のぬふ

 | 

2007-03-21

[]「シグルイ 8」 山口貴由

若先生は決闘というものを描くのが本当に上手い。痺れる。正直この漫画の中で伊良子清玄対岩本虎眼先生を超えるのは不可能ではないか…と思っていたのだけど、質が違う面白さを見せてくれる。というか虎眼先生いなくてもみんな立派に狂われた。源之助やら三重が狂っているのは周知の事実ですが、これまで比較的常識のある方だと思われていた牛股権左衛門も狂いの片鱗を見せ始めている。皆殺しの衝動ってどんなだよ。

とにかくもうめまぐるしくも今回は全く理路整然とした感じで仇討ちが展開していくわけであり、あの虎眼流が無双の名を失った夜における虎眼先生の星流れが出たらお終いなんじゃねえのかという虎眼先生が戦っているだけで読んでる方が圧倒的に気圧されるような展開ではなく、こう来たらこうなるからこのようにして勝つのではないだろうか、あるいは負けるのではないだろうかという推測を持たせて、それを裏切って意表を突いてくるのが本当に上手い。

そしてここまで盛り上げたにもかかわらずこの戦いは静かなのであった。これだけ見応えがありこの漫画における見せ場の一つであるはずのこの仇討ちが何故にこんなに静かなのか。何故こんなに冷静なのかこの人らは。三重はあれだけど。もうこれはあれですね文字通り嵐の前の静けさなんでありますねきっと。この果たし合いが前座になりかねない…とかそういうのはあんまり書くとよろしくないのでこの辺にしておきますが、とにかく次の巻はやばいことになる。それは間違いない。

正直虎眼先生が亡くなられてこの漫画に対する俺の興味もここまでか…と思ったりしたこともありましたが、ちょっと戻りました。気持ちが。それにしても斬り合いをこのような形できちんと読んだのははじめてかも知らんなあ。剣術というのは工夫の上に成り立っているものなんですよね。この人たちの工夫は方向性が基本的に危ないですけど。

シグルイ 8 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 8 (チャンピオンREDコミックス)

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |