のぬふ

 | 

2008-06-30

[]ボウリング13日記

久々にボウリングしていて思ったんですけど、ガーターってあるじゃないですか。あの、溝を掃除するやつ。で、全てのゲームでひたすらきっちりガーターを出し続けてスコアに「G」をずらっと並べるとゴルゴ13がやってきて依頼を聞いてくれるという仕組みになっているのではあるまいかとか思ってやってたらわりとさんざんなスコアに落ち着きました。

[]丸藤さん

NOAH丸藤正道のパーマは正直失敗だと思うのですがどうなんですかっていうことにしか目が行かなかったので今週は駄目。どうみても天才っぽさが薄れてる。

2008-06-29

[]仮面ライダーまだ

キバ。よかった…怪我をしたお兄ちゃんはいなかったんだね…ということでなんかわけのわからないラブコメみたいな回だったなあ。それなりに面白かったですけども、仮面ライダー的にいいのかこういうの。いいんだろうな。なんかウジウジしてる感じをどうにかするとかそういう表向きのお題目があるからなんかちょっと妙な感じでも問題はないんでしょうけども。なんとなく今までの感じというかあの感じだとあの女の子もファンガイアとかそういう感じなのかしらねえという気もしますが、あそこであっさり死ななかったということはなんでもないことはないのでありましょうな。

で、少なめの戦闘シーンではドッガの石化にらみつうかガラスにらみがなくなって一気に普通っぽい感じになっていたのでそこら辺の調整って難しいのでしょうなあとか思った。ゲームなんかにするとにらみが出た時点で負け確定だものなあ。そういえばバッシャーの方も一発目命中してからフリーズっていうのが無くなったような気がするので、まだフリーズがある分ドッガの方が強いのかもしれない。というかゲームといえば去年はゲーム出なかったですね。あれじゃ出しようがないか。つうか対戦格闘にこだわらなければいくらでも出せそうですけどね。名護イクサを自分で動かしてみたい。

[]中西さん

ワールドプロレスリング。いつまで経っても垂れ幕というか横断幕の酷さに慣れないです。俺たちがついてるとかそういうの。それはともかく武藤のベルトに中西挑戦っつうので執拗に中西がアルゼンチンバックブリーカーで武藤に勝ってG1制覇したときの映像が流れていましたけども、あの頃の武藤さんには髪の毛があったね…じゃなくて、あの頃ちょうどプロレスインポになりかけていた時期であったことを思い出した。あの中西優勝したちょっと前くらいからプロレス見るの辛かった。というか新日本が辛かったんだっけなあ。つうかG1の出場選手見たけど、後藤達俊枠とヒロ斎藤枠がない感じの選出だったので改めて寂しくなった。はっ…もしかして他団体枠ってこの二人のために…!

それはともかく棚橋のマイクは相変わらずちょっとあれじゃなあと思った。つうかもうなんかナチュラルにヒールっぽい感じなんだから本当にヒールやればいいのになあ。それとも中間狙ってリック・ルードみたいな感じもありなような。いやでも今の新日本に棚橋で冒険する余裕はないのかしら。棚橋の気持ち悪さは最終的にリック・フレアーぐらいのものすごいものに昇華出来そうな気がするのだけど。あと後藤洋央紀と棚橋の中に入ると中邑のブサイクに改めて気が付かされる感じでなんかちょっとブヒッてるなあと思いました。

2008-06-28

[]タモリ倶楽部

公共物マニアを集めてその人たちが何を愛でているのかを鑑賞して楽しもうの回。実物を見て回る予定が雨でロケ中止になり室内で写真鑑賞って結構このパターンあるような気がする。日にちをずらせないロケ番組に雨は大敵ということですね。とりあえず電線電柱マニアと高架水槽マニアと排気口マニアがおられたのですけど、一番理解不能だと思われた排気口が一番面白かったのでなんか妙な敗北感が。単品だとそんなに面白くないけど配置されてるのを見ると面白いっつう。俺もガラリとか結構好きなのでああいうのを写真に納めてブログとかをやろうかしら。そしたらタモリ倶楽部とか出られるのかいつの日にか。つうかアリとキリギリスの小さい人は最近たまに見るのだけど、タモリさんに嫌われていることだけが芸能界に存在している意味のような相方を最近見ないのでちょっと寂しい。あとふかわりょうとかも最近出ないですね。なんかちょっと微妙に合ってない感じをたまに見ると安心できるのだけども。

空耳はテンション低く手ぬぐい三枚です。二つめと三つめのはないわーと思った。

2008-06-27

[]トッティは関係ない

仕事で本牧ふ頭の方に行ったのだけど、そこら辺には突堤がいっぱいあってとりあえずA突堤からD突堤までありまして、突堤…突堤といえばB突…これが特攻の拓でお馴染みのB突堤か…と思い、とりあえずB突堤の辺りを通ったときにビキィ…!ってやっておきました。

2008-06-26

[]古本屋に行った

なんとなく駅前のちょっと古びれた感じの古本屋に入ったら、なんだか前日に自分が売りに来た本を購入して帰った行ったお客さんというのが来ていて、なんかその人はわりと馴染みらしくて世間話して軽口を叩いて帰っていったのだけど、最後に「これから宝くじ買うから一億円当たったらまた本買いに来るから!」とか言っており、そのお客さんが帰ったあとに店主夫婦の奥さんの方が「一億円でこの店を買い取ってくれるのかしら…?」みたいな事を言っていたので心の中で微笑んでおいたのですけども、その後実際にこのお店を売ったらいくらになるのかとか、今現在の経営はどうなのかとかそんなお話をしていたのでなんだかちょっといたたまれなくなってお店を出たのだった。

2008-06-25

[]「ハサミ男

なんかもう色んな意味で怖くて怖くてしょうがなかったので見てなかったんですけど、時間のないときにとりあえず映画が観たいという感じでレンタルビデオ屋に行ってしまって、あうあう言いながら手に取ってしまったのがハサミ男でした…。

つうかなんていうんですか、映像のちょっとした古くさい感じがもうなんかあざといなあ…と思っていたんですけども、もうだいぶん最後の方まであざとさをキープした感じで、それはそれなりに面白かったです。だってもう原作読んでいたらば麻生久美子の後ろに豊川悦司が立っていた時点で結末までストレートに予測がついてしまうものね。あの瞬間に観るのをやめようかとも思ったのだけど、なんかもうそのあとは雰囲気だけで観ていくことは出来た。

ネタバレ云々がありましょうからあんまり書いたらいけないんでしょうけども、そういうこれから原作読もうとか映画見ようと思ってる方はそんな熱心にこんな所読まないと思うので適当に書いてしまいますけども、あの病院のシーンで終わってくれればまだなんつうか面白かったなーといいますか、あざとかったなーで済んだような気がするんですけども、わりとしつこく物語をこねくり回してくれたのでちょっと疲れてしまった感じも否めないといいますか、あれが必要以上に蛇足に感じてしまうのは原作の感覚で病院のシーンであー終わったーという気持ちになってしまったからなんだろうな。だから余計なことするなよりもまだ続くのこれ…っつう気持ちになったような。

個人的に面白かったのはあの原作ですらちょっと無理あるよなと思った真ハサミ男と偽ハサミ男の対決シーンのまとめ方と麻生久美子が必要以上に吐瀉物をまき散らしていたのと豊川悦司の飛び降りるシーンのあまりにもあまりな感じでした。ってなんか観てるときはあんまり面白くなかったような気がするんですけど、こうして振り返ってみたら結構面白かったような気がしてきた。変な映画だな。

ハサミ男 [DVD]

ハサミ男 [DVD]

2008-06-24

[]ロード・ウォリアーズ

なんかもう最近ちょっとイラッとすることがあったりすることが結構ありやがるので、全盛期のアニマルとホークのウォリアーさんのように登場して暴れるだけ暴れてダブルインパクトで3カウント奪って帰っていくようなそういう豪快な人生を送りたいものだと思ったりするわけですけども、俺にはアニマル的存在もホーク的存在もいないのでなかなかダブルインパクトが成立しない感じの現状であり少し悲しい。

[]書かなかった日記

なんだかんだで七年間くらいほぼ毎日日記みたいなのを書いておりましたが、ようやく誕生日に誕生日日記を書かないということに成功した。しかし正直三十過ぎると誕生日とか本気でどうでもいいっつうか、年を取ること自体に鈍感になっている自分に気が付くのでありますよな。年齢のことに関しては敏感ですけど一歳くらい増えたところでそんなには変化がないっつうか。多分誰かが祝ってくれなかったら本気でそのうち忘れると思う。

2008-06-23

[]「黒龍の柩 上」 北方謙三

北方新選組ということで要らぬ期待をして読んでみたらそこそこの面白さであります今のところ。まあいつものことですけども土方歳三がいい男過ぎる。土方がよくなると近藤さんが器の大きいだけのあれな人になりがちですけども、そこを裏切ってくるかと思ったらわりとそのままな感じではありました。劉備玄徳をあそこまで持っていった手腕で近藤さんもすごいことになるんじゃないかと思ったんだけどなあ。まあまだ終わってないけど。

で、この新選組池田屋の終わりくらいから始まるので、新選組の一番面白いときを描かないという手法であり、正直天然理心流の道場の話辺りから池田屋くらいまでの話が結構好きなタイプの人間なので、若干物足りない部分もあるんですけども、新選組つうよりも幕末を書きたかったんだろうなあという印象ですな。

北方オリジナルストーリーなんでしょうけど山南さんのくだりは面白かったというか、なんかようやく合点がいく展開を見せてもらったなあという感じである。なんかどの話読んでも今ひとつ納得いかない話なんすよな。しかしまあ幕末書きたい感じにしては坂本竜馬の書き方がものすごいあっさりしてますのよね。存在感だけはものすごいのだけど、なんか別のステージでの話というか。

これから面白くなっていくのかという不安はあるものの、土方歳三つう人に関してはこれからまだまだ描くところはあるんだろうから下巻も頑張って読みたい。でもなんか三国志の時の高揚感がないんだよなあ。北方謙三のテンションが低いような気もする。

黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)

黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)

[]中嶋さん

NOAH。必死にフォールを奪い合っているKENTA中嶋の二人を横目に立て膝でチョップ合戦をやっている健介と小橋が相変わらずだなあという感じであった。それにしても中嶋は素晴らしい。中嶋くんとか言いたいけどもうそういうのは失礼だなと思うくらい立派にレスラーレスラーしててよろしい思います。なんか今までどっかしら温かい目線で見ていたんですけども、もうそういう視線を拒絶するかのような最近の試合を見ていると嬉しいような寂しいようなそんな気分に勝手になっている。しかしなんつうかやっぱ中嶋を見ているとプロレスにも明るい未来の方向性はまだ残っているんだなあとか思ったりするわけですけども、色々考えてるとやっぱどっかで健介ファミリーから抜けたりするんじゃろうなあと思うんすけどどうなんすかね。

2008-06-22

[]仮面ライダーご無沙汰

キバ。一週空いたらこんなに気持ちが悪いかんじだったっけという感触が。半分くらい見たら慣れたけど。しかし次狼のキャラ崩壊っぷりがすごい。完全に音也サイドに引っ張られているというか、それとは関係ないけど力は普通に人食ってていいのか…。ともかく力といえば竹内力くらいしか連想できないのだけど、あのキャラも結構酷いことになっているような気がしますが。にしても今週の戦闘シーンなんか本当にもうおまけ程度のものでこれ本当に仮面ライダーかよと思ったわけですけども、まあいつもそんなものといえばそんなもののような気がする。とりあえずライダーキックのときに夜になるエフェクトがかからなかったので悲しかった。でもまあそれはそれとして今週も名護さんは飛ばしていて良かったです。名護さんは王になりたかったのか。というか真っ昼間に焼き肉屋で合コンやって王様ゲームやるテンションがよく解らない。あと過去編の女が古すぎてびっくりした。まあ解るけども。あとファンガイアが柳ユーレイであった。

[]井上さん

ワープロ井上亘のマイクが普通すぎてびっくりした。井上といえば変なベイダーみたいなマスクつけてトライアングルランサーとかやってた頃のイメージしかないんですけど、金本相手にそれなりの試合していたので成長したものですなと思ってたらヘビーに転向ですって。ヘビーに移ってもいいことないと思うけどなあ。とりあえずレッドシューズが暴行されたからカウントしないってやってたあとにフォールを返す金本の足が思いっきり顔面に直撃してたのが面白かったです。

2008-06-21

[]タモリ倶楽部

タモリ電車倶楽部の続きの回。面白くないわけではないけども、やっぱり俺電車にはそんなに興味がないということを実感させられた。しかし新渋谷駅そのものにはわりと興味が沸いたので電車より俺は駅の方が好きなのかもしれない。でもやっぱりそんなに興味がないのかもしれない。

空耳は手ぬぐい一枚にみみかき三つ。驚愕のみみかき二つが出てしまったのでこんな結果に。というか左右あるんですねソラミミカキってば。

2008-06-20

[]保険日記

三十歳も終わりに差し掛かり、結婚なんかもしちゃったりしたので、保険について本気出して考えてみたら、なんつうか、その、結局自分が生きているうちに安心感が欲しいのか、自分が死んだあとに安心したいのか、それとも自分が年老いたときにいくらか金が入ってくればいいのかとか、なんかいろいろと悩んでいるうちに最終的にはあれもこれも入ってしまうか…!と思うんだけども、それを全部入ったら今の日常生活に支障を来す程度のお支払いが待っているので入らない…いやいやでもいざ病気になってから保険入るったってなあ…と思いつつ保険のサイトばっかり見てたら、先の事なんて誰にも解らないんじゃぜ…ずっと健康で六十一歳くらいに死んじゃうかもしれないんじゃぜ…とか思ったり、もう明日にも入院したり死んでしまったりするかもしれないし…とか思ったり、なんかもういろいろと不安になってしまったりしているわけなので、もうなんかなんでもいいから全部持ってこい!とか思ったりもするんですが、そんなもの全部に払う金もないのでありましてなんかもうぐるぐるぐるぐる回りっぱなしな感じでありましてちと疲れた。

2008-06-19

[]普通自動車運転免許を更新してきた日記

それなりに毎日運転しているにもかかわらず、この五年間くらい奇跡的に無事故無違反だったので最寄りの警察署で運転免許の更新が出来た上でなおかつゴールド免許というものにグレードアップしたんですけども、俺の中ではゴールドといえばゴールドライタンくらいしか思い浮かばないのであんましありがたみはなかったりする。しかし久々に更新してみて、あの、なんでしたっけ安全なんとか協会への加入が任意だけど入るのが普通みたいなそういう話し方が妙に違和感があった。つうかなんか断った瞬間に受付のおばちゃんの態度がいきなり変わったのでびっくりした。なにその仕打ち…と思ったりしつつ、講習を受けたわけですけども三年前に思っていた事をすっかり忘れており、免許センターに行けばきっと素敵な扱いが待っていたのだろうということを今思い出してちょっと残念無念な感じである。五年後こそは…。

2008-06-18

[]ベルリンの赤い雨

キン肉マン復活ジャンプを読んだわけですけども、いつからかゆでたまご先生はベルリンの赤い雨のことをベル赤と略すことに執着心を燃やしているような気がしますけども、たぶんゆでが思っているよりも世間一般には浸透していないと個人的には感じているので、じゃったらハンブルグ黒い霧ははハン黒となるわけであり、それじゃなんかハチクロみたいでちょっといいじゃないですかと思ったってなんか支離滅裂になってまいりましたけども、復活キン肉マンもやっぱけっこう支離滅裂な所あるよね相変わらずとか思ったシーンがちらほらあったんですけども、ウォーズマンがスグルからパロスペシャルでギブアップを奪っていたので良かった。本当に良かった。ツンドラの墓石とか知らねーけどよかった。

しかし今の画力で描かれるスグルは究極の超人タッグ編でいやなことばっかり言ってるスグルのイメージしかないのでそこはちょっと辛い。調子に乗ってるとしか思えないゆでの書き文字擬音と同じくらい辛い。

2008-06-17

[]力士

百日関という四股名を考えたので誰か使って下さい。

2008-06-16

[]シとツ

カタカナのシとツが書き分けられないという人は確実に世の中に存在してると思うんですけども、そういう人がなんか自信なさげにシともツとも両方に取れるような中間みたいな書き方をしているのを見るとものすごく切ない気持ちになったりする。そういう人に書き分けに最も自信のないときにシーツとかシャツとかそういう言葉を書かせたらどうなるんだろうとか思ったりもする。

とこれを書き上げてみたら同じ発想でより面白い日記を書いている人がいたのでああ…と思ったのだけどせっかく書いたのであげちゃう。みんなあげちゃう

[]杉浦さん

NOAH。あんまりテレビ的な前ふりがなかったような森嶋vs杉浦のGHCヘビーシングルのタイトルマッチ。というかこれだけ強そうなというか負けそうもない雰囲気を醸し出している森嶋に本気で一瞬でもこのまま勝ってしまうんじゃないかと思わせてくれるところがノアの面白いところなんだよなと改めて実感した。というか杉浦ってもう三十八なんですな…。まだなんか三十そこそこのイメージしかなかったですよ。しっかし森嶋のムーンサルトプレスというのもすごいですよね。説得力ではフットスタンプに及ばないですけどインパクトだけはとんでもない。ますますベイダーみたいになってきたので、そろそろあの変なマスク被ってくればいいのに。あと最後のあれは谷口が荒削りすぎて高山がちょっと不憫だった。

2008-06-15

[]ライガーさん

ワープロ。ベストオブザスーパージュニアだかなんだかの季節ということで、獣神サンダーライガーを久々に見たわけですが、今のポジションとかそういうのはよくわからないですけど、あのマスクの頭頂部の部分が異常に大きくなっていたので、やっぱ薄くなってるの気にしてるんだなあと思った。

[]日曜の夜の憂鬱

日曜日に次の日の仕事のことを考えて憂鬱になるというのは誰にでもあることでしょうけども、それを克服する方法を最近二つ発見したんですけど、一つはまあ普通に日曜日にも働いていればそんな感情になりようもないっつうのと、もう一つは毎日仕事してなければ日曜日だからって別段感情の起伏はないんじゃないかっていう、そういう方法を編み出すに至った俺はかれこれ三週間だか四週間くらい休めていないわけですけども、来週くらいに一週間とか休めてしまうので前者の方法も後者の方法も実践できるのであんまり日曜に憂鬱にならないので素晴らしいことじゃと思います。

2008-06-14

[]タモリ倶楽部

副都心線にいち早く乗っちゃいましょうの回。鉄の回は本当にもうねえ…でもまあテンションが上がるのは解りますけども、出演者のメガネ率の高さがものすごい事になっていてなんだかもう色々よく解らない回でした。だって普通に考えたら山手線に乗ればいいじゃないかもしくは埼京線て思うわけですけども、乗り換え効率のアップやら、混雑の解消とか色々あるんですよね。うん。まあしばらくは乗ることはないと思いますけども、もし乗る機会がありましたら、これがあのタモリも愛した副都心線か…とか思いながら乗るようにしたいです。次週に続く。

空耳は耳かき二つに手ぬぐいの最近珍しい大盤振る舞いでした。鉄の上機嫌流れかしら。

2008-06-13

[]インディジョーンズ

子供の頃何回も見ていたインディジョーンズ魔宮の伝説を久しぶりにテレビで見てみて、少年が被っていた帽子がなぜか阪神タイガースの帽子っつうイメージがあったんですけど、今見たらどう見てもニューヨークヤンキースの帽子だったので、ああなるほどあの少年は阪神ファンではなかったのだね…と長年の誤解が解けて嬉しいやら寂しいやら複雑な気分になった。

2008-06-12

[]顔見知り

これは人見知りの犯行ですねっていうのを思いついて、こんな事は100万人くらいが思いついているのだろうと思って、帰ってから検索したら2万件くらいしか引っかからなかったのでこんなものか…と思ったのだけどなにがこんなものか…なのかはよく解らない話ですよね。あとアムロシャアに「エコだよそれは」というのも思いついたのだけどこれは大体2千件くらい。

2008-06-11

[]関本さん

大日大戦。ノコギリとスレッジハンマーは凶器ありと言っても反則だよねえとか思ったりした。しかしロープブレイクはあるのだなハードコアなのに。あとまあ僕らの関本デスマッチよりの面々と試合をしていたのでまた関本大介のお体に裂傷が…と思ってたらそういう試合じゃなかったので良かった。がしかしそういう試合でもアブドーラ小林は普通に流血していてなるほどと思った。

2008-06-10

[]ゲームの日記

最近出たWii風来のシレン3が非常に気になっちゃう感じであり、買おうかどうしようか非常に迷っていたのだけど、不思議のダンジョンなのにレベル持ち越しが可能ということで、あの買ったけど全然本当に全くもってやらなかったトルネコの大冒険3の悪夢を思い出してしまうので手が出ない…とかウジウジしておりましたら、そういえばだいぶん前に手に入れてた風来のシレン外伝女剣士アスカ見参のことを思い出したので、いそいそとパソコンにインストールいたしまして、最初の練習ダンジョンやった時点である程度満足してしまって、あんまりやる気が起きないので、やっぱ今はゲームという感じではない…っつうか、1000回遊べるけどあえて1回しか遊ばないという選択肢もあるよねという話で、だから積みゲーとなっていたのかと納得はしたのだけど、今現在不思議のダンジョンやりたい熱はそこそこ盛り上がっているので、なんとかアスカの次のダンジョンに進めるのかもしれないような気がしていると思ってんですけど、おかげでシレン3をやりたい感じはかっちり収まったので、最近の俺のゲームやりたい熱というのは結構すんなりやり過ごせるのだなということに気が付いて寂しくなったりした。しかし最近なんじゃかんじゃ寂しくなることが多いのだけどやっぱこれは年のせいなんじゃろうな。

2008-06-09

[]結果的減量日記

わりと最近ハードな感じの肉体労働に勤しんでおりましたら体重が5㎏減りました。5㎏ですよ。あれだけ落ちなかった体重が約ひと月で5㎏減ったという事実におののいている今日この頃なんですけども、肉体の酷使と共に精神の疲弊などもあるわけで、そういうので減った体重ってばわりとすぐにリバウンドしてしまいそうで、とりあえずリバウンド王に俺はなる!とかそういうことは思っていないので、この減った体重を大事にキープしていきたいところでありますよなあと思っているのだけど、やっぱなんか簡単に元に戻りそうな気もするのですよね。

ともかく体重を減らそうと頑張ってない時になんとなく体重が落ちて結果的にダイエット出来たのでよろしいことであるよなあという感じなんですけども、この生活を続けていけば来月の今頃には10㎏くらい減っているのかというとそういうわけではないと思われるので、結果的になんでか痩せたというのはダイエットとしてはありえないことであり、再びこれを実践しようとしても出来ないのが辛いところであります。

[]斎藤さん

NOAH力皇猛斎藤彰俊の固太り対決が面白かった。なんかもうちょっと中途半端な感じがたまらない。つうか最近斎藤の蹴りを見ていると元空手家とは思えない鈍重な感じであり、誠心会館時代の面影って色んな意味でなくなっちゃったよなあと遠い目をしたりしながらGHCジュニアタッグを見てたらなぜか五分時間が遅れてて結果が見られなくてすごくもどかしい気分になりました。

2008-06-08

[]吉江さん

ワープロ。プレミアム!ガッデム!ということで吉江豊を久しぶりに見たわけですが、橋本亡き今この重量感を醸し出せるのは森嶋か吉江くらいのものですよね…と思っていたら、わりにいい動きをしていたので、吉江も外に出て一皮剥けたのか…やっぱり新日本から外に出ると変わるのかしらねえとか思っていたら、中西と二人でぐだぐだの昔とあんまり変わらない試合をしていたのでやっぱ吉江は吉江よねと思って一安心した。もうちょっとだと思うんだけどなあ。まあ中西もそうですけど、素材はものすごいのになんかすごい損してるというか。なんかものすごい失礼を承知で書いてしまうと、ゲームとかで自分が中西やら吉江を使ったら非常に面白い試合ができるのになあとか思ってしまうわけですよ。なんかすごいもったいない。体を作るのももちろんすごいことだとは思いますけど、もうちょっとこう、ねえ。ねえ。

[]仮面ライダー麻生

キバ。ものすごい勢いで名護さんが普通サイドにやってきた。襟立との普通の会話はともかくまさかの恵との共闘、さらにはキバとのダブルライダーキックって展開が強引すぎないか。いや面白いんですけど。こういう展開が見たくて仮面ライダーを見ている感じもありますけど、あのボタン狂いの名護さんからなんの前触れもなく普通になられてもなあ。しかしまあ名護さんはともかくとして、恵もあんだけこだわってたわりに無理矢理にでも変身しなかったのが少し不思議ではあった。まだということは今は無理っつうことなんでしょうけど。そんでゆりの方もやっぱり怖い…っつう展開でなんだかなあと思わないでもないんですけど、シンクロ話としてはよく出来ているなあと思った。

で、一週間経ったら渡音也も結構馴染んでる感じだったので気持ち悪いのは最初だけなのかしらねえと思ったり。つうか渡音也って渡哲也っぽいですね字面が。ほんでようやく渡の母親っぽいのが出てきたり、キバットバット父の話が出てきたりとお話的に面白そうにな感じになりそうな雰囲気で来週はおやすみですって。あらら。あと関係ないですけどゴーオンジャーに矢車さんが…。目が離せなくなってしまうじゃないか…。影山はいつ…。

2008-06-07

[]タモリ倶楽部

節キング決定戦の回。いわゆるその、かつお節とかさば節とかそういうので一番美味いのを決めようぜみたいな回だったんですけども、なんか見ていてしみじみ思ったのは、最初にこの行為を考えた人はすげえなとかそんな。だって魚をさばいて乾燥させてかっぴかぴにした上で削ってお湯を沸かしてその汁だけを使うってどんだけ手間なんですか。まあ美味しいので素晴らしいと思いますけど。というかなんか汁をすするタモリさんがすごくおじいちゃんぽく見えてなんか寂しい感じがありました。あと浅草キッドタモリさんの関係がいつ見ても微妙な感じで見てると面白い。

空耳は耳かき挟んでの手ぬぐい二枚。

2008-06-06

[]思いつきをそのまま書け

スペランカースグル!」

2008-06-05

[]俺はもう駄目かもしれないと思ったとき

トイレに行くときに「キバっていくぜ」というフレーズが頭に浮かんでしまって打ち消せなかったとき。

2008-06-04

[]WXさん

大日大戦。シャドウWXvs伊東竜二デスマッチヘビー級選手権。まさかと思っていたらわりと普通にシャドウWXタッチアウトみたいな技で勝っていたので驚いた。なんか正統派デスマッチファイターみたいな人は長く巻き続けるものとか勝手に思い込んでいたので、まさか伊東からWXに移るとは思わなかった。つうかまあ今の大日本のデスマッチ路線であんまりいないパワーファイターなので、これはこれで面白いような気がする。あとTシャツを脱ぐと本気モードというのはショルダーを外したカート・アングルみたいでそれっぽくて素敵です。しかし普段隠れている無傷に近い部分から流血したりすると必要以上に心配になったりするのであった。

2008-06-03

[]ちょ

らくがきんちょという商品名に隠された悪意。

2008-06-02

[]高速日記

高速道路を走っていると乗り換え券が発行されるポイントがあったりするんですけど、その乗り換え券を手にするとどうしても口にくわえてしまったりするので、ここにもしかして毒が塗られていたら俺は死ぬな…と思うのですけども、高速道路乗り換えチケット毒殺事件などというものは聞いたことがないので多分死ぬことはないと思う。

2008-06-01

[]関本さん

ワープロ。プレミアム!ガッデム!ということで蝶野興行という感じのプレミアムですけども、大日アイドル関本大介を引っ張ってきたので見ないわけにはいかないわけでありましたけども、僕らの関本はあんなに余力を残してタップをしたりはしないので少し寂しかったです。しかしこうしてみると蝶野ってロートル感出てきたよなあと思ってしまうわけですけども、だいぶ前からそんな感じだったような気もする。しかし天山ロートル感はもっとすごいすね。思わずヘルプしたくなるくらいヨレヨレですよ猛牛ってば。あと藤波は久しぶりに見ても普通に藤波だった。というかなんかこの興行って昔の新日本っぽい感じではありますよな。なんつうかこうモヤモヤとしたものが残るような気がしないでもない。

[]仮面ライダー磁場

キバ。フリーザ様がなんかものすごく卑怯者であったのでよかったです。勝つためには手段を選ばない感じがすごいフリーザ感。というか今週は音也が渡に憑依する感じがものすごく電王を思わせる感じで、そういえばフリーザ様も電王に出ていたわけで、ああ電王電王と思ったわけですけども、音也はやっぱり音也以外の人だと結構気持ちが悪いものであるということに気が付かされたりした。音也も登場時はちょっと気持ち悪かったような気もするけどわりと早く馴染んだ記憶が。

んでちょっと間があいて登場の襟立やら大ちゃんはともかく、名護さんはなんであんな普通に登場しているのか。先週までの名護さんはなんだったのだろうね。普通に以前のムスカ並みのハイステージから人を見下す名護さんが復活していたので安心はしましたけど。先週までのはただのサイコライダーだものなあ。襟立も久しぶりに見ると妙な違和感がありましたけど、襟立イクサもありそうな感じなのか。にしてもやっぱり女性ライダーというのはなかなかやらないものなのね。それにしても恵の弱さよ。名護さんのハイレベルなアシストを持ってしても結局やられるだけという。あと大ちゃんは暴れすぎじゃないのかいくら何でも。野放されすぎです。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |