のぬふ

 | 

2007-07-31

[]AKB

往年の西武ライオンズのクリーンナップである秋山・清原デストラーデAKDがもしも秋山・清原・ブライアントだったらどうなっていただろうね、という妄想から生まれたのがAKBであるというのは本当ですか。

[]段階思考

DSを買おうかPSPを買おうかなどと、ちょっと前に悩んでいてしかるべき悩みを今頃抱えていたりするんですけども、ゲームをやるならDSでなんか他のことやるならPSPという印象であり、もっといえば他のことやりたいならPSPじゃなくて小さいノートパソコンとか買えばいいんじゃねというか今のパソコンも相当年数を経ているし、思い切ってノートパソコンを新調するという手もあるよね…あーでもHDDレコーダーが欲しいという思いもあったのだった…つーか車買うお金とかも貯めないといけないし…そろそろ老後のこととか考えたりもするし…などという思考を経て一歩も動けない自分がいるのでDSPSP問題について考えることをやめている最近。

2007-07-30

[]洗濯機にハートマン軍曹

「鳴ったり洗ったり出来なくしてやる!」

[]川畑さん

NOAH鑑賞。パンパースがとうとう黒GHCに挑戦…つってもなんかもうのっさのっさ試合されて大丈夫かよ…と思ってたら最終的にはわりと大丈夫だった。これはまあ秋山と力皇の力なんでしょうけども。川畑はアックスボンバーの時に「アックスボンバー!」って律儀に毎回叫ぶので好感がもてますね。それにしても秋山はこんな事ばかりやってるうちにレスラーの旬を過ぎてしまうんじゃないだろうか。秋山ってこんなもんじゃなかったような気がするけど。もっとこう、なあ。そして今日も森嶋が恐ろしかったです。なんか気を抜いてる時に振り返ったら森嶋がいたりしたら失禁して死んでしまうような気がする。

[]カール・クラウザー

カール・ゴッチが死んだことは本気で悲しいし寂しいのだけれども、今日一日ゴッチの死を哀しんでいたら今までプロレスの話なんか一回もしたことないような人が一緒になってゴッチの死を悼んでいたのでゴッチのおかげでプロレスの話ができる貴重な人材を見つけることが出来ました。寂しいけれどありがとうゴッチさん。

2007-07-29

[]仮面ライダー尾崎さん

オープニングの踊ってる所にデネブが入っていることにようやく気がつきました。あと俺はどんなに話の内容について行けなくてもモモタロスがソードフォームで俺、参上!つってバシバシ斬って俺の必殺技パートなんとかつって敵を倒してくれたら面白いということです。あと今回のこのエピソードって完全にドラえもんですよね。最終的には四人の野上良太郎がケンカするというオチでしょうか。あとゼロライナーがお前のドリルで天を突けになっていた。あとあと尾崎さんがなんだかよく解らん。テンションとか。存在とか。

[]ゲキレンジャー

ブタの丸焼きーつうことでゴリラが気持ち悪いです。あとセレブ女を助けたときに空を飛んでるジャンが尋常じゃないレベルで気持ち悪かったです。まさかあそこまで気持ち悪い感じを醸し出せるとは。あと広川太一郎というかMR.BOOがねっとり鬱陶しい感じでよかった。それにしてもシャッキーは毎週出て欲しいものですね。癒されるわ。ほんで四人目かー。やっぱ出るかね。

[]風林火山

今日は若干早めに始まりましたが長尾景虎が本格的に始動してきてなんかもうGacktの存在感がわけのわからない感じになってるので興味深かった。明らかに異分子が紛れてきた感じだ。外見も演技も馴染んでるんだか浮いてるんだかよく解らないけど、もう普通にそこにいるものになっておられており、潔癖謙信ちゃんの雰囲気は漂っていたのでよかったっす。こっちの軍師緒形拳が出てくるのはわりと楽しみである。どう見ても上杉の方が強そうな感じがする。

んで、肝心の武田は晴信と勘助が以前のちょっと気持ち悪いっていう程度の仲良しに戻ったのでよかったです。ほれ、晴信さんはぴりぴりしてると器の大きさという取り柄を失いますからな。それ以外にあんまり取り柄が…あるか、顔とか。ほいで伝兵衛はまあいいというか出てくるとわりと嬉しいんですけども平三のエピソードってやっぱまだ必要なんですかね。なんかなあ。いつの間にか弓のスキルが向上してるし。

ほんで関係ないけど海なし県に住んでいるものとしては海が欲しい晴信の気持ちはよく解るのであった。戦国ゲームやるときはまず海取りにいくもんな。その絡みで出てきた今川義元はもうなんか毎回器の小ささを見せつけるためだけに出てきているような気がしてなりません。今後の動向に注目していきたい。

2007-07-28

[]ヘビーユーザの清水国明じゃないです!日記

今日はいいことと悪いことが一つずつあって、いいことは最寄りのブックオフが全品半額セールをやっていたことなんだけども、悪いことがそのセールは閉店セールだってことで、さらに悪いのは最近本読めてないのに半額だからって大量に文庫本を買い込んだ俺であり、もっといえば北方三国志を最近探していたことを思い出して半額だからって13巻中の7冊だけ買ってしまってものすごく気持ちの悪い思いをしているのが最悪の出来事です。こういうのは一気に全巻揃えたいものだ。

[]タモリ倶楽部

ロープの結び方を勉強しましょうというロープワークの回。ロープワークといってもロープワークタワーブリッジとかのロープワークではないです。マギーさんと宮川大輔さんという面子でちょっと不安だったんですけど、六角さんと半田さんが出てきたのでものすごくグダグダな感じでよかったです。しかし結び方ってものすごい量があるのですなあ。こんなもんいちいち記憶しているのがすごい。まあ基本形つうのはあるんでしょうけど。もやい結びだけは異常にに得意です俺。ほんで先生が明らかに入れ歯だった。かっぱーんなってた。

空耳はありがとチャーで久々に噴いた。しかしソラミミカキにとどまってあと二つ手ぬぐいでした。

2007-07-27

[]運転日記

家に帰ってきて駐車場にバックで止めて、それなりにうまく止められたような気がするけれど一応確認…と思ってドアを開けてライン見て真っ直ぐだからオッケーつって一回閉めようという動作に頭をしまうのが追いつかなくて結構な勢いでドアの窓ガラスに頭をぶつけた瞬間にああ結構疲れているのかもしれないわワタシ…と思ったんですよ。

[]アナログな悩み

ルパン女帝のどっちをビデオに録ろうかわりと真剣に悩んだ自分に対して、ほれ、あれ、DVDだかHDのあれ買えば両方録画できるからいいんじゃね?と思ったのだけど両方とも録画してまで見る価値があるのかしらないのかしらということについても真剣に悩んだ結果まだそういうのは必要にあらず…!という結論を導き出しました。あとなんだかんだで毎週女帝って書いてるこの日記。そんなに好きか女帝

2007-07-26

[]おれはこんらんした

もう今のノートパソコン使い始めて五年くらい経ってるわけですけども、今まで一度も使ったことのないキーボードの一部分がテンキーになってしまう機能が突然発動してしまい、未だに俺の知らない部分があったのか貴様…などと思いつつ、どうやったら直るのかなんせ使ったことがないから解らないーっていうかキーボードの一部分があれなので文字入力しても数字になってしまうから検索も出来ないーっつう感じであり、思い切って再起動してみても直らないもんでどうしよう…手書き入力とか…する…?と思っていたらメッセに人が上がって来て助けを求めようかと思ったら文字入力が出来ないから言葉が話せないので音声通話に切り替えてもらって検索してもらって事なきを得ました。喋れるって素晴らしいことね。

2007-07-25

[]手とか足とか生えている

カプセル怪獣というのはカプセル型の怪獣のことであろうと思っていた幼い頃の私ではありますが。

[]佐々木さん

大日大戦。デスマッチヘビー級選手権試合であり蛍光灯300本デスマッチを見た。実際に300本なんだかその辺はよく解りませんけれど伊東竜二佐々木貴もなんか前々から違和感があるなあと思ってたらこの人達はわりと正統派のデスマッチファイターなんだな。デスマッチの舞台でわりと普通にプロレスをやってしまう。葛西やら沼澤あたりがデスマッチプロレスをするのに対してデスマッチなのに普通にプロレスなんである。しかしまあここまで蛍光灯がメインに来てしまうと本当にもうデスマッチつうか恐ろしいつうか普通に危ない!と思わされるのでなあ。だってもう普通に歩いてるだけでパリンパリン割れてるから蛍光灯。しかしあの蛍光灯蹴りにしても蛍光灯ドラゴンスプラッシュにしても蛍光灯持たされて待ってる方ってどんな気分なんだろうなあ。あの巨大蛍光灯技喰らったあとの佐々木の顔色が怖かった。あんなに顔色って瞬時に青くなるんだ…と思った。血まみれなのに顔だけ青ざめてて。怖いよ。プロレスラーってこんな事しないといけないんだっけ…。試合はそりゃ面白かったですし尊敬する気持ちもありますけどどっかでなんかやっぱり切ないっつうか寂しいものがあるんですよね大日デスマッチFMWとかWINGとかではそういう気持ちにならなかったのにな。

[]いつ書いたのか解らないけど一言だけ書かれたテキストファイルを見つけたのでここにコピペ

「雑記ー・チェン」

2007-07-24

[]「猛スピードで母は」 長嶋有

なんとなくタイトルだけは強烈に印象に残っていてなんとなく読んでみたらなんとなく面白かった。具体的にどう面白いのかというのを説明するのはなんだか難しい感じの小説ではありましたが、なんかぼんやりと文学的なものを読みたいなあと思ったときなどに読むのがしっくり来る感じでありました。文学というかブンガクというか。

あらすじ。表題作の方は小学生の視点でこれから結婚するかもしれない母親と自分の暮らしっぷりをなんかこう一歩引いた感じで描写していく感じで、もう一個のサイドカーに犬というのはこれまた子供視点から母親のいなくなった家庭に突然やってきた女性との暮らしをまた引いたところから描いている感じであった。

内容自体に強烈な何かがあるようには感じられないのだけど、この人の小説はタイトルがわりと素晴らしい。よく解らないけどなんか面白そうな感じを醸し出すのがうまいというか。内容自体も面白いんですけど。基本的に子供目線なのでなんとなく懐かしい時代の話であるような気がするのだけど、実際に自分の幼少期と重なるところなんてまるでないわけで、あくまでも擬似的な懐かしさなんだけどもなんかそういう感情ってあったよなあとか思わされる小説。もうすこし違った形の小説も読んでみたい。

猛スピードで母は (文春文庫)

猛スピードで母は (文春文庫)

[]トラックバック黙示録

なんとなく無差別に検索で引っかかったりキーワードに上がった日記に送られるようなトラックバックつうか、いわゆるスパムの類のトラックバックを見つけてチマチマチマチマ消す度に「小さいっ…人間の…器…スパムごときにとらわれる…捨てろよっ…そんな感情…!ばかっ…ばかっ…」みたいなことを思ったりするんだけどやっぱり消さずにはいられないのであんまり変なトラックバックは送ってこないで欲しいっ…!ぐぐっ…!

2007-07-23

[]はてなテリーマン

はてなスターが始まってあの星を見る度にキン肉マン脳の人間としてはペンタゴンを想起せざるを得なかったんだけども、ペンタゴンよりもはぐれ悪魔コンビ戦にて肩の星を渡すことによって試合放棄の意思表示としたテリーマンのことを思い出すことによってはてなスターのことがそんなに嫌ではなくなってきたので、みんなも好きな星のことを考えるといいんじゃないかな!どうなのかな!しらんがな!

[]田上さん

NOAH鑑賞。三沢vs田上のGHCヘビー級タイトルマッチを見たんですけども、もう45とか46の人たちなんですな…。初めて見たときこの人達二十代だったですよ。そらもう俺も年を取るわけである。にしても三沢と田上でまだこんだけ面白いというかこの二人だから面白いのか知りませんけども、完成度の高いプロレスつうかプロレスらしいプロレスを見られてなんかちょっと嬉しくなった。しかし三沢もなんかもう中途半端に禿げてきてヒゲ伸ばして腹はでっぷりしちゃって今はもう見慣れちゃってるけど昔の映像を見ると本当に年を取ったなあ…と無理矢理感じさせられてしまうのであった。あと三沢はあのエメラルドフロウジョンをさらにえげつない技にバージョンアップさせていたので本当に最近の三沢さんはエグいよなあと思った。このえげつなさはレスラーとしての衰えなんでしょうかね。寂しい。

[]仕事日記

汚れ仕事をしていたらなんだか頬のあたりが黒くなっており、解りやすくいうと限界突破した体重の持ち主に現れると言われるげっそり隈取りというかシャドウというか、とにかくなんか頬が痩けたような感じに見えるような黒い汚れが顔に付着していたのだけど、それを見てなんかいろいろ考える前に柳沢きみおの漫画に出てくるくたびれたオヤジみたいだなあと思ったりしたので今日はとりあえず氷をギチギチに入れたビールとか飲んで「美味し!!」とか言っておきたい。

2007-07-22

[]風林火山

板垣と甘利、いや主に板垣の死をそれぞれに哀しむ回でありました。にしても亀治郎の演技は若干スロウがかかっているような感じがする。最近なんかゆっくりの度合いが上がった。ほんで小笠原高遠の器が小さいコンビでしたけども、高遠の全体的なわざとらしさとギョロ目も今週で見納めかと思うとちょっと寂しいですな。板垣の霊トンボは全体的にいい顔をしていたんでよかったんですが、人は城~ってまさか歌い始めるとは思いもせなんだ。さすがにこっちも見納めですかね。寂しいけどまあ霊としてあんまり出てこられても存在感ありすぎて困りますが。来週からは本当に雰囲気がガラッと変わりそうな感じもありますな。そして来週は19:15からだそうです。忘れないようにしなくては。

[]仮面ライダーデネブ

電王。なんだかんだで最初から半年くらい見続けているのにいきなりついて行けなくなってびっくりした。モモタロスキンタロスがおかしくなったのとデネブが素のままで普通に敵イマジン倒せるんじゃないかというあたりの印象しかありませんでした…。なんか寂しい。

[]ゲキレンジャー

カゲキだかなんだか知りませんけど、ちょっと修行したくらいでこんなに強くなってしまうゲキレンジャーに負けてしまう理央様が切なすぎる。メレも加勢すればよかったんにね。今まで理央様がどんなに厳しい修行をしてきたか俺たちは知っているわけですよ。いつか理央様は激獣拳を倒してくれると思います…とか思ってたら映画版では手を組むのか。なんじゃそら。でもまあ最終的にはまた敵味方に別れるんだろうけど。あと新ロボのゲキゴリラがどう見てもゾイドのアイアンコングです。

2007-07-21

[]食事中の方には申し訳

ものすごい快便!のあとに必ずといっていいほど体重計に乗りたくなるというか実際に乗ったりするんだけど、思ったほど体重の減少が起こっていないというか、快便前の体重計ってないからそもそもあんまり意味無いじゃんねえという結論を毎回毎回導き出している。

[]タイムリープ21

時をかける少女を見たんですけども、ものすごい勢いでCMが挿入されてCM前の映像をCM明けに流したりするのでなるほどこれがタイムリープ…と思ったりした。あと絵がなめらかすぎて何回か笑うべきではなさそうなところで笑ってしまったりした。そしてものすごい勢いで爽やかだったので大元が筒井康隆の小説であるのにこんなに爽やかなだけなはずはあるまいとも思うのだけども、自称筒井ファンでありながら何故か時をかける少女は未読なのでそこら辺はよく解らない。なんか勝手な思いこみだけどこの小説って赤川次郎のイメージだったんだよなあ。まあそこら辺はどうでもいいですけどかなり面白い映画でした。みずみずしい。青い春よ。

2007-07-20

[]なんかのスローガンっぽいフレーズを考えた

「縦社会を一刀両断!」という感じのを考えた。二つに増えるだけではなかろうかという結論である。

[]実際には女帝を見る日記

今日もし誰かから何かのお誘いがあれば「今日は金曜ロードショーコマンドーを見なくてはならないので家に帰ります」といって断れたのにどこからもお誘いがなかったのでわりと残念である。

2007-07-19

[]俺の前で片膝を立てるな

今唐突に思いついて絶望したのだけど、このまま普通に生活していってたら俺は一度も完全なシャイニングウィザードを放つことなく死んでしまうのではないだろうか。そんなのってない。だって今まで素人にも実現できそうなプロレス技って大概やってきたじゃないですか。体育館でマット敷いたりでかいベッドで戦ったり怪我しないようにさあ。

まあそれはプロレスごっこをしていた頃の話であり、流石にこの年になってプロレスごっこもないだろうというか、シャイニングウィザードは危険な技なので万が一膝頭が顔面を直撃したら死んでしまうかもしれないし、大体プロレスごっこでもないのに片膝立てたまま呆然としてる人ってあんまりいない。なかなか冗談で放てる技でもないしなシャイニングウィザード。しかし男として生まれ武藤敬司とおなじ時代を生きたものとして一度くらい渾身のシャイニングウィザードを決めてみたいものだと思うのである。

2007-07-18

[]「秘剣流れ星南條範夫

南条先生と来て流れ星と来たらこれあなたすなわちシグルイであり、失うことから全ては始まるわけであり、手負いの方が強いんだなわけであり、って色々諸々間違っておりますけども、ともかく駿河御前試合における無明逆流れに出てくる流れ星もしくは星流れの原型的な小説であります。いや正確な作品の関係性は解りませんけれども。

ともかく濃尾一帯にきこえた剣客宮本虎眼が考案し、金岡雲竜斎に伝えられたという流れ星、横なぎの一閃というまあシグルイにおける岩本虎眼先生が使用する技と同型であり、さらには涎小豆ならぬ、伊良子清玄が行ったと同じ飯粒斬りなどの逸話も語られている。

しかし内容的にはシグルイというより、やっぱり時代劇調なのであった。もうね、普通にぶんぶん流れ星が炸裂します。とりあえず一なぎごとに数人が死ぬるという流石の破壊力ではあるのですけども、乱発しすぎでありがたみがあんまり。お話の内容的には右往左往七転八倒という感じの活劇であり、普通に面白いんですけどなんかちょっと流れ星に関するお話が色々とあるもんだと思ってたからちょっぴり肩すかしを食らった感じではありました。

秘剣流れ星 (双葉文庫)

秘剣流れ星 (双葉文庫)

[]やる気MANMAN

吉田Tellmeという人を考案しました。さんざん言われてるかと思ったらあんまり言われてなかった。というかラジオのコーナーとかで普通にありそうなのに。

2007-07-17

[]問題はないが

最近セカンドバッグを持っている男がもう全員借金取りにしか見えなくて見えなくて。

[]はてなスッター

  • はてなスターはまあありっちゃありなんではないかという気になってきた。
  • ブックマークに比べると一手、人によっては二手くらい省略されるので非常に楽といえば楽。まあ目的にもよるだろうけど。
  • もはや1000越えのはてなスターをID確認のために開こうなどという気持ちはあんまりないというかそういう人は多いと思うので日記を書いたら自動的に1000とかつく何かをつくって欲しい。最初の星が自分であるとなんか寂しいので誰かが星をつけた瞬間にランダムで1000~くらいの星がつくといいですな。
  • しかし何かを強制されるのが非常に苦手なジェネレーションであり表示しろといわれると反抗したくなるオーバーサーティなので選択制になるまでは意地でも表示しない。表示しないと何らかのペナルティになるとかになったらやめよう。選択制になったら表示するかもしれぬ。
  • 好きな言葉は「これは命令じゃなくてお願いです」です。

[]ワイパーサコサコ

最近の車は真ん中から両側に開いていく感じの動きをするワイパーがあるようなのでそれを見る度に大魔神であるとかビリーズブートキャンプ的動き…って思ったりするんだけど、ビリーズブートキャンプをちゃんと見たことはないです。あと普通のワイパーの動きはバンザイナシよの動きと認識しています。

2007-07-16

[]ヒーロー?ズ?を流し見た

もうなんか確実に熱もないというかほとんど興味を失っているということを自覚しているにもかかわらず、もしも面白かったらどうしようなどと思って格闘技番組を見るのはやめにしていきたいと思う。

[]こりこりす

唇などを蚊に刺されたりしますと虫ごときに唇を奪われた感じになるというか顔面を蚊に食われても気がつかないという自分の生物としての反応の甘さについて考えるとなんだか悲しくなってきたりすることもありますよね。

[]マルヴィンさん

NOAH鑑賞。日テレ杯のジュニアのあれをやっていましたけど、もうなんか結構見慣れてるのにここの人たちがいったい何をやっているのか解らなくなるときがあります。にしても引き分けでそこいない選手が優勝してしまうリーグ戦て久々に見たわ。あと丸藤が最近多用しているアックスボンバーに違和感があるのはなんなんだろうなあ。スピード感があっていいアックスボンバーではあると思うのだけど。なんかホーガンとか大森のちょっとのっさりしたかんじのアックスボンバーのイメージが強すぎるのかもしれない。とりあえずマルビンがタクシードライバーのトラヴィスみたいになっていたのでそれが一番面白かった。

[]海の日の俺の行動の日記

昨日録っておいた風林火山を見て武田晴信こと市川亀治郎さんの顔を何度も眺めながらこれからの風林火山に耐性をつけると共に宴会芸として「風林火山28話において甘利に裏切られたことを知った武田晴信こと市川亀治郎さんのモノマネ」として披露するために練習し始めたりしました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm626846

2007-07-15

[]風林火山

ある意味最終回ですよね今週。来週からは風林火山Zが始まります。というか板垣と甘利が討ち死にするという極めて重要な回であったにもかかわらず晴信の顔に全部持っていかれた。なんか今週の半分くらいは亀治郎の顔のアップだったような気がする。だいたい甘利が寝返ったときの顔見ましたか。あれで五分くらい笑ってたぞ俺は。勘弁していただきたい。ここまで来て亀治郎ふざけてるのかと思ったもの。常人の顔の動きじゃないですよあれは。なんか別の生き物になったのかと。というかスタッフとか止めようよ。でもまあそれくらいの怒りと動揺があったということでしょうけどね。

ちなみに史実なんかだと板垣は緒戦の勝利に気をよくして首実検を始めたところを村上に逆襲されて死ぬとかいう話でしたけど、風林火山の板垣はひと味違うといいますか、他の武将達の殺陣が今ひとつしっくり来ないのに比べてあまりにも強すぎたのでこのままもしかして板垣死なないで村上を討ち取ってしまうのではないかと一瞬思わされましたがやはり死んでしまいました。来週からまた亀治郎が狂うのではないかと心配です。いやしかしあの顔はないよ。ないない。

[]真壁さん

ワールドプロレスリング。永田vs真壁のIWGPタイトルマッチを見た。後楽園ホールタイトルマッチをやることに違和感もなくなってきましたな。試合の方はほとんど噛み合っていないいい試合だった。こういうどこかにぎこちなさを感じさせる試合というのはたまに見ると妙な気持ちになる。でもまあ真壁がここまで来てどこかしら中途半端なヒールにおさまっていたのはちょっと残念な感じもした。傍若無人なのか狂人なのか試合自体はまともにやるのかなんかもうあっち行ったりこっち行ったり。とりあえず唐突な永田の明らかに流血させるための肘からの尋常じゃない出血によって色々解らなくなってしまった感じもありましたけども。今の永田さん相手に泥仕合を展開しただけでも真壁としては全然ありだったんだろうかね。それはそれとしてヒール集団としてのGBHは近年まれに見る酷さですよな。面子すらよくわかんないもの。

[]仮面ライダー手羽先

電王。泣いた…?泣けるでぇ!つう流れを久々に見た気がする。というかウイングフォームの一瞬さが凄まじい。映画があるのは解ってますけどねえ。なんか牙王も来週出るっぽいしなあ。まあいいんですけどなんでも。

それにしたってやっぱりイマジンとか時間とか過去とか存在の概念がよく解らない。もう半年になるというのに。何が何だか解らないまま続いているというのがすごいっちゃすごい。あと亀と熊で相手を倒すのがなんか新鮮であった。あと牙王の渡辺裕之さんは俺が一番最近見たことのある俳優さんなので見るとおお…って思う。なんかパチンコ屋の一日店長とかで外で握手したりしていたのを見て切なくなったりしたのであった。

ああ、そんな話ではなかった。えーと、その、グレンラガン面白いですね。このまま終わっても全然不思議ではない感じすらします。日曜の朝の一番楽しいものがグレンラガンになりつつある。ってそんな話ではなかった。

[]ゲキレンジャー

三人の拳聖っつうかゴリラが気持ち悪かったです。あと赤は基本的に何もしてないというか五百円ぶん投げただけなのになんか認められているので不思議ですね。ほんでスーパーゲキクローは握力鍛える機械みたいです。来週は新フォームに新ロボか。しっかし溜めの回とはいえほとんど変身しない回というのもあるんですね戦隊ものにも。

2007-07-14

[]みそじ日記

三十歳になってしばらく経ちましたけれども、三十歳の一番素晴らしいところは今までの二十代後半は四捨五入すると三十という残念な感じが漂っていたりしたんですけども、もはや四捨五入しても三十でしかないわけであり、これから三十四歳までは四捨五入したら三十なわけであり、四捨五入バンザイという感じであり、しばらくの間はどんどん四捨五入していきたい。四を捨てて五を入れていきたいものである。

[]タモリ倶楽部

いろんなものを計測して楽しもうっつう計測器ランドの回。ヒューズだとか腸の長さとかツヤツヤとかとんちんかんなことを言う乾貴美子さんがよかったです。乾貴美子さんはほとんどタモリ倶楽部でしか見ることが無いですがわりと好きです。ほんで秋葉原のこのお店に行って世の中にはこんなにも計るものがあるのか…と嘆いた人がどこかにおられましたけども、男子たるもの色々なものをはっきりさせておきたいというか計っておきたいという一面も持ち合わせていたりするものではないですか。なんだかよく解らないものも数字として提示されると納得するというか。とりあえずあの照射温度計はわりと本気で欲しいです。

空耳はテンポよく手ぬぐい三枚です。ポンポンポンと。あとここの感想読んでこっちではタモリ倶楽部放送されなくなったとかやってないとかいう話をよく聞きますけど今の時代はわりとネットで見られるので素晴らしいですよ。録画失敗したけど普通に見られた。

2007-07-13

[]女帝

黒い太陽みたいなドラマだったらいいよねと思って見始めたんですけど、松田翔太の役名が伊達直人だったのでこ、これは、どこのタイガーマスクっ…って思いました。あと黒い太陽の面子がちょこちょこ出ているのでそのうち別の立花というか永井大御大も登場してくれるのではないかと期待しています。

[]都内の知らない道を走った日記

知らない道なんざカーナビなしで走るとかありえないとか思っていましたが、やむを得ない事情っつうか仕事のために一人で運転して知らないところまで行った結果、地図考えたやつマジすげえ!マジリスペクト!ファック!と思った。あと俺の勘もちょっとだけすごかった。

[]久々に似てる

永井大さんと松下奈緒さんの顔の系統。

2007-07-12

[]日記日記

忙しいから更新できませんみたいな日記を一昔前にはよく見かけた記憶があるんですけど、自分がいざそこそこ忙しくなってみると、忙しい云々とかよりも更新する前に一日が終わってしまう感じであり、そういえば今日日記書いたかな…と思う頃には大体一日が終わりかけているわけであり、忙しいから日記が書けませんというよりただ単に日記を書くのを忘れていましたという感じに最近なったりするのでなんだかんだでしばらく続いている毎日更新もそろそろ途切れるのではないかしらと思ったりしてるんだな。まあ今時毎日更新も流行らないという感じもしますけどもねも。

[]はてなスター羅列

うんまあなんか特に意味はないすたー。あと自分の所に表示させるのはいやだけど表示されてるところのはぽちぽち押したくなるので非常に勝手な感じといえましょうぞ。

2007-07-11

[]はてなこわい

どうして周期的にはてなはてなやめたい!と思わせるようなことを普通にやってくるのか不思議でならない。なんというかこれは踏み絵みたいなものなんですかね。定期的な。まあ何日かしたら喜々としてはてなスター素晴らしい!とか言ってるのかもしれないですけど。ないな。あーないな多分。うーん、普通に日記とか書きたいだけなんですけどこっち。せめて選択権をくれればなあ。まあそれはそれとしてさっきから頭の中でスーパーマリオブラザーズの無敵音が鳴りっぱなしなのでなんとかしてください。

[]佐々木さん

大日大戦鑑賞。現デスマッチヘビー級王者である佐々木貴の魅力というのがよく解らない。よく解らないけどなんだか強いという印象だけはあるのであった。というか失礼な話だけど印象が薄すぎて必殺技がなんなのかすら知らない。蛍光灯キックをやってるのを見るとあーこれこれって思うんだけど。なんだろうな川田みたいなタイプなんだろうか。嫌いではないですけど。

あと宮本裕向はちょっと床屋失敗しましたか。あーあと蛍光灯デスマッチって終わったあと掃除するのがものすごく大変そうですよね。いっつも思う。

2007-07-10

[]殺す気と書いて

それなりに長いこと生きていながら、今まで一度も殺気というものを感じたことがない。本を読んだり映画を観たりと物語の中ではそれなりによく使われるフレーズだと思うんですけど。殺気。

それはまあ、今まで命のやりとりなどをするような状況に身を置くこともなく生きてきたおかげかもしれず、また自分が誰かを殺したい、もう本気で殺したいほどアイラブユーと思ったこともないので、自分の中の殺意というものを見たことがないので、殺気そのものがよく解らないという可能性もあるかもしれない。

しかし気になるではないですか。「むっ…!殺気!」とか言ってみたいじゃないですか。ふとした瞬間に。もう[雑記]とかいうカテゴリも捨てて[殺気]とか書きたいじゃないですか。それには殺気というものがなんなのか知らないといけない。試しに「さっきさあ」とか言ったりする時に「殺気さあ」と頭の中で思ったりしても駄目だとは思う。

しかし達人クラスになると殺気を感じさせずに近づいたりとか出来るらしいじゃないですか。ということはですよ、世の中の大体の人は殺気を抑えることが出来るのではないか。だから俺はそれを感じることが出来ないのではないだろうか。いやそもそも殺気を感じるような状況に陥っていたらもうすでに殺されているような気もする。

であれば、やはり今まで殺気というものにかち合ったことがないのであろう。まあそんならそれでいいんだけど。まあでも自在に殺気を操れるような人に一度殺気をぶつけてみてもらいたいものだとも思うのであった。

2007-07-09

[]眼鏡購入日記

寂れた駅前をぷらっぷらしていたら安売り眼鏡屋さんがあったので何の気なしに入ってみてなんとなく物色していたら、ナイスミドルメガネ店員といった風情の人が俺にそっと近づいてきて一本のメガネを渡してくれたのがとてもよくお似合いですよーって感じにこの俺の顔面にジャストフィットしまくりやがったので、即座に購入を検討…するまでもなく購入、この年配眼鏡店員…なかなかやるのーくらいのことを思いつつ、普通に眼鏡が完成したのは良いんですけど、その眼鏡が生まれて初めてのフレームほとんどなし眼鏡ということで、なんかふとした瞬間にレンズがポロッと、いやボロッと取れ落ちてしまうのではないかという妄念に取り憑かれてしまっているのですが、割とまあよく似合っているので幸せです。しかしポロッといきそうな感じは否めない。早く慣れたい。

[]三沢さん

  • NOAH鑑賞。
  • スーパースターエルボーで決まったところをいまだに見たことがない。
  • ブサイクへの膝蹴りは結構好きですけど、その前のペチペチに未だ馴染めない。
  • パンパースはなんか…ねえ…。まあ頑張ってるならいいんじゃないでしょうか。
  • 暗闇の中で突然光る三沢の顔のインパクトが。
  • 田上のプロレスが雑になってるなあ。
  • もしも十個くらいなんでも願い事を叶えてくれるとかいうチャンスがあるとしたらその一個を田上明との飲み会を実現させるということに使いたい。そんでどうして体を作らないのかということについてとっくりと語り明かしてみたい。

2007-07-08

[]風林火山

晴信とにかくキレっぱなしの回でしたな。戦国大名の考え方としては奪った領地を自分の家臣に分け与えるというのはわりと当たり前で正しいことなんでしょうけども、ここの時代の豪族達には馴染めない考え方なんでしょうなあ。それにしても亀治郎がキレすぎである。自分の考えが通らないからとか重臣達の動きがアレだからとかじゃなくってなんかもうただキレてるというかキレたいからキレているようにも見えるので怖い。

あと小山田はなんかもうよく解らんし板垣様は伝兵衛褒めるのが唐突すぎるし甘利は行動が極端すぎるし風林火山ってこんな話だったかあ?と思ったりしたんですけど、なんか勘助の存在感がすごく薄くてそんなことになりつつあるのかしらねえ…と寂しい気持ちになっていたらば来週の予告を見てもっと寂しくなった。一応この戦で板垣と甘利が…っつうのは知ってましたけど、ここまで露骨にネタバレするとは。多分来週ある意味での風林火山の最終回みたいなものになると思うんで刮目して見よう。あー。あー。見たいけど見たくないなあ。

[]海野さん

ワープロ。おまえが勝ったら俺が髪を切ってやるとか長州が言うから永田さんの髪の毛が切られてしまったじゃないですか。カリスマ美容師に切ってもらっているという永田さんの髪が。っつうか今のテレ朝の実況アナは適当なフレーズを言いすぎである。台本でも用意されているのかというレベルで唐突な事をおっしゃるのでなあ。ほんで永田さんに八つ当たりされてた若手の人がすげえ不憫ではあった。やることやってるのに怒られるっつう。そのあと永田さんが怒りにまかせて扉を思いっきり閉めようとしたら意外とゆっくり閉まっていた感じが一番面白かったですけど。でもまあ一連の腕殺しからの顔芸っていうのはおもろいですよね。

あああと関係ないけどレッドシューズ海野はいっつもいっつもプロレス嫌いなんじゃないかっていうくらいのいやな顔をしていますよね。いやっそうな、心底仕事がいやそうな顔。本当のところは知らんけど。ほいで棚橋を久しぶりに見たけどなんだかインチキ中国人にしか見えなかったわけであります。

[]仮面ライダートリ

電王。なんか変なの出てきたと思ったらあれ新しいイマジンであり新しいフォームなんすかね。映画限定かと思ってたけどなんかよく解らない。来週いなくなるのかな。というか電王は割と露骨にオモチャとかを売ろうとしますよね。なんかそんな感じがする。

今週のお話ははっきりいってなんだかよく解りませんでしたが、良太郎を助けるデネブと桜井が見られたり、マッチョキンタロスが見られたり、斬りまくりのモモタロスが見られたりしたので割と満足しました。はい。

[]ゲキレンジャー

本編とは全く関係ないですけど、ゲキトージャを見るとキン肉マン王位争奪編でロビンマスクが超人予言書を燃やされて足から消えていったときにマンモスマンにタワーブリッジをしかけるのだけど、やっぱ足がないから決まらないーっ!ってなったときにキン肉マンとザ・サムライロビンマスクの足代わりになった友情のトライアングルを思い出すのです。ほんで今日のお話は面白かったです。

2007-07-07

[]タモリ倶楽部

バス停の名前ってなんかちょっと変なのあるよねそういうのを検証していきたいよねの回。何度か書いているとは思いますけども板尾さんが出るときは何故か司会的ポジションにおさまるので不思議な感じがする。とりあえず今回はバス停の名前は「~前」なのにもうその前のものがなくなっていたりだとか、単純に変な名前であるだとかそんなのを色々と。家のものすごく近所が出ていたので少し嬉しくなった。というか泉麻人さんを久々に見たんですけどあんなに小さかったとは。小さくなったのかしら。

空耳はなんかちょっと適当に見てしまったので多分手ぬぐいばっかりだったような気がするとか記しておくのはなんか意味があるんでしょうかね。やあなんかもっと真剣に見ないといけないかしらタモリ倶楽部。(耳かき一つ出てたって)

[]サスペンダー

こう、ふとしたときに両手で引っ張ってパーンパーンってやるためだけにベルトをやめてサスペンダーでズボンを吊っていきたいと思ったりするのだけど、サスペンダーってなんかデブが使うようなものであるというイメージがあるので今からものすごい勢いで痩せた上でサスペンダーを着用していきたい。いやそれほど着用したくもないですか。どうですか。どうなんですかお客さーん。

2007-07-06

[]「怪しいお仕事!」 北尾トロ

この人の書いた裁判所のお話が面白かったので色々読んでみようと思って読んだらやっぱり面白かった。内容はちょっとまっとうとはいえないような仕事で飯を食っている人たちを取材、もしくは単に接触、観察してちょっと距離を置いたところから文章を書いた感じである。

内容的には仕事の話は想像の範囲内といえば範囲内なので、特に驚きとかはなかったんですけども、やっぱり観察者視点での文章が読んでいて面白い。どこまでいっても他人事であるというか他人事であるからこそ書けることというのを読んでいるとなんか妙な気持ちになる。感情移入させてくれないっつうか。あー内容的に驚きはないと書きましたけど、野球賭博あたりはよく解らない仕組みだったので面白かったっす。あとゴーストライターの仕事は作者に近いものがある感じで、ちょっと文章の流れが変わっているのが興味深い。

ネット関係なんかは古き悪き時代の話という感じなんで、今読んでもあんまり目新しいものはないけども、こういう頃もあったんだと知る意味で読む価値はあると思います。ともかく全体的な感想としてはまともに仕事してた方が割がいい感じもするよなつう感じでした。

怪しいお仕事! (新潮文庫)

怪しいお仕事! (新潮文庫)

[]にこにこぷん直撃世代

「じゃじゃまる、ビークワイエット!…ぽーろりー」というのはどうですか。

2007-07-05

[]「ピューと吹く!ジャガー 13」 うすた京介

まるごと一冊アレ祭りということでなんか酷かったなあ。良い意味でも悪い意味でも酷かった。面白かったけど。浜渡浩満は相変わらず人間クズであるし、ポギーはジュライに戻るし、ハメ次郎はあたまおかしくなるし…ってなんかもう感想も出てこないレベルっすよね。そもそもこういう形式のギャグ漫画がこれだけ続いてしまうとなあ。

ある程度のフォーマットが出来ているというか、そこから外れるときというのが本当に酷いものを書いてくるというのもパターン化していて、もうなんか意外性もない感じなのがなあ。それでも間違いなく読み続けていくわけであり、この巻は面白かったとか面白くなかったとかそういう感想を垂れ流していくのでありましょう。というかジョン太夫が出ない巻とかジャガーさんピヨ彦が二人で何かをやっている話が少ない巻っつうのは読んでて今ひとつな感じであるのよね。というかもうジャガーさん周辺全然出てこない話とかもかなりあるし。内海マークシティしか出てこない回とかあるし。びっくりですよ。でもまあ水準以上には面白いんですけどね。なんかある程度安定感のあるコントとか見てる感覚に近いものがあるなあ。ねえ。のじじ。

ピューと吹く!ジャガー 13 (13) (ジャンプコミックス)

ピューと吹く!ジャガー 13 (13) (ジャンプコミックス)

[]ウルフパック

車で道を譲られたときにお礼として挙げる手が常に武藤敬司プロレスLOVEポーズというようなカーライフを送っていきたい。

2007-07-04

[]修行次第でなんでもできるよ

ザ・ニンジャの必殺技の一つである「順逆自在の術」は実は最強なのではないだろうか…というところに考えが至ったりしていたのだけど、この問題について考え始めるとペンタゴンの「クロノスチェンジ」が優位性を持って割り込んでくるのでなんだかなあという感じになっている。しかしペンタゴンはなんか超能力的なもので問答無用に相手と自分を逆転させるけど、ニンジャの場合はたぶん努力してその技を身につけて順逆を自在にしているのでニンジャの方が偉いですよね。ブロッケンJrは見よう見まねの順逆自在の術なので努力していないとみなします。ていうかそんな簡単に真似するからあのすごい技の価値がダダ落ちなんですけども。Jrのやろうめ。

[]日韓さん

大日大戦鑑賞。ヤンキー二丁拳銃の時はあんまり思わなかったけど宮本とisamiってこんなに体格差あったかなあという感じである。体の厚みが二つくらい違うような気がする。にしてもあんなに宮本びいきだったのに今はisamiに対して同じような感情を抱いているので大日本プロレスのプッシュの仕方というのは結構うまいもんだなと感心することしきりです。とりあえず蛍光灯もボードもなしでいい試合されるとなんかもったいないなあと思ったりもするのであった。何でかもったいないと思う。

ほんでシャドウWXってなんかよく解らないレスラーだけど存在感だけはとにかくあるよね。パワーファイターつうかんじでもないし体格に恵まれているだけにも見える。で、最近気がついたのだけど、大日の試合は李日韓に注目してみると結構面白いですよりアクションとか動きが。今更かも知らんけど。

2007-07-03

[]使用上の注意と用法を守って!

虫さされの治療薬やら単なるかゆみ止めの類は普通に患部に塗るより十分にかきむしったあとに塗りたくって超絶しみる時の方がなんとなく効きそうな気はするけれどもきっとそんなことはない。

[]いっき

喉が渇いているときに目の前の水割りなどを一気に飲み干してしまう勢いで飲んでると、ああいやこれ酒なのに…と思いつつもまあいいかなどと思って飲んでしまって速攻で酔っぱらったりするので、なんというか、なるべく酒を飲む前には水分を補給しておきたいところですねと思ったりした。

しかし昔は一杯目の乾杯のあとの生ビールを一口でどれだけ飲んだかというのをまわりと勝手に勝負していたりしましたが、最近はそういう事しなくなったなあ。たくさん酒が飲めても別になんにも偉くないということに気がついたりもするよねいい加減。

2007-07-02

[]飯伏さん

NOAH鑑賞。日テレ杯争奪だかなんだかのジュニアタッグリーグ戦だそうです。面子的にロメロとかダニエルソンとかブリスコブラザーズあたりが目新しくて面白かったんですけど、飯伏が特によかったです。ちょっと初見の客が引く感じの危険な空中技とかすげえ。子供みたいな感想だけどすげえしか出てこない。ムーンサルトムーンサルトプレスはびっくりした。丸藤と飯伏で組んでるのはなんか妙な感じがするのだけど、なかなか面白いタッグチームでありますな。ちなみにどれくらい俺が飯伏に感銘を受けたかといいますと「いぶし」では飯伏にならずに「いいぶし」って打たないといけないから「いぶし」で変換できるように登録したくらいです。

[]リア王

リア充に代わる何かを探そうと思って色々考えていたのだけど、最終的にオチとしてリア・ディゾンにたどり着いてしまうので考えるのをやめた。あとリア・ディゾンさんの名前を見ると必ずリックディアスを思い出してしまうのですがどうも自分の脳の構造に欠陥があるとしか思えない。

2007-07-01

[]風林火山

晴信が悪信になってゆく…。というか完全に由布姫の発言きっかけで完全に勘助に対する対抗心というか嫉妬心が目覚めてしまって大変なことになりつつあるという話であり、なんでこんなにギスギスしなくてはならないのかしらという感じでもありますが、まあ勘助云々よりも力を見せることによって後の戦を回避したいという思いもあったのかもしれませんが。

とりあえず今回はダンカン高田延彦でしょうかね。ダンカンはもうなんか目を潤ませながら奇声を発しているだけであり、高田は功名が辻に続いての登場というかなんか本気で俳優やるらしいですな。なんだ、船木か。船木みたいになりたいのか。それとも高田総統で何かに目覚めたのかしら。演技はどうなんですかね。まあ人生色々ですわな。とりあえずこのあとの展開は大体予測できるんだけど、晴信が本当に糸の切れた亀、いや凧みたいになってしまっているので少々不安である。

[]仮面ライダー電車じゃない

電王デネブキャンディーの収納箇所が股ぐらであったことに驚きが隠せないわけですけども、今回はゼロライナーとギャグの回でありましたな。それにしてもゼロノスの変身回数が残り7回とかってマジなんですかね。出てきたばっかりなのにってなんか来週辺りまた新しいの出てきそうな雰囲気ではあったけどなあ。なんだろあれ。王子て。仮面ライダー王子かしら。

とりあえずあの着ぐるみの中に入っていた砂状態の亀と熊は実体化はしていないはずなので上半身と下半身逆になっているのではないかあの中で…とか思ったら恐ろしくなった。それかミチミチに砂がつまっているのかしら。それはそれとして久しぶりにライダーキックが見られてよかったです。なんだかんだでロッドフォームの戦い方って地味なのでライダーキックくらいないと困るわな。そんで巨大戦はやっぱきっついなあ。あとクライマックスフォームはモモタロスメインだといいなあと思うのですよ。あと桜井さんのコブラツイストの掛かりが甘かったです。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |