腹が痛いがありますけども、その中でもいわゆるお腹を壊したっつう状態。あの、なんか、お腹痛いって言ってしまったあと、トイレ行けば?みたいなこと言われると、いやそういうお腹痛いじゃなくてさあ…もっとこう…って感じで無駄な嘘をついたりしませんか。なんか俺反射的にそういうことを言ってしまうときある。寝てるときに電話かかってきて「寝てた?」って言われたら「いや寝てない、だいじょうぶ」って言うくらいの感覚で。

いやそんなことはともかくですね、腹痛ですよ。ハライタ状態の時ってなんかもう細かい色々なことがどうでもよくなったりしませんか。とにかくもうなんでもいいからこの今の状態から解放されたい的な。そうすると普段悩んでる細かい色々なことが気にならなくなって結果としてストレスから解放されてる的な。

しかしこの強烈な身体的ストレスにより精神的ストレスを意識の彼方に飛ばすというやり方は、身体的ストレスから解放された瞬間に精神的ストレスが戻ってくる恐れがあるので根本的な解決にはなっていないと思われるのですが、だったら年がら年中お腹痛くしてればいいじゃないという話であり、お腹を壊すために色々努力をすればいいっつう話で、一時流行ったヘソ出しとかそういうのは、腹痛ストレス解消法に繋がっていたのかもしれない説というのを今思いついたのだけど、その線で上手いこと話を終わらせることが出来るのかと言われると非常に曖昧なところでありますので、別の方向性を見いだしていきたいところですねなどという思いもありつつ、話自体がどうでもよくなってきたのはこれを書いてる内にちょっとお腹が痛くなってきたせいであろうか。違う違うこの痛いのはトイレとかそういうのじゃなくて、もそっと、こう、ねえ。

2008-07-01

[]モンキー・デー・ルフィ

年齢的なあれでアルファベットのDのことを「デー」と発音する人というのは少なからず存在するとは思うんですけども、業界的な慣習で「デー」と言わないと通用しない環境というのもあったりするわけで、っていうか自分がまさにその状況にいるわけでありまして、不本意ながらデーデー言ってたら普通にディーのことをデーって言いそうになったりするとちょっぴり悲しい気持ちになったりするわけですけど、なんつうかどっかでこれ、一斉にデー禁止とかやらないとこの状況というのは改善されず、なんか悶々としたままデーと言い続けてしまうと思われる。つうか確かにもうディーよりデーの方が言いやすいといえばそんな気もする。そういう問題じゃないのか。いやそういう問題か。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |