のぬふ

 | 

2007-11-30

[]そうそう、それじゃない

相撲の横綱土俵入りで雲竜型ともう一つはなんだっけ…とど忘れしてしまったので、思い出そうと話をしていたらふと安産型というフレーズが出てきたので、そうそうそれそれって言いそうになったけどちゃんと不知火型って思い出せたのでよかったです。

2007-11-29

[]着メロて

最近の若い人に向かって「着メロただで取れるとこ知らない?」とか言うとかなりの高確率で「着メロっすか~(笑)」みたいな感じで返されるので面白い。着うたより着メロの方が好きな人だって結構いると思うんだけどなあ。16和音とかで感動していた世代ですもんよ俺。

[]マッスル牧場

べしゃり暮らしならぬめがね暮らしということで、藤岡の人が突然お笑いコンビのキャッチコピーというのを結成して単独ライブを行うまでっていうのをやってた。プロレス番組だっけ。これなー。ネタ自体が云々とかよりもこの人達はサブカル的なもので遊ぶのが好きだなあという印象が。サブカルみたいなのに包括されながらそれで遊んでいるというか。

つうかこの見始めたときにまたバカなことやってんなあ…と思っているのに、毎回一瞬くらいいいなと思わされる瞬間があるのでなんか悔しい。油断している分なんかガコンてスイッチが入るというか。まあ基本的にひどいんだけど。んで藤岡の人がミクシィのことをホームページっていってたのが面白かった。ミクシィで告知して客一人ってなあ。とりあえず藤岡の人の相方が素晴らしかったです。あの人素人なのかな。あとスタッフロール大喜利の所にあの人の名前があってちょっとびっくりした。

2007-11-28

[]かしん

ケンドーカシンのカシンて果心居士の果心から来てるっていう説を思いついた。

[]葛西さん

大日大戦。葛西純を見ていたら地肌よりも傷の方が多いようなそんな気がしてきた。しかも今回登場時から生傷負ってたからもんのすごいことになっててびっくりした。しかしものすごいデスマッチをずっと見ているせいか普通のデスマッチを見てもあーすごいなあくらいにしか思えなくなっているので、デスマッチのさじ加減て難しいよなあって思うんですよな。それをいったらプロレスそのものがそういう微妙なもので成り立っているような気もしますけど。ただまあ試行錯誤をしていくにしてもデスマッチリスクが高すぎますよな。うーん。

2007-11-27

[]もわん

この季節の温かい缶コーヒーが苦手なんです。なんか蒸気と共に缶コーヒー独特の甘い匂いが上がってくるのが我慢できない。そんで飲んだときのヌルッと感もきびしいのよね。熱くなくてぬるい。とりあえず甘みはブラック飲めばいいんだろうけど、基本的にコーヒーにはミルクをちょっとだけ入れたい派なので、超熱くてちょっとだけミルクを入れた缶コーヒーがあれば飲めるかもしれん。しかしコーヒーは飲みたいのでどんなに寒かろうが冷たい缶コーヒーを飲むわけであり、コーヒー買ってもらうときに「冷たいので」って言うと怪訝な顔をされたりするのは余計なお世話なんだぜって言いたい。

あとお酒の類も温めるとなんか苦手なのでいっつも氷を入れて飲んでいる。なんかこのもわんつうのが苦手なのよね。そのうちいけるようになるのだろうか。もわんもわん。

[]いまだにテープなのかという問題

ビデオテープって半永久的に重ね撮りで録画再生出来る代物だと思っていたりするんだけど、たまに新品のビデオテープを使うと永遠なんて無いんだね…って思ったりする。

2007-11-26

[]天パ日記

実際にそうなったら嫌になることの方が多いかもしれないし、そのことでつらい思いをしたことがある人などには怒られてしまうかもしれないですけど、なんでか昔から天然パーマの人に憧れてしまうところがあります。人工パーマじゃ駄目。天パに限る。もっさもさになりたい。天然で。

職場にものすごい天然パーマがいるのですが、今までリンダマンであるとか花木九里虎であるとかパパイヤ鈴木であるとか鶴見五郎であるとかそんな風に言われていたらしく、じゃあってんで俺はバッファローマンみたいだねって言ってあげたらば、誰ですかそれ?という風に言われたのでバッファローマンはどういう超人かということについて懇々と説明してあげました所、最近サービスでハリケーンミキサーをやってくれるようになってよかったです。

でも普通に2000万パワーなどといって間違えるので、違うよモンゴルマンと組まないと2000万パワーズにはなれないので1000万パワーでどんな技も粉砕してくれるわだよと教えたりしている。悪魔超人とか。悪魔がいるなら天使超人がとか言われてなるほどそういうビックリマンみたいな方向性もありかと思ったりもした。

[]彰俊さん

NOAH。久々に普通に燃えた。俺はなんでだか斎藤彰俊が好きらしい。あの誠心会館の時代から知っていることもあるし、ちょうどプロレス見始めてちょっと経った頃で、初めて本格的な抗争というか殴り込みみたいなそういうプロレス的に面白かったものを見せてもらったのでその頃のイメージが残っていたりするのかな。元々空手家で不器用は不器用なんだけど、デスシリーズを開発してからはきちんとプロレスするようになったし。そんで同じく堅太りのアイアンクローを使う大森じゃなかったバイソンスミスも俺はわりと好きなので、ちょっと食傷気味の丸藤やら杉浦と試合しているのを見て燃えたのであろう。この勢いだったら獲るかと思ったんだけど負けちゃって悲しい。最近のノアのタイトルマッチは勝って欲しい方があんまり勝たないのでちょっともやっとしたものが残る。まあしかしバイソンと彰俊はいいタッグチームになれそうなのでもうちょっと組んでいて欲しいすな。

2007-11-25

[]風林火山

あれだけ違和感の塊であった亀治郎が今ではもうすっかり武田信玄に見えているので役者ってすげえのなあと思った。役者がすごいのか人間の適応能力がすごいのか。勘助もハゲになってからますます勘助になったような。それに比べてGacktがなあ。謙信のイメージってあんな感じだったような気もするんだけどそれにしたってなあ。「こんな戦国武将はいやだ」とかあったら色々あげたくなる部分が多そうな感じである。そしていよいよ川中島ですな。あと三回。金三掬い。

[]ボノタイガーさん

新日。永田祐志はヒゲ生やしたらいいのになあと思う。どうせもうあんな顔してるんだから何やってもいいと思うのでなんかやって欲しい。ダン・スバーンみたくなればいい。中邑の復帰戦はバーナードがよかったです。いい仕事します彼。なんでもいいけど中邑につきまとう嘘くささを誰か払拭してくれないか。何をやっても嘘に見える。嘘っぽいものも本当に見せるのがレスラーなんじゃないのかなあ。そんなことを考えてしまうくらいなんか駄目だ。中邑にしろ棚橋にしろ嫌いたくて嫌ってるわけではないんですけども。基本的にプロレスラーは全員好き的な人間ですのに俺。そんでもってボノはボノだった。

[]仮面ライダーDXキングライナー

電王。やっぱ電王の主役ってゼロノス組なんじゃないのかという感じがするっすな。こっちの方が面白い。桜井君てお母さんみたーいというのには少し笑った。とりあえず今回のイマジンて超必殺技のクロスアタックで倒すほどの強敵でもないよねえと思いつつ、去年の今頃も誰かダンプに襲われていたような気がしました。気のせいかもしれません。つーか本当に電王個体の方がいいと思います。合体しちゃ駄目。あとそろそろ来年のライダーネタが出てもおかしくないような気もしますけどそこら辺はどないな感じなんでしょうかね。来年はもう見ないかもなあ。

あとキングライナーは別に合体しなくてもいいじゃんかとも思った。あといいねいいねすごいねて。

2007-11-24

[]タモリ倶楽部

公園でキノコ狩りしようの回。ここにFUJIWARAが出ていたのがなんか不思議な感じであった。藤本とかタモリさんが嫌いそうな芸人のような気がしますけど。どうでもいいけどタモリさんが一番好きな芸人てやっぱ爆笑問題の太田なんですかね。わかんないですけど。キノコ狩りはわざわざ台風の日に行われたらしくてグダグダのままで進行していましたな。台風の日って事はあの日か。やっぱ収録日って土曜日なんですねタモリ倶楽部。最終的にはスーパーで狩ったキノコを焼いて食べていました。エリンギを松茸にする方法などという豆知識を披露しておられた。あと梶原善さんはほとんど笑ってるだけだったので色んな意味でいいなあと思った。

空耳は埼玉!ということで手ぬぐい三枚でした。

2007-11-23

[]四次元カバン

最近無造作にガムをカバンの中に放り込んでいるので、何気なくカバンをまさぐると高確率でどこかから粒ガムをひらうことが出来るので非常に便利だなあと思っているのであります。

[]祝日日記

勤労感謝の日ですらバリバリと働いてしまうような職業に付いている自分らなんぞは当然土曜日も仕事だったりするわけなんですけども、それでも土曜日はなんとなくゆるい気持ちになれるので世間一般の人々はどんどん土日休んでくれるといいと思うのである。

しかし日曜になってしまうとなんで自分らは日曜日にまで働かないといけないのか…と思ってしまうんで、そこら辺は微妙な感覚の違いですよな。せめて赤い日くらいは休みたい。つまり今日も休みたかったわけである。勤労を感謝されたかった。

2007-11-22

[]多分

最近まあわりと忙しいんですけども仕事がつらいとかあんまり思わないようにしている。本当につらいと思ってしまったらその瞬間から一歩も動けなくなるような気がしているからなんだけども、なんかまだまだ余裕がある人みたいに思われててごんごん仕事を振られてしまうのだけどつらくない!たぶん!

[]マッスル牧場

アリー・舞・LOVEだそうです。とりあえずなんだかとてつもなく酷いものを見せられているというか、これが…!三文芝居…!というようなものを見せられているのにも関わらず、何故か非常に面白いというよくわかんない感覚が。これは新しいんだろうか。なんかガキの使いの悪ノリに近いものを感じる。

なんだか藤岡典一が週一で仕事に来るけど失踪してるという話から726の嫁の舞がうどん屋になってしまった726に対してプロレスで目を覚まさせようと、厳しいトレーニングをした結果つけ爪が爪ごと剥がれてしまったけど、けなげに練習を続けてダスティを習得して726を倒すという話になったのだけど、とりあえず体力がないから肉を食べようと思ったけど発想を変えて腕に鶏むね肉を巻き付けて放つ鶏むね肉ラリアットを会得して726の所に行ったら踊ってうどん食って鶏肉は食べるためにあるという結論に。なんだこれ。

なんだこれなのに面白いのね。ううん。とりあえずアントーニオ本多の演技力はすごいですよね。なんかいつでもわりと素の感じがしてすごい。嘘くさすぎて本当っぽいというか。あと女の人が出てきたので早くもおっぱいに行くのか…と思ったら違ってた。

2007-11-21

[]なんかよくわかんない

その昔学校に通っていた頃に、誰か一人を椅子に座らせて四人がかりでそれぞれの指二本くらいを用いてその人だか椅子ごとだったかを持ち上げようとしても持ち上がらない。が、しかし何かをするとひょいと簡単に持ち上がるという遊びがあったような気がするんですが記憶は定かではないし、何をすれば持ち上がるのかも忘れてしまったので、とにかくもうなんだか解らないこと尽くしだけども、今更それを知る術もないし頑張って調べるのも癪に障るので調べない。しかし同時期にひたすらラリアットをする遊びが流行っていたのは覚えてる。いつでもどこでも隙あらばラリアットを放つ遊び。なんという危険な。俺はハンセン派だったので空想の左腕サポーターを触ってからラリアットを放っていたよ。

[]小澤さん

大日大戦。メンズクラブがどうのとかいうやつ。なんかつい最近見たような気がするので試合自体は既視感があったんですけど、ウルフ小澤という選手がよかったです。怨霊みたいで。ねえ怨霊さん。しかしテイオーはなんだかよく解らないけど普通に大物感が漂っていてすごい。むやみな大物感。あとガールズなんちゃらに出てるあの子はいいしゃくれ。

2007-11-20

[]やけい

「わたしは誰とでも夜景を見に行くような女ですよ!」みたいなことを言ってる人がいたのでなんかそれちょっと新しいんじゃないかと思ったんだけどそうでもなかったようななんかよくわからない。

[]はじめ

なんにもない人は自分にはなんにもないということに本当に気がついた瞬間から人生スタートなんでねえかなあとか思ったりするんですよね最近。

2007-11-19

[]嫌な分け方

世の中には手を豚に出来る人間と出来ない人間の二種類しかいない。

[]わりとすぐ実現できそうな感じでもある

あの、演歌なんかでよく使われている「カーーーーーー」だか「ガーーーーーー」だかの変な音が鳴る楽器が欲しい。そして人生のいろんな場面であれを鳴らしていきたい。ガンガンに鳴らしていきたい。

[]三沢さん

NOAHROHで三沢とKENTAGHCヘビー級タイトルマッチをやってたんですけど、しみじみと三沢薄くなったなあと思った。つうか三沢はどうやってこのベルトを落とせばいいんでしょうね。今現在の三沢光晴が持っていなければいけない必然性が感じられない。棚橋のIWGPよりも薄い。三沢が強いのは解るけど同じくらい衰えも感じるしアパートマンション満室経営だしここら辺でそろそろ新たな展開を見せてもいいんじゃないでしょうかね。なんつうかなんの期待も驚きもないんですよな今のタイトルマッチ。あるのは全盛期に全く及ばない三沢光晴の姿という感じであり、アントニオ猪木がまともに動けなくなってキラー猪木になったように三沢もキラー三沢になってしまったんかなあと寂しい気持ちになるばかりで。あとモリシは今日もぶよんぶよんだった。ブヨンだなもう。

2007-11-18

[]風林火山

景虎キモイ。というかやり過ぎじゃあ。

しかし時代ものを見ていると思うのだけど輿に乗ってる人たちって暇そうですよね。横になれるわけでもないし揺れるし外の景色もずっと見られるわけじゃないし。話し相手だっていないっつう。寝たら寝たで落っこちそうだし。あれは結構つらそう。ともかく第四次川中島は近づいているわけで物語が収束していく感じのなかで伝兵衛にはどういうオチを付けるのだろうなあというのが気になるのであります。それにしても氏康と景虎って濃いよねえ。濃すぎ。

[]後藤さん

ワープロ。棚橋vs後藤のIWGPヘビー級タイトルマッチ。後藤といっても達俊の方じゃなくて洋央紀の方です。とりあえず棚橋を見ているともうええて!という気持ちになる。ドラゴン殺法もうええて!スリングブレイドもうええて!しょっぱいマイクもうええて!という感じなんだな。単純に自分が嫌いなだけだと思っていたけど、なんか棚橋はレスラーとして痛々しすぎる。なんかみていてうわあ…てなる。後藤の方はまあ普通のパワーファイターっぽい戦い方であって面白かったんだけどなんかが足りないような気もした。こっちが見慣れていないという問題なのかも知れないっすけど。とりあえず持ち上げて前に落とす技に入るときにブレーンバスターとかを織り交ぜるといいのになあとかなんとか。

中邑と真壁はいつまでも中邑と真壁って感じであった。普通に中邑の踏み台なんだろうな真壁。別に最近の真壁はそんなに好きじゃないけど中邑よりはマシだからなあ。というかいつからか新日本を見るときはマシな人を探すようになっているような気がする。無理して見なくてもいいんだけどな。

[]仮面ライダーデネビック

電王。何が何だかよく解らないけどとりあえず今までのストーリーの意味合いだけは教えていただいたという感じです。詰め込むだけ詰め込んで。にしてもなんで男二人で遊園地デートしなければならないのかしら…。とりあえずカイってやつの目的と今までイマジンを送り続けてきた方法というのが明らかになってきたので、これはもう本格的にあのカイってやつがラスボスということでよろしかったでしょうかという感じです。いやでもなあ貫禄がなあ。なんかもっとこうイマジン首領みたいなのが出てくればよかったのにね。すんごいおどろおどろしいの。あーでもカイも暴走してギガンテスかなんかになればいいのか。

んまあそんなことはともかくオープニングが今週から変わったのは本来のハナの人が戻ってこないつうあれなんでしょうね。そうかー戻ってこないか。

2007-11-17

[]タモリ倶楽部

サンマが大漁なのでせっかくだからおいしくきれいに食べようという回。なんだかよく解らない企画意図ですがこういう時のタモリ倶楽部は面白い。というか、サンマのハラワタって食べるのか。普通食べるのか。普通に食べるのが当たり前みたいな感じになっていたのでカルチャーショック!という感じでした。腑かあ。いかにハラワタをよけて食べるかというところに留意して食べていたのになあ。今度から食べてみるべきかしら。とりあえず時間の無いときに急いでサンマを食べる方法にちょっと感動したので見てよかった。

空耳は耳かき二つに手ぬぐい一つ。耳かきよりも手ぬぐいを出すときの流しっぷりに驚いた。

2007-11-16

[]ガムガム

ちょっと冒険して新しいガムを買ってみてまずかったらまわりの人に配ってまずさに同意を求めるというような事を繰り返している最近。この行為は何かでやってた事があるなという既視感を覚えたのだけど、煙草を吸っていた頃に全く同じようなことをしていたのであった。

[]見事な配合ですね日記

仕事で知り合った人が絶妙にマサ斎藤ヒロ斎藤をブレンドした感じのお顔立ちをされていて、マサに似てると言えば「あー」という感じだし、ヒロに似てると言えば「おー」という感じなのでさてはマサヒロ斎藤であり正洋斎藤であるなと思ったのだけど、残念ながら蝶野正洋には似ていなかったんだっちゃオラエー。

2007-11-15

[]「三国志 8」 北方謙三

北方三国志も中盤からだんだん後半に差し掛かって参りましたが周瑜が死ぬ巻ですなこれは。周瑜って正直見せ場が赤壁しかないといいますか、その赤壁ですら孔明に翻弄されて、そして怒ってはいけないのに怒らされて死んでしまう美男子という感じのイメージだったのだけど、孫策絡みのエピソードが印象的であったので、周瑜あってこその呉という感じでその存在もまた大きかったのであった。

そして周瑜が狙った天下二分の計というのがどのようにして達成される予定であったのかとか、何故周瑜が死んだだけでその計画が頓挫したのかとかそういう状況というのをくどくど説明することなく、だけどこれまでのどの三国志よりも解りやすく説明してくれているようなそんな感覚があった。基本的に北方三国志って親切なのよね。まあ主観が入りまくっている上にオリキャラが出てきまくるのでこれが正しい三国志とはいえないんだろうけど。

その周瑜と比べてホウトウがあっさりと死んでしまうのよねえ。軍師としての冴えをほとんど見せることなく、最後は劉備に慰められながら退場という。孔明と並ぶ存在とはいえこのようなところで死んでしまうということはそこまでの男であったという感じなのかなあ。でもまあどんな三国志でもこの人あっという間に死んでしまうんですけども。

あとは馬超が相変わらず男前過ぎるのと張衛のいろんな意味での裸の大将っぷりが面白いです。ほんで関羽張飛趙雲孔明もいない劉備軍というのがわりと新鮮であり、益州攻略のときってこんなんだったっけ…という感じがするくらい初めて読んだような気がした。この辺いろんな三国志で何回か読んでるとは思うのだけども。しかしここに来てわりと積極的な劉備が見られるのは嬉しい。だいたい人の国を獲ろうとしているのに徳の将軍もへったくれもないよね。へったくれってなにかね。

んで北方三国志読んでると戦争してるのに兵士が増えていったりしてるのが不思議でしたが、行く先々で敗残兵を取り込んでいったり多分志願兵がいたりとかしているわけなんすな。中核がいてそこから増えたり減ったりっつう。この辺の感覚と距離の違いと揉むについて把握しておけば北方三国志をより普通の感覚で楽しめるような気もする。あと五巻かあ。

三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

[]マッスル牧場

三回にわたる公開収録最終回。初めてテレ玉でマッスルのプロレスを見た感じである。これは面白いものだ。とりあえず趙雲子龍の入場テーマがポリスストーリーだったので中国だったらなんでもいいのかよ…という気持ちになった。つうかあれ香港だし…。そんなことはともかくラム会長ですよ。666ってもっと硬派な怪奇派団体なのかと思ってた。怨霊と宮本くらいしか見たことなかったしなあ。あの体躯でチョークスラムを必殺技にしているというのには感動すら覚えました。アンダーテイカーみたい。ある意味最強ですよねラム会長。格好いい。

とりあえずアントーニオ本多はわりとまともなプロレスが出来る人なのだなあということが解ってよかったです。とかなんとか思いながら見ていたらマッスル坂井怨霊の試合がスローモーションになって666万円を勝ち取るのかと思ったらバカ社長のコンピューターグラフィックスラリアットで新宿炎上になって最終的には賭けプロレス自体がマッスル坂井のサプライズ誕生日パーティのための演出ということでオチが…オチたのか。

これはまあ非常にいいものを見たなあという感じが残ってますけど、プロレスってまだ引き出しがあるんだなとか今更のことを思った。他の人らがマッスルすごいつってたのには納得せざるを得ない。プロレスの上澄みだけ掬っているような。いや底をさらってるのかな。マッスルからプロレスに入ったあの人とかあの人がわりと羨ましいような気もする。あとマッスル坂井が同い年…。

2007-11-14

[]最近の疲れてるのかな俺日記

車を運転して家に帰ってきて駐車場に止めるときに今日はなんかちょっと苦しかったな…と思いつつシートベルトを外した瞬間に運転席のシートベルトを助手席のシートベルト受けに差し込んでいるのに気がついたときにちょっとお疲れね…って思った。

[]金村さん

大日大戦。デスマッチのない大日本プロレスって安心して見られるなあ。久々に見た金村キンタローが最悪な状況の橋本真也ばりの肩の負傷で全然動けなかったのが印象的だった。あそこまで動けなくなってたんですな。そして関本大介佐々木貴やら宮本裕向辺りと絡むのはなんとなく新鮮ではありました。同じ団体にいながら滅多に交わらないという所に価値があるのも面白い。しかし関本も過去にデスマッチやってると思うんですけど出来ればあんまりやらないで欲しいものだなあと思ったりもする。デスマッチデスマッチのプロに任せておけばいいではないかとか。それにしても葛西純は普通のプロレスやらせても本当に上手いことよ。

2007-11-13

[]着信音日記

いい年の大人のくせに携帯電話に着メロなどを使用しておるわけですけども、起床時のアラームに設定している音とか仕事の電話がかかってきた時のみに鳴る着メロなどはわりと嫌いになる傾向があるというか、一時期仕事の着メロをスタン・ハンセンの入場曲であるサンライズにしたり蝶野正洋のクラッシュなどにしていたりしてテレビなんかでその曲が流れる度に一瞬憂鬱になったりしていたので、あんまり耳にすることはないけど自分は好きという炎のキン肉マンを着メロにしていたのだけど、最近ちょっとうんざりしてきたのでいつだったか脳内メロディとして延々ループしていたスペランカーの音楽にしてからはあんまり気にならなくなったのでスペランカーありがとうという感じである。

[]第一回チキチキ昔住んでたちょっと恥ずかしい住所選手権

尻手

2007-11-12

[]柴咲コウさん

柴咲コウさんが昔からとてつもなく気になる存在だったんですけども、それはなんでなんかなあって色々と考えてみたりしたところ、普通にファンであるとか好きとかの感情ではなくて、普通にありえないけどもしも一緒に過ごす時間があったとしたら一日に何度も「怒ってるの?」「別に」というやりとりを繰り返して「怒ってんでしょ?ねえ?」「怒ってないって言ってるでしょ!」「ほらやっぱり怒ってる!」という状況を容易に想像できるからであり、俺の人生において何度かあったこの状況を思い出してこういう時にしつこく聞くとこじれるんだよなあというのを思い出して柴咲コウさんを見るたびになんかいたたまれない気持ちになっているからなのではないだろうか。あれだけいつでも不機嫌じゃないけど不機嫌そうな感じを醸し出せる女性てなかなかいないような気もする。

[]聞いた瞬間ちょっとジョジョっぽいなあと思ったフレーズ

イベリコ豚はドングリしか食べない」

[]朝日ソーラーじゃけん

あんまり意図してないのにわりと最近爆笑を誘ったフレーズが「ウチは子供の頃一家揃って仁義なき戦いを見る一家でした」だったんですけど、俺の中ではわりと普通のことだったので心の中で文化が違うと思っておきました。

2007-11-11

[]風林火山

先週のなんだかよくわかんない展開は今川が織田に負けるのはその前に武田にちょっかいを出してしまったことにあるのよねー!というための回であったのか。なるほど。武田悪くないという。色々な点においてものすごい大仰な今川義元というより谷原章介さんの独壇場の回であった。なんかちょこっとだけ不安な感じもあるのよね…というのを名門の自信でねじ伏せて頑張って勘助嫌いだから言う事聞きたくないっつーかあんなやつの言うこと聞かなくても楽勝!ってなったところで狙撃された時の今川義元の顔は素晴らしかった。武田信虎が門前払いされたときくらいのいい顔。

そうそう信虎といえば武田信玄もとうとうクルミをこりこりするようになってしまいました。なんだ、武田家の頭領はボケ防止が好きなのか。それとも酔拳でも始めるのか。ともあれ今週は長いことかけて描かれていた義元と勘助の間の確執がうまいこと終着した感じであるなあという回であった。面白かった。あとオープニング見てなかったんだけど織田信長って誰だったんだろう。あえて登場させない感じなのかしらね。第四次川中島くらいまではあんまり武田と絡まないような気もするので出てこなくて正解なのかしら。

[]ミラノコレクションさん

ワープロワープロというのはワードプロセッサのことではなくてワールドプリンスメロンのことであり世界に通用するメロンのことではないのでワールドプロレスリングのことであります。トムコとバーナードがなんか優勝してました。なんかよく解りません。しかしまあチャンピオンが普通にリーグ戦を優勝するというのもねえ。普通だねえ。まあそれはともかくとして来年の東京ドームではこの二人vsスタイナーブラザーズだそうですよ。リックはともかくスコットは大丈夫なのかしら。動けるのかしら。見たいけど怖い。

棚橋と後藤はここで後藤が勝たなかったら面白くないような気がするのだけど、それはもうもちろん棚橋のことがだいっきらいであるからでして、本来の自分であればここで後藤洋央紀がベルト獲るのは早すぎると思うんだけど、棚橋憎しという思いだけでどうしても後藤を応援してしまうので棚橋って天性のヒールなのかしらねえというような気もする。最近のヒールってどこか格好いいじゃないですか。そういう部分が一切ないという意味でもすごいヒールだよなあ。あとミラノコレクションを見るたびにイタリアじゃねえよなあ…と思う。アントーニオ本多の方がイタリアっぽいもんな。

[]仮面ライダーてんこ盛り

電王。久々に泣けるでえという感じであった。電王見ててよかったなあと久々に思えたのでいい回でした。つうかかりそめの未来を見せてそういうのもありかな…て思いかけたときに、やっぱそれじゃねーって元に戻るっつう展開はもう何回もいろんな所で見たような記憶があるけど、やはり本来の流れに戻るときというのはいいものであり、あっさり戻ってきた侑斗ですけども侑斗は早く戻ってくるべきであったと思われるのでやっぱりよかった。だってデネブが侑斗って誰?って言ったときはわりと焦ったんですぞ。

んでやはりカッコは悪いけどライナーフォームに比べたらクライマックスフォームの安心感て素晴らしいものがあるよねえと実感した。あとライダーキックの当たり判定の大きさね。あとまあ侑斗は今の侑斗の記憶まで使い始めたということで哀しみのサビ色ゼロノスになってしまったんですなあ。戦う度に人の記憶から消えていくヒーローってやっぱ結構悲しい。で、今まではなんでそこまでして戦うのかと思ってたけど、イマジン達の狙いが桜井さんであると知れた今になるとなんとなく納得といいますか、ようやくというか久々に話の流れに乗れた感じである。そりゃそうですよなラストまであと二ヶ月ちょっとしかないんだからここら辺からクライマックスに持っていかないとねえ。いくらおはようからおやすみまでクライマックスとはいえねえ。あとデネブはやっぱり兵器だったのでよかった。あの銃口は多分指なんだろうな。ということはサビ色ヨロシク仮面はないということか。それはちょっと寂しい。あと最初の歌はキンタロスが酷かった。だがそれがいい

2007-11-10

[]まさに俺のことですけど

陸上をやっていた人の大半は短距離とか長距離とかの話になると「中距離が一番つらい」というようなことを必ず言うんですよ。実際そうなんですけど。さらに一部の人は「中距離は格闘技」的なことも言いますけどそんなこと言ったってあんまり伝わらないものだと思うのですけどもどうなんでしょうね。でも言いたいんだもん。

[]タモリ倶楽部

追悼カール・ゴッチということで名手のジャーマンスープレックスを鑑賞しようの回。タモリ倶楽部プロレス的なもの見るのってものすごい久しぶりなような気がする。というか今まで見てきたいろんな世界の神様を追悼したりしてなんかやっていたのはその手の世界の人たちにとっては俺たちがこれを見るようなものだったんですよなあ。とりあえず山本小鉄の奔放な眉毛が気になってしょうがなくて集中できなかったんですけど、いいジャーマンをたくさん見ている内に妙に幸せな気持ちになってしまって駄目だった。俺の人生の楽しみの上位を占めるプロレスタモリ倶楽部が一緒になったらわけもわからなくなるわ。とりあえずテレ朝なので新日本の映像ばっかりなのは当然ですなーと思って見てたら最後に関本大介が出てきたので驚いた。タモリ倶楽部関本大介が登場することがあろうとはなあ。あとまあ一番印象に残ったのはザ・コブラですよね。個人的に世の中で一番すげえと思ったジャーマンはゲーリー・オブライトのジャーマンですよな。あれはもうなあ…。今週は本当にあっという間に終わって寂しかった。五時間スペシャルくらいでやって欲しかった。

空耳は耳かき二つに手ぬぐい一枚。あれだけ聞こえるいってたらTシャツくらいは出るかと思ったが。

2007-11-09

[]美容院日記

過去に自分は髪を切ってもらうときに自分の注文を押し通すことが出来ないヘタレに成り下がってしまうという悩みを何度か書いたことがあるのだけど、先日髪を切りに行った初めての美容院はなんか来るところ間違えたかしらん?と思うくらいに丁寧な美容院で、店員さんは全員女性でありまあそれなりに見目麗しい方ばかりだったんで、おお、なんか当たりっぽい所に来てしまったぞなどと思いつつ、やはりこう、頭を触られる時におじさんのごつい手より女性のたおやかな手の方がよろしいですよね…などと気持ちの悪いことを考えつつチョッキンチョッキン切られていたらいちいち色々聞かれるので戸惑ってしまった。

今までの断髪経験では最初に大まかな雰囲気を聴いて途中で「もみあげは?」とか言われて後頭部を鏡で映されるくらいのものでしたけども、これがここの美容院はいちいち聞いてくるのである。だからまあ自分の理想の髪型に近づけるという目的においてはかなり有利なのだけども、なんかだんだん面倒くさくなってくるのである。もうさあ、あなたプロでしょ?任せたんだからあなたの思うようにやってくださいよ!くらいのことを思ってしまうんですよ勝手ですね非常に。

そんでだんだん面倒くささの極みに達するとまあ大体で…とか適当で…くらいのことしか言わなくなってしまうので、結局の所聞かれようが聞かれまいが完成形はいつも結局あんまり変わらないのでもう面倒くさいから今の自分の髪型を撮影してそれを持って、次回からはそれを提示して「こんな感じで」とか言うのが早いような気がしてきた。あ、これ今思いついたけどなかなかいい考えじゃないか。ただその写真を持っているところを見られるとどれだけ自分のことが好きなんですかあなた…とか思われるような気がするので余人の目には触れぬ所に置いておきたいところですね。

[]むしゃむしゃ

突然思い出したというか当時結構好きだったんだけど、武者ガンダムを最初に考えた人の思考回路を知りたい。後発の騎士ガンダムとかに関してはそれほど衝撃ではなかったんだけど、今考えるとなんで武者。しかも武士じゃなくて武者。ああでも書いてる内に思い出してきたけど初出はプラモ狂四郎だったような気がしてきた。ああそうかも。プラモ狂四郎なら納得である。あの作者なら。あとパーフェクトジオングプラモ狂四郎だったような気がするのだけどおなじ並びでパーフェクトガンダムもいましたよな。ジオングが一応未完成なのは解るけどガンダムって完成品だよなあと思っていた昔。

2007-11-08

[]会って酒飲みたい

普通の会社員とかなのにも関わらずテリーマンに憧れて両肩に黄色で☆印の入れ墨を入れてる人がいたらじっくり話をしてみたい。本家ですら着脱可能なのに入れ墨してしまうという入れ込みよう。多分どっかにいると思うんだよな一人くらい。

[]ソニンさん

つい最近までソニンさんのことを考える時間なんて人生においてほとんど無かったのですがtomboyだかなんだかいうユニットにおける眼鏡をかけたソニンさんを見てしまった瞬間になんか得体の知れないソニンさん的なメガネさん的な何かに取り憑かれている感じであり、それ相応に気持ちが悪いのですが、さらにはあのソニンさんの完成度たるや…みたいなことを素で思ったので、ねえねえおたくさあ完成度って何よ…てな感じで本当に気持ちが悪いことよのおと思ったりしつつPVを見たりするよ。

[]マッスル牧場

ねえ怨霊さん?ということで、公開収録パート2を見た。しかし普通に口頭で「笑止」って言ってるやつ初めて見たよ。漫画でだってラオウくらいしか言ってるの見たときないです。つうかもうなんかよく解らない雰囲気で暗黒プロレス組織666にちなんで666尽くしであり、大家さんが闇タロットで借金を作ってしまい、闇金にて十日で66.6%の金利でどんどん増えて今日でちょうど666万円の借金になってしまったので会場を移動して賭けプロレスで返済とかいう展開があるわけですけども、なんでそこは闇プロレスじゃないのかちょっと不思議であった。

ともかくプロレスが始まるわけですけども初っぱなの先輩選手からしてもうわけがわからない。だって何もしてないよ。これが…マッスル…!て思ったけど多分違うような気もする。ともかく今週一番面白かったのはアントーニオ本多が勢い余ってマッスル坂井の顔にいいのを一発入れてしまった所でした。あと人に指摘されるまで気がつかなかったけど、俺の中のマッスル坂井はいまだにアフロなんですけどだいぶ前にアフロじゃなくなってたみたいである。

2007-11-07

[]なべ日記

ちょっとでも体感的に冬を感じると必ず白菜と豚肉の鍋もしくはほうれん草と豚肉の常夜鍋なんかを食したりするんですが、基本的には白菜もしくはほうれん草と豚肉を大量に土鍋にぶち込んで酒をぶっかけ!おもむろに!煮る!とりあえず煮る!グワッと煮る!煮終わる!ポン酢ばっしゃー!食う!という感じのお手軽さがかなり気に入っておるわけでありまして、とにかくまあこの季節になりますとポン酢考えたやつはマジ天才だよなあ…なんて事をよく思ったりするんですよね。

[]小林さん

大日大戦。デスマッチヘビー級王者決定戦。444本蛍光灯デスマッチてなあ。もうなんといいますかほとんどやけくそ状態ですよね。とにかく蛍光灯を割っていくという感じに。ほんでアブドーラ小林が本当にプロレスが下手というか大体の技が未完成な感じがして逆に怖い。もうちょっとブッチャースタイルを本格化した方がいいような気もするけども、この試合に関しては不器用な感じがいい方向に出ていて面白かったような気がする。

ただもう蛍光灯を割りまくるだけのデスマッチとしてはこの辺が限界なのかなという感じも。これ以上行くとリングを蛍光灯で覆うくらいというかもうリングを蛍光灯くらいにしないと追っつかないような。それにしてもこういう試合では日韓さんの蛍光灯捌きの上手さが際立ちますな。あの片付けテクはちょっと真似できない。あとアブドーラがタイツを脱いだときに下半身だけが綺麗なものだったので布一枚でかなりのダメージ軽減になるのだなということを学んだ。そしてこれだけ恐ろしい試合を見たあとにガールズプロレスキャンプ…。くっ…。

2007-11-06

[]しらたき冷麺

最近こんにゃく麺であるとかしらたき麺であるとかのこんにゃくを主体にした麺類が発売されているのを目にするのだけど、十五年くらい前に冷麺というものを初めて食した俺は焼き肉屋に行くたびに冷麺を食べるくらいの冷麺好きになったので、わりと頻繁に冷麺が食べたいものだ…!という欲求が発生していたのだけど、そのたびに焼き肉屋に行くのはなんだかなあという感じだったというか冷麺だけが食べたいのに焼き肉屋に行ってしまうのってどうなの?という感じもありって何回かは行ってみたことあるんですけど、なんか気が引けるので自宅でお手軽に冷麺を!という事でスーパーに行ってインスタントの冷麺とかないものかと思ったんだけど当時はまだそういうのがなかったんだか高かったんだかしたので、しらたきを酢の冷たいスープに入れて食べたらそれっぽいんじゃねえの?とか思って食べてみたらそれはもはや冷麺とは全く別ものであったのだけど、それなりには食べられるものであったのでそれからしばらくの間はちょくちょく食べていたのをこんにゃく麺とかしらたき麺を見る度に思い出すのですけども、今思い返してみるとかなり貧乏な味がしたような気がするなあれ。今ほど基本的な調理技術を身につけてなかったからかもしれないけど。久々にやってみようかなあれ。

[]バイオハザード2アポカリプスを見た

テレビでやってたやつ。ラクーンシティであるとかアンブレラであるとかジル役の人の動きが非常にゲームのバイオハザードの動きを踏襲しているとか追跡者のくだりとかは非常によく雰囲気が出ていたのにミラ・ジョヴォヴィッチがバイクで特攻んで来た瞬間にミラ・ジョヴォヴィッチが無敵なだけの映画になってしまったのが面白かったです。あとこの映画なんかに似てると思ったらエイリアンっぽいのな。脳みそがあんまり元気がないときにはこういう映画を観ると必要以上に面白いような気がする。

2007-11-05

[]ディーロさん

NOAHRO&Dと丸藤杉浦のGHCタッグ王者戦。久々にものすごい力の差がありつつも勝つべき方が勝ってしまう試合を見たような気がする。だってRO&D超強いというかディーロとブキャナンが強かった。丸藤と杉浦はいつも通りといいますか連携もほとんど無い感じのタッグチームでタッグ屋としての力の差みたいなものが大きかったなあと思ったりさせられた。ジュニアとヘビーの差と言ってしまえばそれまでなんでしょうけど。とりあえずディーロが武藤ムーブでシャイニングウィザード三連発などを繰り出しておられましたけども基本的には全日本プロレス所属ということでいいんですかねこの人達。最近そこら辺にも疎い。あとプロレスLOVEポーズが微妙に間違ってた。そこら辺は解る。

[]ゲキレンジャー

昨日の。ジャッキーとかサモハンが好きな人にはまあたまらない三十分ではありましたが、語尾にアル付ければ中国とか手抜きの回だからって敵キャラの外見使い回しであるとかチョッパー以外変身しないとかなんやいろいろと細部が気になる感でもありましたけど、最近はまたカンフーっぽい事をやるようになっているので結構面白いですな。

2007-11-04

[]風林火山

とらおうまるがだいぶんひどいことになっていたような気がします。ひくわ。

[]アド街ック天龍

なんでか超早起きしなくてはいけなかったので頑張って起きてテレビ付けた瞬間にぬるいハッスルの番組やってて天龍源一郎が普通にバラエティっぽい感じでテレビに出ていたので、なんか時代って変わったよね…と感慨深くなった。しま田をテレビで見ることがあろうとはねえ。つうかハッスルより全日本やればいいのにねえテレビ東京は。

2007-11-03

[]ゲームセンターあらし

スーパーマリオギャラクシーという文字列を見ると後ろにウォーズを付けてスーパーマリオギャラクシーウォーズにしたくなってしまうのは年が年ということなんでしょうかね。そうでしょうね。

[]タモリ倶楽部

いろんなエレベーターを見ていこうの回。おもしろいですよね、エレベーター。エレベーターとエスカレーターがごっちゃになってたあの頃もあったよね。それはまあそれとして色々と趣向を凝らした感じがして面白かったんですけど江川がなあ…。とりあえず江川とやくが出る回に過剰反応しがちですけども、いないときの方が絶対面白いと思うんだよなあ。いなくなればなったで俺の矛先は山田五郎辺りに向かいそうな気もするけど。おぎやはぎはごく自然な感じでタモリ倶楽部に馴染んでいる感じで好感を持った。いやそんな話じゃなくてエレベーター。ええと、エスカレーターの転倒防止の話になるほどと思った俺はタモリさんの話を信用しすぎだと思った。

空耳は巻きで安斎さんがいなくてTシャツ出た。出たよ久々。ゲストの圧力恐るべしですね。

[]文化の日

今日を拡大解釈してサブカルチャーの日としてなんか一日中もぞもぞしているのはどうでしょうか。サブカルってなんかもぞもぞしてるイメージありますよね。ないですかね。ないですよね。でもなんか蠢いてる感じが。なんにしてもサブカルって聞くとうふっってなります。うふっ。なんか恥ずい。

2007-11-02

[]朝勃ちはしないです

すっごい朝早く起きて唐突に自慰したくなるときがあるんですけどなんなんすかねこれ。もう三十なんですけどね。実際はしないですけどね。なんつうか、その、ほら、衝動がね。

[]もしも

もしドラゴンボールがあって願い事が叶えられるとしたら何をという話をいい年こいてしていて、話の中でナメック星ドラゴンボールを集めてもらって願い事を三つに増やすっていう案があっておお…って思ったけどそんなすごくもないような気もする。

2007-11-01

[]密室の俺

鏡のついたエレベーターに一人で乗るとかなりの高確率で鼻毛チェックをしてしまうんですけどみんなそうですよね?してますよね?と思ったので、なんかそういったエレベーターの監視カメラを見るような仕事に体験入社とかしてみたいと思うんです。

[]もうあるかもしれないけど

「~だぞ」みたいなファミ通口調でエロ動画のサンプルの解説をするサイトがあるといいなあと思った。

[]マッスル牧場

公開収録inロフトプラスワンてことでなんかプロレス番組なんだかトーク番組なんだかバラエティなんだかよく解らない感じで進行してましたけども、ペドロさんは空気読んでるのか読んでないのか微妙な感じがするので面白いですね。というかこんな舞台に宮本裕向が出てくるとはなあ。大日大戦でしか知らないと意外すぎる。

しかしマッスル坂井もアントーニオもトークが軽妙すぎてちょっとひくぐらいの勢いですよね。喋れすぎる。ともかくこの番組を見る前ってのは妙な期待感があってちょっとテンションが上がるのだけど見てるときは全然平熱で見終わったあとにじわじわ面白くなってくる感じである。たたいてかぶって力道山とか。アラカワールとか。そして来週の予告ではリングが登場していたのでとうとうプロレスを見せる羽目に陥るのかこの人達は…と不安と期待が入りまじってる感じで来週を待ちたいです。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |