のぬふ

 | 

2007-03-14

[]「サウンドトラック 上」 古川日出男

あらすじ。ある事情でもって海で遭難、漂流して島でサバイバル生活を送って生き延びた男の子と女の子が救われて社会に馴染んだり馴染まなかったりせずに成長して、ある年になったら東京にいくんだけども、そこには冬がなく、ヒートアイランドトーキョーなのであり、まあ色々と大変なのであった。ものすごく大雑把ですけどとりあえずはそんな感じの話。

なんだか久々に新しいものに触れたような感覚を味わっている。小説であって小説でないみたいな。いや紛う事なき小説なんだけども、なんだか俺の知っている小説を軽く飛び越えてくれそうなそんな可能性。この人の全くのオリジナルは「13」しか読んでいないのだけども、あれはなんかものすごいものになりそうな感じがありながら、未消化のまま終わった感じがあったのだけど、これはもうすごいことになっている。

何が新しいかのか考えてみると、具体的に表現できるわけではないいのだけども、その表現方法であり文体であり題材であるのかなあ。そこら辺に新しさを感じる。ああ、今俺すごいものを読んでいるんだと錯覚出来る感じ、って錯覚じゃないかもしれないけど。なんだろうなこの大物感。

面白いという思いから一歩引いて考えてみると、これは文学の人がSF的なことをやっている小説なんだろうなと思ったりしている。文学SF。いや俺の思ってるSFというのは広義すぎてあんまりこういう例えに出すにはよくないのかもしれないですけど。でもまあ印象的にはそんな感じである。下巻に続く。

サウンドトラック 上 (集英社文庫)

サウンドトラック 上 (集英社文庫)

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |