のぬふ

 | 

2008-04-30

[]一人称日記

この頃もはや遠い昔である思春期に封印した「僕」という一人称が復活してきている。しかもものすごくナチュラルに僕って言ってる。だってこう、仕事なんかで自分のこと「俺」って言っちゃうのちょっと違和感あるじゃないですか。いや状況にもよりますけども。しかしこの今、三十超えて自然な感じで僕って言ってる自分というものはなかなか想像していなかった。そのうち自分のこと「私」とか言っちゃうんだろうか。自然に言っちゃうようになれちゃったりするんだろうか。言えるのか。いや普通僕飛び越えて私なのかな。そうか。

2008-04-29

[]入浴時記憶喪失症

風呂に入ると色んなことを忘れてしまうという病気を患っている俺なのですが、具体例を挙げますと、もう残り少ないのでシャンプーを詰め替えようと思っていても、風呂を出た瞬間に忘れていて次回入浴時に思い出してまた入れようと思うのだけど出た瞬間に忘れていて、っていうのを四日くらい繰り返したり、詰め替えたゴミを出るときに捨てようと思っていながら出るときに忘れてて、次入った時に思い出してあー…となったんだけど、やっぱりまた忘れて次の日また発見してげんなりしてしまったりして、シャンプーの詰め替えごときに一週間を費やしたりしてるわけであり、その他にはバスマットを物干しにひっかけて乾かしておけって言われていても九割くらいの確率で忘れてしまったりするわけであり、入浴してしまうと記憶の一部が欠落してしまうっつうか風呂をいかに効率よく早く済ませるかっていうことに命をかけてしまうので、他のことを考えられないわけであり、だったらもう逆に忘れたいことがあるときなど思い切って風呂に入ってしまえばいいんじゃないかということを思いついたのだけど、これを思いついたのは風呂の中だったわけであり、これを書くまでに実に一週間を要した。

2008-04-28

[]鮭日記

昨日の夜ご飯に塩鮭を表面ぱりっと焼いて、炊飯器の中に三合の米に普通の水加減で水を張ったところにその鮭をまるっと投入して、昆布なんかも入れちゃったりして、いい匂いで炊きあがってきたところで、鮭をいったん取りだして、身をほぐして、骨なんかも丁寧に取り除いて、もう一回炊飯器に入れてかき混ぜて、茶碗によそって大葉の刻んだのと白ごまなんかを上にのせて、軽く醤油を垂らしてみたらそれなりに食える鮭めしのできあがりって感じで満足したわけなんですけども、残った鮭めしを今日鮭チャーハンにしてみたらそっちの方が美味かったのでこんな事なら最初から鮭チャーハンにすればよかったね…って思いました。

[]齋藤さん

NOAHタッグリーグ戦は色々と波乱含みな感じで、一番驚いたのは杉浦が森嶋からピンフォールを奪っていたことだったりするんですけど、それはそれとしてバイソンと齋藤のタッグが優勝するっていうのが一番の波乱でしたなあ。つうかまあフィニッシュ近辺のスイクルデス連発してるだけってのが説得力なさ過ぎて逆に真実味があったなあとは思った。相変わらずバイソンが強そうな大森に見えてしまうという奇病を患っている俺ですけども、このタッグは結構好きなので応援したい。それとは関係ないですけど、三沢ほどメタボっつうのを体現してる体はないよなあと思った。あと秋山がハゲてきたのを実感してしまったので哀しい。

2008-04-27

[]襟立仮面ライダー

キバ。どうも襟立という名前を見るとえり立て入院患者ジュン市を思い出してしまう。そしてキバはすごい襟が立ってる。ともかく今週はドッガ回であり変なハンマーの回というか、必殺技が大仰すぎてちょっと驚いた。昨日見カンフーハッスルくらい意味のない派手さであった。つうか襟立死んだと思ってたら普通にギター弾いてたのでええーとなったといいますか、いいやつっていうキャラしかないやつだと思ってたら、渡にちょっと意見されただけで土ぶっかけて絶交とかいってたので、あんたのことがよく解らない…と思わされたまま死んでいくと思ったのに。あと今週の名護さんはキバに負けたのは自分じゃなくてイクサだって言い始めて、流石だ…と思いました。

過去の方は音也がヒーロー的資質においてやっと本領を発揮してくれるのかという展開を期待していたのだけど、早くもどんどこ追い込まれているので少し辛い。それもまたヒーローっぽいと言えばそうなんだけど。しかしあの変身ポーズは古くさくて格好良い。そんで次狼はそんなに山本スーザン久美子が好きならば山本スーザン久美子に子を産ませればよいのに。

2008-04-26

[]タモリ倶楽部

南田が本を出したのだけど当然のごとく売れてないからカリスマ書店員の手書きポップで二刷を目指そうの回。正直言って南田はタモリ倶楽部に出てくる人たちのなかで三番目くらいに見た瞬間にげんなりしてしまう感じの人であり、結論から言ってしまえば調子に乗んなという気持ちでいっぱいな俺がいるわけでして、もっと言ってしまえばそんな本全く売れなければいいのになというネガティブな思いを抱いてしまうほどに南田のことが嫌いなのでどうでもいい回といえばとてつもなくどうでもいい回だったんですが、政井マヤさんがタモリ倶楽部にいきなり出てきたのでその点ではとてもよかったです。あと鴻上さんがなんとなくなべおさみに似てるような気がした。あと手書きポップで読みたいなあと思う本て確かにあるけど、読んでて恥ずかしい感じがしてしまうものって結構あるもんであり、しかしやはりここら辺に出てくる人というのは読ませ力が強めの人たちなので単純に感心した。

空耳は手ぬぐい三枚。レベル低しとのこと。

2008-04-25

[]運転日記

だいぶん昔からマリオカートはやっていたものの、当時は運転免許を持っていなかったので、運転とは関係ないところでのレースゲームでしかなかったものが、普段運転してる状態でそれをしていると、高速なんかを走っているときにちょっとしたカーブなんかで普通にジャンプしたくなっている自分に気が付いてすごく恥ずかしくなるのよね。あと甲羅投げたくなる。赤いの。

2008-04-24

[]ドーロ

先日ロード第一章をなんでか聴いていたらなんか状況が想像できなかった部分があった。

サイドシートの君は まるで子供のように

微笑みを浮かべたまま 眠れる森の少女

ゆすって起こした俺を 恨めしそうににらんで

俺の手を握り返し「愛が欲しい…」と言った

全部通して聴いたらそれなりに意味があるのかもしれないけど、ここだけ聴くと助手席で寝てて起こされたらちょっと寝起きで不機嫌ながらも手を握ってきて、突然「愛が欲しい…」とか言い出したわけですよね。いや別に今更いちゃもんをつけるつもりもないんですけど、流行ってた頃はそういうの気にしないで聴いていたよね…なんでもないようなことが幸せだったと思うよね…と思ったんだ。

2008-04-23

[]いじめなかった日記

仕事で会ったお客さんがものすごくおどおどしていて、異常なほど声が下から出てくるというか、あんまりにもいじめて欲しそうな感じの振る舞いをしている人がいたので、危うくちょっと冷たい振る舞いをしてしまいそうになったのだけど、これはもしかすると吉田戦車さんの漫画におけるいじめてくんが具現化された人間なのかもしれず、もしもいじめる素振りを見せたら途端に爆発されてしまうと想像してみたらなんか優しくできたのでよかったと思います。よかった。

2008-04-22

[]日記の日記

なんか自分の日記って自分が読むのが一番面白いんじゃないかみたいなことは常々思っているわけなんですけども、最近自分が昔書いた日記がわりと面白い。主に俺に面白い。この面白さが本当の意味で解るのは俺しかいないであろうという感じの面白さなんですけども、とにかくまああの頃の俺はこんな事を思っていたのかとか、この日記を書いたときには確かこんな事があったとか、本当にまだ数年しか経っていないのだけども、なんか懐かしく、ほんでもって鮮明に思い出したりして面白がれる。

だったら過去の日記はたいがい面白いんじゃないかって感じもするんだけども、その、今の俺が面白いと思っていた日記を書いていた頃ってのは、過去の自分が書いていた日記というのがものすごくつまらなかったという記述があったりするので、過去日記が全部面白いというわけではないらしいという感じもする。そんで残念なことにその面白くないと記述されていた頃の自分の日記が残っていないので確認のしようがないわけですけども、そうなってくるとその頃の自分の日記がたまたま面白かっただけなのか、そこから自分の日記力があがったのかそこら辺がちょっと曖昧な感じになっていると思うのですよな。

で、話は今に戻るわけですが、正直今の自分の日記は面白かったときに比べて自己評価では全然面白くないんですけども、ある程度時間が経過すれば自分の過去を思い出し補正が働いて、ちょっとは面白い日記として読めるのかしらと思ってなんだかんだ毎日書き続けているわけであるのですよね最近は。

2008-04-21

[]きもちわるい

なんかの漫画で自分の手をじっと見つめているとその造型がなんか気持ち悪いものに見えてくるっていうのがあったような気がするんですけど、最近なんか知らんけど目にゴミが入るようになってそんなとき目を鏡で凝視しているのだけど、なんか目玉ってまじまじ見ると気持ち悪いっすよね。なんか血走ってるし。血走ってるのは俺の目だけかもしれないっすけど。

[]森嶋さん

NOAH。なんかいろいろありましたけど、今時珍しいレフェリーへの暴行による反則負けを喫した森嶋・ヨネ組の最初の暴行の時にレフェリーが森嶋の中に取り込まれてしまうのではないかと非常に恐ろしい気分になりました。人一人くらい取り込んでもあんまり見た目に変化がなさそうである。

2008-04-20

[]仮面ライダーフィクサー

キバ。なんかこれたまたまテレビつけて仮面ライダーやってたから見ようっていう人を置き去りにしていく構成であるよねと思いました。まあ元々そういう物なのかもしれないけど仮面ライダーって。しかし過去と未来の区別がねえ。とりあえず音也イクサがわりと軽やかに戦っていたのが見られてよかったわけですけども、あのベルトはいったいどこから持ってきたのだ。つうかまあ音也に足りなかったのは力だけだったわけなのであり、その他のヒーロー的要素は持っている感じなので、こう、解ってはいるけれどやっぱおおお…!てなりますよな。

で、俺を知らないのか!俺は名護だぞ!ということで今週の名護さんもよかったですけど、その名護さんに先週殴られた襟立くんがかなりいいやつだったのでなんかおかしくなってしまった。襟は立ってないけど。あとバッシャーの水弾は当たったら体が脆くなるというような設定だったような気がしたんだけど、早くも通用しないような敵が出てきてこれはもうフランケンさんの出番ですねっつうか、見るからにパワータイプの敵が出てきたんだから普通はパワーで対抗するような気がするのだが。まあそういうのはともかく名護さんがどこまでいって止まるのか期待はしています。

[]田中さん

新日本新日ゼロワンの対抗戦て続いていたんですなあ…などと思っていたら、田中がいつの間にか中西を倒していたので驚いた。まあ中西ならそういうこともありえるのであろう。田中の勢いも強さも解るけどやっぱジュニアって感じなのよね。そこに負ける中西が不憫と言えば不憫なような気もする。そんでまあ金本も意外にあっさり敗れて、満を持しての永田さん登場という感じでしたけども、久々に出てきてもあんまり違和感もなく…て思ったんですが、そんなに長いこと休んでいたわけでもないんですよな。ということはもうこの対抗戦は永田裕志の華々しい復活に向けたアングルであったということなのですよきっと。知らんけど。まあでも普通に戻ってきてくれるのは嬉しいですな。

んで武藤vs中邑ですけども、わりと的外れなコメントをする武藤に対してまるっきり普通のコメントをする中邑にまたがっかりしたりもしましたけど、この流れで武藤が勝つというのが想像つかないのでものすごく辛い。

2008-04-19

[]タモリ倶楽部

新木場で木の目利きになろうの回。タモリ倶楽部でたまにある出演者全員めがねの回…!と思ったら勝村さんは普段眼鏡をしていないはずなのでそれは違うねと思った。しかしなぎら健壱タモリ倶楽部に出ていると何故か俺はなぎら健壱ばかりを見てしまうのでなんだかよく解らない回であった。なんであんな適当な感じで生き抜いてこれるのだろうなあ。高田純次に比肩しうる適当さである。

空耳は手ぬぐい三枚。手ぬぐいを出すのすら渋る感じであったのでそのうちなんにも出ないときとかあるかもしれぬ。

2008-04-18

[]友情

ドラマなんかを見ているとよく友情出演とかクレジットされてることがありますけども、あれを見るたびに土手で殴り合ったあとにお互いを認め合ったり、撮影に入る前に握手したり、撮影が終わったらハイタッチしたりとかそういうイメージしか浮かばないので俺の友情に対するイメージもなかなか酷いものだなと思わざるを得ないかんじであり、さらに頑張っても友情パワーくらいまでしか発想が届かないので俺に友情を語る資格はないような気がするよ。

2008-04-17

[]肉を焼く

何食べたい?って聞かれたら100%の確率で焼肉で!って答えるようなそんな生き方に色んな意味で憧れる。

2008-04-16

[]マッスル日記

仕事で客先に行ったら突然情熱大陸の音楽が流れはじめたので、反射的に動きがスローモーションになりそうになったのだけど、仕事だったので我慢出来たわけであり俺はなかなか頑張った。

2008-04-15

[]さつじんき

空気を読むのが重要な時代であるといわれて久しいような久しくないような気がしますが、空気を読んだ上で半径5メートルくらいのゾーンをなんか殺伐とした感じに変えてくる人がいるので、ものすごく普通に殺伐鬼…と思ったのだけど、それは殺人鬼の間違いであり、それに気が付いた瞬間にそういえばドラクエの敵キャラにさつじんきというのがいたなということ思い出して、それも大概ですよな…と思い直したのだけど、さつじんきの色違いとしてさつばつきというのがいてもいいよなあつうか、実際にはそういうキャラがいたんじゃなかったっけと思ったんだけどやっぱり俺の空想の産物でした。

2008-04-14

[]ロール日記

ヤマザキロールちゃんを最近好んで食べるようになっているのだけども、なんつうかそのよく売っているスイスロールみたいなロールケーキを一本食べるのは頑張ればいけるけど、なんとなく抵抗があるというか、普通は一本食えないかもしれないですが、まあ自分が思う限界よりはるかに少ない分量を切り分けて食べるもんだと思うんですけど、ロールちゃんの場合は一本丸々食べると一度に食べる自分のロールケーキキャパシティを超えてくる感じでありながらも一本普通に食えるのは、ロールちゃんの一本丸々一度に食べるものですよという雰囲気による物であり、つまり最近の私はカロリー過多なのではないかということですよ!

[]三沢さん

NOAHタッグリーグ戦はいいんですけど、やっぱり今週もまだリーヴの新CMに馴染めないわけです。なんか変な衝撃がありすぎる。とりあえず鬼嫁殺しはプロレス界では珍しく完璧な合体技ですけども、あれは受ける方も大変な技であろうなと思う。予想外の動きをしてきそうな技ですよな。そして相変わらず三沢は容赦がなさ過ぎる。あの試合の権利がないときに入ってきてタイガードライバーを決めてフォールしないから前に転がすってときの顔が怖すぎる。最近の三沢はいつも怖い。あと潮崎が大きくなってたのと田上がはっちゃけ過ぎだった。

2008-04-13

[]武藤さん

新日本。中邑と棚橋でIWGPをやるのは構わないし、それが後楽園ホールであっても一向に構わんという感じではあるんですけども、とくになんの前ふりもなくいきなり武藤敬司を時期挑戦者に持ってくるもったいなさ。いくらでも盛り上げ方っつうか、いくらでもいいアングルってってあると思うんですけどねえ。非常にもったいない。というか中邑の最後の例のマイクを聞いていて思ったけど、総合格闘技が大きくなる時にはプロレスは反比例するみたいにその存在感を落としていったけども、現状のように総合格闘技というジャンルがいくら沈静化しようとも、それによってプロレスの価値が高まっていくということはありえないのだよなあというあたりまえのことに今更気が付いて寂しくなったっす。

[]仮面ライダー飢餓

キバ。名護さんがもうすごすぎてついていくので精一杯でした。貴様!命が惜しかったら俺の言うことを聞きなさい!というのは名台詞ですよね。脅迫からの諭しっつう。俺に二度同じ事を言わせるなっつうのもなかなか。二回目は有無を言わせず殴るっておまえはどこの鬼教官なのかという。そして組織の長に対して自分が組織の長につくのが理想などと言ってしまえるその根性がすごい。名護さんにはついて行けないけどちょっと尊敬します。しかしどうでもいいけどイクサってなんとなく嘘くさい感じがしますなあ。何がどうっていうのはないんだけど。あの炎のエフェクトとかがとくにあれだ。

イケメンズは男女比半々になってもイケメンズ…と思ったんですが別に問題ないです。それよりブロンブースターが全体的にCGだったのはいいんですけど、いったい何のために呼び出したのだろう…っつうのが気になったよ。あんなに大仰なのに普通のバイクよりすごかったのはトンネルの壁をちょっと走ったくらいであった。普通にイクサのバイクに追いつかれるしなあ。関係ないけど変態スパイダーファンガイアがとんでもない力を手に入れてラスボスクラスの強さになってくれることを期待している。あともう一個関係ないけどキバの後頭部が丸すぎる。来週は音也イクサが見られるのか。それは期待してる。

2008-04-12

[]タモリ倶楽部

東京名階段の回。坂道愛好家だか坂道研究家のタモリさんからしたら通じるものがあるらしく、なんと言いますか傾斜して曲がっている道が好きな人なのであろうなという感じでありました。とりあえず池ダッシュが面白かった。あとわりと仕切りよりの浅草キッド劇団ひとりがいて専門家の先生がいたのでなんかいつも以上にタモリさんが自由な感じであったなという感想。最後のだまし絵みたいな階段が一番興味深かったです。斜めすぎる。

空耳は空耳の秘密みたいな物に触れて、空耳を見つける人はすごいという話になったんですけど、手ぬぐいが三枚でした。まあそんなものよね。

2008-04-11

[]マリカー日記

マリオカートを買った。そしたらハンドルもついてきた。そして別にハンドルがなくてもWiiリモコンだけで問題なく遊べることも知ってしまった。というか基本的にゲームは普通のコントローラでやりたい派なので、クラシックコントローラしか使わないと思われるわけであり、ハンドルは一体何に使えばいいのか…という感じになっておるので、なんかこう、家の扉につけるライオンの顔が咥えてる輪っかみたいな使い方をしていきたいと思う。輪っかでノックする感じでお願いしたい。

つうかまあゲーム自体はさすがの安定感て感じで面白いのだけども、マリオカートなのに普通にバイクに乗るのでそれカートじゃないじゃないか!て思いました。あとどうでもいいけどクラシックコントローラでアクセル開けっ放し状態にすると右手親指近辺がつりそうになるのでそこら辺はなんか上手いこと対処していきたいです。あとついでにもう一個書いておくとものすごく今更のことなんでしょうが今更知ったのでワルイージてあんた…て思った。

2008-04-10

[]高速日記

高速道路を走っているときに追い越し車線から抜かれた車の後ろをくっついて走ってる時にこの車の後ろについてスリップストリームに入ってマッシュオルテガを呼んできてスリップストリームアタックだ!と思ってしまったりして間違っている上に気持ちの悪いことだなあと思いました。

[]WXさん

大日大戦。シャドウWXの試合後のマイクが何を言っているのかほとんどよく解らなかったので、なんつうかやっぱ昔っぽい…っつう感じがして面白かった。しかしどう考えても来週の月光闇討ちデスマッチが終わったあとに宮本と二人で抱擁してる絵しか浮かばないので、根本的にいい人そうっぽさというのはいくらいきがって見せようとも隠せない物があるよなあと思った。あと黒天使はなんかちょっと違うと常々思っていたのだけど、この人は多分会場で見たら面白い類のレスラーなんじゃないかと感じるようになった。テレビでは伝わりきらないような。

2008-04-09

[]釣れない日記

釣りに行ってきたわけですけども、魚の影も形も見当たらないレベルで釣れなかったので、俺はいったい何をしに…と思ったんですけども、海を見てるだけで心が安らぐよ…だって海無し県に住んでいるんだもの…と無理矢理自分を納得させようとしたんですが、買ったばかりのジグを二つばかり無くしたので、結果的に海をちょっと埋めたということで海埋め団の活動をしに行ったことにして納得しておきます。そういえば、割とでかい石を海に投げ込んでいる地元民っぽいおじさんもいたんですけども、あの人もきっと海埋め団の一員なのかもしれません。

ちなみに海埋め団というのは吉田戦車のちくちくウニウニという漫画に出てくる、日本とハワイを地続きにしようという目的で海を埋め立てていくという団体だったような気がします。

2008-04-08

[]スイッチ日記

もうどう考えても確率的に二分の一でしかありえないはずのトイレと風呂場の電気のスイッチをほぼ九割の確率で間違えるのでこれはもうそういうもんなんだと思うようにした。

2008-04-07

[]指輪日記

先日結婚したことにより、結婚指輪というのを左手の薬指にしているわけですけども、出来るだけシンプルなものをと思い、100人に結婚指輪と言えば95人くらいがイメージするようなものをはめているんですけども、それくらいのものでも普段指輪をしなれない自分としてはものすごい存在感があるわけです。なるほど結婚指輪というのは、この存在感で結婚しているということを意識させるという役目もあったりするのかもしれないですね…とか思いつつ、左手薬指に指輪をはめるとちょっとなんつうか独特の所作になるような気がするのですよね。

いやいやそんなことはないと思う御仁もおられましょうが、俺はなんか妙に左手の指の動きが変わった。で、だからなんだという話になるんですけども、以前の知り合いに妙に気が合わないタイプの既婚者がおりまして、その人の左手の動きがものすごくイライラする感じだったんすが、今の自分の左手の動きがその人とそっくりなのでなんかイライラするんですだ。既婚者特有のムーブっつう感じでなんかむかつく。いや結婚してなくても左手薬指に指輪をはめている場合はそういう動きになるんだろうけど。しかしなんか変な感じなんですよね。

[]リーヴさん

NOAH。今年もまたアパートマンション満室経営のリーヴの新CMの時期がやってまいったわけですけども今年も酷い。もうさあ本当に酷い。酷いと言われることは百も承知であろうといいますか、明らかに狙っているのはそこなんだろうけど、一年間これを見続けなければならない俺たちの絶望感たるや。なんかいろいろやってたけど全然頭に入ってこなかったですよ三沢さん。化粧は断ろうよ…。

2008-04-06

[]仮面ライダーピクサス

キバ。音也は毎週毎週やられているので、今週もやられたなという感じで安定感がありますね。この弱さは現代の恵に通じる所がありますよな。やっぱ血縁なのかもしかして。いやそんなことはともかく、過去でもイクサを使う人間が現れましたけども、やっぱイクサが出てくるとファンガイアの一匹も倒さずに済むわけがないんですよな。これからは過去でもファンガイアが倒されていくわけでしょうか。関係ないですけどイクサの電子音声ってなんかに似てるなと思っていたらロバートの山本がやっているC3POのしゃべり方だった。

しかし久々のライダー対決があったわけですけども、名護さんがおかしくなってる理由はお父さんとのあれ以外全く説明されず、常に上から目線であるのがすごい。上司に対してだって上から喋ってるしなあ。名護さんはいったいどこら辺の高さにまで登り詰めているのかが気になるところです。あとなんか来週の予告でものすごいバイクに乗っているキバが映ったような気がするのだけどあれはなんだ。なんなんだ。あと命を天に返すという言い方と命をもらうの使い分けはちょっと面白かった。あーあとあの最初の回の変態ファンガイアがやっぱり生きていたのでびっくりした。たぶんまだ死んでない。あいつは日曜の朝向きの変態じゃないような気がします。

[]飯塚さん

新日。稔はものすごくジュニアみたいな動きでロープに降ってぴょんぴょん跳ねたあとに膝十字にいったりするのでちょっと面白い。関節技への前ふりが長い。そして飯塚はいつの間にか天山とタッグを組んでいて、なんか孤独だからとりあえず組んでみたというような組み合わせがちょっと切ない感じであった。なんか昔からそうですよね。ちょっと余っているからタッグとか余っているから抗争させるとか。なまじっか技術には定評があって、ある程度の水準にいたる試合をするのでこんな風に便利に使われてしまうのだろうかね。後ろからはがんがん若手は来るし、一個上の世代はいつまでも一個上の世代で存在してるし。なんかちょっと仕事における自分の立場と飯塚を重ねてしまって切なくなった。天山はまだいけるはずなのでもっと頑張れ。飯塚に代わりに椅子攻撃受けてもらってる場合じゃないよ。まあ友情アングルもいいですけどね。友情なら蝶野とやってほしかったなあ。蝶野もう体動かないんだろうけどなあ。しかしそれにしても矢野は酷いな。

2008-04-05

[]性格バトン

チズさん(id:happyicecream)から回ってまいりました。ありがとうございます答えます。じゃんじゃんバリバリ。

  • 何型:A型。
  • 長所は:長いところはあんまりないすけどいい年なのでいい年にふさわしい感じになろうとしているところがちょっと長いところ。
  • 短所は:自覚している短所は結構いっぱいある。いっぱいあると書いてしまえるところが短いところ。
  • 泣き虫: 泣かない。まず泣かない。泣き虫じゃない先生。
  • すぐ怒る:おれを怒らせたらたいしたもんですよ。ああ。
  • めんどくさがり:めんどくさがりですけど面倒くさいと思わないようにしている。
  • 気分屋:昔、気分屋というサイトをやってる人と仲良くしてもらってたなあ。
  • 八つ当たりする:八つ当たりはあんまり自覚無いです。あんまりしてないとは思う。
  • 怒鳴る:大きい声を出すと疲れるので滅多にしない。
  • 命令する:命令じゃなくてお願いする。
  • 物に当たる:十代の頃あんまり頭に来たのでフローリングにパンチしたら手の骨と床を折ったことはあります。それから物には当たらない。
  • 優しい:優しくはない。氷の精神インプット完了。
  • 毎日笑顔:ウォーズマンスマイルを出したとき、相手は必ず死ぬ。
  • 遠慮なく何でもいう:基本的には遠慮しまくります。俺が今遠慮しないのは二人だけいます。
  • わがまま:ごく一部の人に対しては結構わがままなのかもしれぬ。
  • おとなしい:基本的にはおとなしいです。
  • 無愛想:金銭が絡むと愛想よくなりますよ。
  • どちらかと言うと姫?悪魔?:姫ではないので悪魔くん
  • ズバリ性格良い?悪い?:どす黒い塊は大事にしていきたいと思っているので良い性格してると思う。
  • 自分で思う性格:単純だけど面倒くさい感じの性格だと思う。
  • 人に言われること:あまり底を見せない感じとは言われる。
  • 男女関係なく友達の理想:適切な距離感をキープしてくれる人。
  • 好きな異性の理想:俺の優先順位が高めな人。
  • 最近言われて嬉しかったこと:おめでとう。
  • バトンの送り主の顔は見たことある?:ありません。あ、いや、見たことあったかな。ちょこっと見たような。
  • 送り主の印象は:マカロンの人。あとプロレスの出口の方から入門してきた感じのプロレスファンでありものすごく興味深いです。
  • 次に回す人:今眠いから思い浮かばない…。

[]タモリ倶楽部

料理のさしすせそにぽも加えようということでポン酢の品評会の回。とりあえず城咲仁がポン酢の会長だったのはいいんですけど、タモリ倶楽部で出てると嬉しい乾貴美子さんとYOUさんが一緒に出ていたので嬉しかったというか、盆と正月が一緒に来たような感覚であったわけですけども、なんかもったいないので別々に出てくれた方が嬉しかったかもしれないなあなどというようなことも思った。勝手だ。個人的にポン酢大好きポン酢があればとりあえずなんでも食えるであろうというポン酢信仰というかポン酢幻想を抱いているのでまあ普通に面白かったです。塩ポン酢は興味あるなあ。あああと最終的にマヨポン酢最強みたいな流れになっていたのでそれも素晴らしかった。

空耳は手ぬぐい一枚に耳かき一つにTシャツ一枚。なんか結構長いこと空耳の結果書いてると思いますけど三種類出たのってものすごく珍しいことのような気がします。

2008-04-04

[]からあげ日記

なんとなくここ一週間毎日朝食にからあげクンレッドを食べており、妙に達成感みたいなものがあるのですけれども、これで少しはからあげクンレッドのことが嫌いになったりするかと思ったら、ますます気になる存在っつうか、食べても食べてもまだ美味しいという感じでありますので、からあげクン恐ろしい子…レッド…て思いました。もしかしたら俺の体の1000分の1くらいはからあげクンレッドで出来ているのかもしれないとかよく解らないからあげクンレッド妄想をしている。しかし最近ローソンに行くのがちょっと怖い。からあげクンレッドがあったら食べないと気が済まないから…あげクンレッド…。

2008-04-03

[]「7月24日通り」 吉田修一

吉田修一がこんな感じの恋愛小説を書くこと自体が意外であった。という一点くらいしか書くことがないような気がする。わりとまっとうな感じの恋愛小説だった。ほんでなんか全体的にぽわぽわしてた。ずっと浮き足立っているというか。

あらすじはわりと地味なOLさんが自分の住んでる町をポルトガルリスボンになぞらえて一人遊びをするのが趣味ってこれまたちょっと地味な感じなんすけど、格好いい弟がいたり、なんか気になる上司がいたり、同窓会で片思いの先輩に会ったり、町で偶然出会った青年といい雰囲気になったりってあらすじでだいぶん先まで行ってしまったけど、あんまり地味じゃないねえ。こうして書き出してみると印象が違いすぎる。

お話としてはあんまりインパクトはない感じなんですけども、最初に書いたようにこれが吉田修一のお話ってのが違和感ありまくりで、たぶんまあ普通の恋愛小説を書いてみようって感じで書かれてるんだとは思うんですけども、なんかこう酷いことになったりするんじゃないかという感じがずっとあって、でもまあ平凡で、しかし恋愛的には色々あるんだけど別に…ねえ…って感じで感情移入するまでには至らなかったりして、ほんでなんか入り込めないうちに終わってしまったなあという読後感。

女性視点っつうのがこの人の小説だと珍しいのかもしれない。というかこの人って結構多作の人だったんですね。たまたまかもしれないけど、本屋行くたびに新しいのが文庫落ちしてるような気がする。とりあえずこの小説に関しては映画の宣伝という予備知識があったのであの面白そうな雰囲気だけ期待して読んだのでわりと見当違いだったんかもしれないっす。普通に読めばきっと普通に面白い。

7月24日通り (新潮文庫)

7月24日通り (新潮文庫)

2008-04-02

[]カイジが終わった

このまま終わったら限定ジャンケンでぼろぼろ泣いて、鉄骨渡りでぼろぼろ泣いて、耳切ってぼろぼろ泣いて、指切ってぼろぼろ泣いていたっつう、全体的にぼろぼろ泣いていただけのカイジ…!ざわ…ざわざわ…!しかもなんだか一文無し…!という感じの酷いだけのお話になってしまいますね…と思ってたら、一応続きをやるみたいなのでよかった。つうかこんなアカギとかカイジとか未完でいつまで続くか解らない福本漫画じゃなくて終わっているのをやればいいじゃないかと思うんだけども、福本作品で穏便に大団円で終わっているのって天ぐらいのもので、最強伝説黒沢はまあ…あれだし…銀と金もあれだし…無頼伝涯はもっとあれだし…天だってアカギ知らなかったらあそこまで感動的な終わりじゃなかったかもしれないしなあ。というか冷静に考えてみると天以降できれいに終わった漫画がないのですね。なるほど…。

[]マンモスさん

大日大戦。有刺鉄線ボードデスマッチ好きです埼玉という感じの試合だったんですけども、なんか改めて見てみるとものすごくお客さんが入ってなくて心配になってくる。これだけ血を流して痛い思いをしてもこれだけのお客さんしか集まらないのか…とか思うわけですけども、実際会場に行ったことのない自分などはあまり何も言う資格はないような気はするので好きです埼玉という感じです。あと先週触れた板垣あずささんは今週から登場しなくなっていたのでちょっと寂しかった。あんなにいやだったのに。

2008-04-01

[]離婚日記

妻が実家に帰ってしまいました。

という一言で今日の日記を済ませようとしたのですが、さすがの四月馬鹿とはいえ思ったより嘘でも自分にダメージがあったので嘘です嘘。エイプルルフルーリ。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |