のぬふ

 | 

2006-07-31

[]テンパる

時々テンパったりすると右と左が解らなくなったりすることがあるのですが、テンパったと言っても麻雀のそれじゃないのですけどもって解りますよねこんな事は説明せずとも、ええ、そうですね、そういった右も左も解らない状態の時にケツメイシスガシカオはどっちがどっちとか言われたら一瞬解らなくなるんじゃないかと思うわけです自分。もしかしたらケンタロウとかさだまさしなどと言われても混同しかねない。

[]鈴木みのるに覚える違和感の原因は

おまえパンクラスはどうしたという話ですよね。ということでNOAH鑑賞。久しぶりに逆落とし見たけどインパクトだけはあるね。潮崎は小橋の技とか出してる場合じゃないとは思うんですけど、キャリア二年じゃあんなものなんだろうな。相手も鈴木みのるじゃなあ。基本的に全部受けてくれるタイプじゃないから難しいのだろうけどもう少し、こう、手心というか…。

あとムシキング・テリーに関してはどうでもいいという感じのスタンスだったんですけど、もうちょっと認知度が上がれば、子供向けに人気出て時間枠拡大とかもう少し早い時間に変更とかプロレスニュース復活とかあるかもしれないのでこれからは応援していきたい。やってることも結構えげつないしなあ。

あとマンモス佐々木が森嶋に見えました。小橋は病気発覚後というか手術後初めて見たけど、何か複雑な気持ちになった。というかもう現役として戻ってこなくてもいいすよ…。見たいけど。復帰とかはまだいいすから死なないで欲しい。そういう方向で頑張って欲しい。

[]おまえを上回る方法

(1000000+1000000)×2×3=12000000

[]K-1札幌を見たよ

唐突に曙が出てきて唐突に倒れて負けたので全体的に唐突であるなと思った。というか曙は一回倒れたら普通以上のエネルギーを使わないと立ち上がれないのではないか。生きてるだけでものすごい燃料を必要とするのだろう。立ってるだけとか歩くだけとか。というかもうK-1はいいよ。もう少しまともにプロレスできるように練習しようぜ。

グッドリッジは何回試合しても素人っぽさを残しているのですごい。AV女優だって何本か撮ってしまったら素人っぽさが消えてしまうというのにゲーリーったらすごい。あと中迫は優勝賞金で遊び歩いていてコンディション最悪のマーク・ハントから生涯初のダウンを奪った男と表記していただきたい。何かといえばそれを持ち出すのはねえ。モーは順当に行けばとっくに優勝していてもおかしくない感じだと思うんだけど、なかなか思うような試合をさせてもらえないのでなあ。

ボビーはグッドリッジより素人っぽくなかった。あと谷川はボビーが何やっても「本能ですからいいと思います」とか言ってたのが相変わらずというか何というか。解説者としての本能なのだろうきっと。試合自体は面白くは…ねえ…まあねえ…。あの事件のおかげで組まれたようなカードなんだろうしね。

そして武蔵はいつもいつもねえ、色々と考えさせられるというか、最近何でか顔見ると普通にアナゴさんという名前が連想されてしまうわけですけども、今回だけは仮面ライダー武蔵として応援したいと。だってほれ歴代最強ライダーとか謳って出てくるのに公開直前に負けたら洒落にならん。というか多分それとは関係ないんだろうけど珍しく頑張っていたのでちょっと面白かった。あとフェイトーザ強いわ。そんでまあ個人的には去年のチャンピオンって誰だったっけ…と素で思ってしまったのでそこら辺は反省していきたいです。シュルトさんすいません。

2006-07-30

[]確かに言いたい

何気なく煙草関係の話をしてるときに元々煙草を吸わない人というのは「吸わない」と言いますが、元喫煙者は「昔は吸っていたのだけど、今はやめたので吸わない」とかそういうことを言い始めるわけで、そういう無駄なアピールは別に要らない…と以前の俺は思っていたものの、元喫煙者となった自分としてはそういうことをいいたくなる気持ちというのも非常に解る。そのような機会があったら絶対に元喫煙者であるということを言ってしまうであろう自分も容易に想像できる。むしろそういったときにそういうことを言うために煙草をやめたのかもしれない。

[]アメリカ人

ワールドプロレスリングレスナー契約解除問題については本当にサラッと流したね。別にいいすけど。というか実況のテレビ朝日アナウンサーがトラヴィス・トムコのことをやたらとアメリカ人呼ばわりしていたのが不思議だった。そんなこと言ったらバーナードだって曙だってレスナーだってアメリカ人じゃないか。正確には曙は日本人だけど。コーナートップから飛んだトムコに対して「アメリカ人が飛んだー」とか言ってたのでええーってなった。

あと棚橋はスリングブレイドもあれだけど、ここで永田さんにグラウンドコブラとかで勝つというのが…やっぱだめなんだよねえ。あとバーナードvs棚橋ってこのあいだやったじゃんか。ねえ。まったく。というかなんであそこまでスリングブレイドにこだわるのか…。というかここはバーナードに取って欲しかったような気もするな。それかいきなり出てきたノートンとか。出てこなかったけど。

[]今週の仮面ライダーガタック

カブト見たわけですけれども、加賀美のヒーローっぽさが異常。空まで飛ぶとは…。正直マスクドフォームもライダーフォームも肩についてるものがガッチャガッチャしていて微妙…と思っていたけど格好いいすね。あとドレイクの人は先週出てきた時点で噛ませ犬なのか…と思っていたら本当に噛ませ犬だったのでびっくりやで…と思った。そして今週は三島さんがカ行で笑ったのでよかったです。

2006-07-29

[]ライムのサワー

先日居酒屋にいった際に、色んな面で全く満足がいかなかったというようなことがあり、俺が気に入らない店というのは大概ライムサワーを置いていないということを熱心に一緒に行った人に話したら心底どうでもいいという対応をされたので、ああ…これはわりとどうでもいいことだったんだあと少し反省した。しかしこれはですね、ライムサワーがないから気に入らないというわけじゃなくてですね、気に入らない店には大抵ライムサワーがないという発見の話なんですよと訴えかけようと思ったのだけど反省したのでやめた。

[]タモリ倶楽部

グーグルに潜入の回。ひたすらグーグルアースとかそういうのを自慢している回でありました。社員の人たちが全員誰かに似ているような気がしました。気のせいかもしらん。二週間ぶりのタモリ倶楽部は相変わらずだらけておられた。あの腰を据えただらけ感の出し方は見習ってゆきたい。

空耳は手ぬぐい三枚というかレニー・クラヴィッツのは酢出さんじゃなくて菅さんだよねと思いました。

[]お仕事日記

今自分がやってる仕事では、納期が迫っている仕事のことを「突貫」だとか「急ぎ」と呼称するわけですが、そういった仕事が入ってテンパりそうになった時には「いそぎ」の部分を「うさぎ」と言い替えることによって、うさぎの仕事という事にして心の平穏を保っている。こう、イメージとしてはうさぎの耳をぎゅっと持ってうろうろと急ぐ感じです。

2006-07-28

[]「うつうつひでお日記吾妻ひでお

「私もそうですが世の中には他人の日記マニアの人もいるので少しは売れるかと思って出してみました」という前書きの部分でなんかちょっとへこんだりした。他人の…日記…マニア…。この本自体は本当に日々の記録という感じで、失踪日記に比べたらたいしたことは起こらず、不条理日記と比べたらSFが足りないでしょという感じだったのだけども、そのぶん普通に面白かった。

二年前の夏といったら、ちょうど俺がそこから一年以上の無職生活に突入するころの話であり、ところどころに出てくる格闘技の話で自分のことを思い出して妙にシンクロしてしまった。しかも寝て起きて煙草吸ってめし食って本読んで漫画読んで寝たっつう日々の過ごし方まで一緒。違うのはこの人は少しは仕事していたけれども、俺はそこら辺にも無気力だったという辺りでしょうか。多分この人にとっての漫画が俺にとってのネットだったんだろうな。だからこんなに共感を。

前の失踪日記でもやたらと共感を覚えていたので、俺は結構まずいタイプの人間なのかもしれないなあと思うのだけど、救いは俺はうつでもないしアル中でもないという辺りであり、この人の人生でのキツイ部分はその二点だと思われるので、まあ結構違うのだろうな。あとこの日記のことを途中「引きこもり読書感想文」と自嘲していたので、ああ、俺の無職の時の感想文には全く同じ事を思ったものだと思い出した。

しかしこの手の日記漫画家には桜玉吉さんなどがいたりするわけですけども、あの人もわりとうつうつしていたなあということに思い当たり、日常を切り売りして生活の糧にするということは結構きついことなのだろうなという推測を。でも初期の日記日記から比べると中盤から後半にかけてはわりと人に見せることを意識している日記だなと感じた。それは文字と絵の配分を見ればわかることか。相変わらず絵は上手いというか好きな絵であり読みやすくて面白かった。

うつうつひでお日記 (単行本コミックス)

うつうつひでお日記 (単行本コミックス)

[]ショウユスキーの推測

しょう油を愛してやまない高血圧ガールの私ですけれども、って別に高血圧じゃないし、ガールでもないんですけども、最近ではしょう油に限らずしょう油的なものもわりと好きなので、よくある間違いである麦茶と間違えてめんつゆを飲んでブーというパターンすらも普通に受け入れてめんつゆをゴクゴク飲みそうな自分というのを予想できるのである。

2006-07-27

[]ファック日記

先月くらいに左手中指の付け根に負った傷が元で、なんだか左手の中指がある場所以上に上がらないといった塩梅になっている。これは困るなあ…非常に困る…だって異人さんとかパンクとかデスメタルの人に会ったときに左手の中指を立ててファックと言うことが出来ぬではないか十兵衛…と、俺の頭の中の薬師寺天膳が申すわけですけども、他に困るところがそれほど無いというのはそれでそれはなんかちょっと悲しいの。

[]名字か

さっきネットしてたら「キン肉マンアタル」という表記を見かけて、キン肉マンアタル…キン肉アタルじゃなくてか…キン肉マンはキン肉スグルじゃなくてキン肉マンスグルだったっけ…あ、でも万太郎はキン肉万太郎…いや…キン肉マン太郎…?いやそれは…そもそもキン肉って名字なのかよというか、キン肉大王はキン肉真弓だし先祖にはキン肉タツノリもいるわけだから、やっぱりキン肉アタルが正解ですよねというか、じゃあママはなんなんだ。キン肉ママか。というかビビンバはスグルと結婚した時点でマママスクを着用していないとキン肉一族的にはどうなんでしょうかなどということを小一時間考えてしまったので、キン肉マンアタルという表記をした人を小一時間問いつめたい。

[]とびあがれとびあがれとびあがれ

もう何年も前の話であるので記憶はおぼろなんですけども、機動戦士ガンダムにおいて地球に降り立ったガンダムに乗ったアムロ・レイが「ガンダムは飛べます、ほら!」とか言って、びょんびょんジャンプしながら次々とマゼラトップを叩き落とすシーンがあったような気がして、それを初めて見たときにはものすごく違和感を覚えた記憶があるのだけど、もしかしてその「とぶ」は「飛ぶ」じゃなくて「跳ぶ」だったのかしらと今更思い至った。しかしあのシーンで飛び跳ねるガンダムはいささか滑稽だった…って飛び跳ねるだと飛ぶ跳ぶなのか。あれ。まあいいや。

2006-07-26

[]紅の生姜

最近酒のつまみに紅ショウガを食ったりしているのだけど、冷静に考えてみたらそれはいったいどうなのかと思う選択なような気がしてきたのです。順序としては根生姜美味い→岩下の新生姜美味い→ガリも美味い→もしかしたらと思って食べたら紅ショウガもいける←今ここなわけですが、これからさらに発展して生の生姜をガリガリ食べたりするというような展開になったら恐ろしいので、紅ショウガを食べるのもほどほどにしてゆきたい。

[]グレイシー数え歌

唐突ですがBOØWYの「ホンキートンキークレイジー」という歌の歌詞を変えて、「ホンキートンキーグレイシー」という歌を思いついた。曲にあわせてグレイシー一族を紹介していきます。サビは「ホンキートンキーグレイシー柔術~」でお願いします。歌自体はキーラ・グレイシー辺りで力尽きました。多すぎるよグレイシー

[]今月のシグルイネタバレしない)

岩本虎眼先生のフィギュア発売とか、相変わらずの若先生の回想というか暴走というか暴想といった感じの展開も面白かったんですけども、いきなりの見開きに登場していた山崎九郎右衛門に度肝を抜かれた。若先生はどんだけ九郎右衛門が好きなんですか。オリキャラをどんだけ愛してるんですかーっと思った。

[]やな日記

昨日は時間つぶしにカラオケなぞに行って、吾輩は主婦であるを知らない人相手に家庭内デートを歌ってみた。我ながらどうかと思ったのだけども今年のベストバウトであった。あとキン肉マンメドレーというか勝手に連続でキン肉マンの主題歌を歌ったりしていた。

もうカラオケには行くまいとほんの少し思った。

2006-07-25

[]なぞなぞ日記

パンはパンでも食べられないパンはなんだ?というなぞなぞを久しぶりに聞いて、まあ普通にフライパンが浮かんだのだけども、フライパンって解釈次第では揚げパンということになったりするので、食べられるのではないか…とその時に思って、うちに帰ってきてから検索してみたところ同じようなことを言っている人は沢山いたわけであり、あーなんかつまんねえ…と落胆しつつ、フライパン駄目ならじゃあ答えは何?なんなの?あんたアタイのなんなのさ?と思ったので考えてみたところ「パ…パンダ?」と思ったのでなんかちょっと道を間違えた気がする。でもパンダは食えないよ。多分一生食えない。

[]安彦ガンダム

最近ちんたらと安彦良和さんの漫画版ガンダムを読んでいるのですが、どうしてもガンダムの肩についているキャノン砲が気になって仕方ないのです。以前にちょっと読んだときにはガンキャノンガンタンクが三台ずつくらいホワイトベースに配備されていることに戸惑ったものですけども、今回読んでみたらばガンダムにキャノンがついていることが気になってしょうがないというか、それはもうガンダムというかガンダムキャノンすなわちガンキャノンではないのかというかガンダムのダムとはなんだ!ダムて!というトニーたけざきガンダム漫画におけるキシリア・ザビ状態になってしまうわけであり、トニーたけざきさんのせいで全体的にギャグ漫画にしか見えないのでちょっと困りますよね。面白いけど。

2006-07-24

[]かむかむ

毎度お馴染み、調べもしないで無責任に書くシリーズなのですけども、こう、なにか言葉を喋っていたときに、つっかかるというか上手く喋れないときがあるだろう。今日本語としておかしいかもしれないけれども「~だろう」という語りかけ系の文末を使用したかったのだろう。

じゃなくて、そういった上手く喋れなかったときなどにすぐに「かんだ」などというじゃないですか。ツッコミ的に使ったり。じゃあ伺いますけども一体全体なにを噛んだんだ。舌か。唇か。ほっぺたの横の肉か。それとも親知らずの上に乗った歯肉か。ええい!なんなんだい!どうなんだいおい!とか思ったんですけど、もしかすると言葉を噛むというイメージの問題なのだろうか。出てくるはずの言葉を噛んでしまうことによって本来言いたい事とは全然違う言葉が出てきてしまうっていう。

なんとなくそうなのかもしれないという結論が出て参りましたので、調べもしないで勝手に書いて納得して終わるシリーズはこの辺でお開きにしたいと思います。

[]アンダーテイカーさん

NOAH鑑賞。丸藤・KENTAvs力皇・森嶋を見たのだけど、普通に考えてジュニアとヘビーをそれぞれ一人ずつ組ませるというのがベターだと思うのだけど、ジュニアvsヘビーを普通にやるというか、垣根を取っ払っていこうという意識みたいなのを感じるので面白い。

それはそれとして森嶋は入場時に中途半端なコートとつばの広い帽子を被って出てくるのでなんだかアンダーテイカーにしか見えないのにはびっくりした。怪奇派か。お肉たぷたぷしやがって。ああでも不細工なスペースローリングボディアタックからベイダーハンマー乱れうちの流れは結構好き。森嶋の無茶技で解説の百田が驚いてばっかりいるのがなんかちょっと新鮮だった。

しかし試合自体がすっげえすよ。面白いと言っていいのかどうかあれですけど面白いんだもんな。あとちょっと怖いっつう。これもう四天王プロレスすよねえ。多分60分の試合だったら60分延々やってんじゃないのこの人たち。というかこれだけのレベルの試合をやられたら認めざるを得ないというか、新日本とか見てたら俺はもしかして若いレスラーというものを好きになれないのかしらと思わされたりしてたのだけど、きちんと段階踏んで売り出してくれると受け入れられることがNOAHのおかげで解ったので嬉しい。

[]ですが

三遊亭好楽さんが紅ショウガ色というか、微妙なピンク色の着物をいつも着用しているのは好楽という名前とピンクの錠剤コーラックがかかっているというのは常識ですが。

2006-07-23

[]生匂い

生臭いという言葉があるが、あれはなんで生臭いなのか。もとい、なんで臭いなのか。この文字列を目にしたら十中八九「なまぐさい」と読むだろう。魚などが嫌いな人がよく生臭いから駄目とかいいますけども、悪魔のように刺身やら生肉を愛する自分としては生臭いのはわりと好きというか、ほのかに漂う生臭さがあった方がむしろ食欲をそそる感じであり、臭い臭いって生さんに失礼だろうが、お前らみんな生さんに謝れと思うのでこれからは生臭いという文字列を見たら「なまにおい」と読むようにしていきたいと思う。

[]だからファック文芸部は恐ろしい

禁人日記ダイジェスト

禁人セラピーの著者で死にました。

[]意味は知らん

さっきシャンプーにリンクフリーと書いてあって「おお、シャンプーのくせになんでリンクとか…」と思った瞬間に「リンスフリー」の誤読であるということに気がついて。

[]日曜日テレビ日記

最近日曜日にあまり早起きできないので、スーパーヒーロータイムをビデオに録っているんですけども、見る順番としてはカブトワールドプロレスリングボウケンジャーカブトという流れになっているのでなんだかグチャグチャです。エウレカがやっていた頃はプロレスの前にエウレカを見ていたのでさらにぐっちゃぐちゃ。というかどんだけカブト好きやっちゅうねんという話ですよね。

それはそれとして今日のカブトは坊ちゃんが本気のちょい役だったのでびっくりだった。あれなら出てこなくてもいいじゃないか…。そして風間大介が戻ってきたのはいいけどなんで近接戦闘をしているのだろうという。あとプットオンでマスクドフォームというのをまた使っていたのでびっくりだぜ。あと坊ちゃんだけせっかく出てきたのに変身しなかったのでびっくりですね。坊ちゃんは完璧お笑い要因になっているので、実はワームという設定がうやむやになったりするといいナ。んでもって、本田博太郎さんを見るといまだに吾輩…と思ってしまうのでどうも駄目だ。ほいで三島さんの三白眼よ。

あと今日のボウケンジャーはボウケンシルバーに対しての悪口で「おまえ光り過ぎなんだよ」というのが面白かったです。

2006-07-22

[]金井君

昨日「目からビームは出るのか」というのを言ってみたいとか書いたのだけども、なんだか似たような言い回しが無かったっけ…?と思って考えを巡らしていたら、蛮勇引力における主人公由比正雪が言っていた「手からビームですよ金井君」というのにぶち当たり、言い回しが面白かったので羅列改変。

  • 鼻から牛乳ですよ金井君。
  • 私からあなたへですよ金井君。
  • 覚悟が完了ですよ金井君。
  • ひょうたんからコパですよ金井君。
  • 出前一丁がたびたいですよ金井君。
  • 若先生と呼べですよ金井君。
  • 屁の突っ張りはいらんですよ金井君。
  • 牛丼一筋三十年ですよ金井君。
  • 獲物は逃がすなですよ金井君。
  • 相手の誘いには絶対乗るなですよ金井君。
  • 円は直線を包むですよ金井君。

最後の三つは例によってあれです、わたしにはみんなのような若いパワーはもうのこってはいない…しかし体力の消耗を最小限におさえ技を有効的に使う戦闘をしっている。それが、わたしのロビン戦法!

[]キシリッシュの人とか

最近木村カエラさんっぽい人のことは「多分木村カエラさんではないのだろうけれども木村カエラさんっぽいので木村カエラさんという認識をしておいても問題ないのだろうから木村カエラさんだこの人は」と思ったりしているわけですけれども、別に普段の生活に支障ないので今日はわりと元気でした。

[]タモリ倶楽部

全英オープンゴルフの回。今日のタモリ倶楽部はオープニングも空耳も冒頭のタモリさんの挨拶もなく、淡々とゴルフをしていました。って去年もこういう事を書いたな。やめよう。それにしても二週間もタモリ倶楽部が見られないだなんて正月のようだわ。正月か。お正月か!

2006-07-21

[]喫煙衝動と24時間戦えますか日記

禁煙始めて大体1ヶ月くらいが経過いたしまして、基本的にはあんまり煙草が吸いたくない状態におり、他人の吸ってる煙草副流煙がちょっと気になったりする程度の煙草に対する意識な感じの最近なんですけども、時々ものすごい勢いで煙草が吸いたくなるときというのがありまして、そういうのを喫煙衝動というのだろうと思うのですけれども、禁煙初期段階の喫煙衝動に対しては「タモリさんが言っていた…喫煙衝動は15秒程度で収まるってな」などと考えたり、煙草を吸ったところであんまり意味ないよねえなどと思ったりして抑えていたのだけども、最近はなんだかもう面倒くさいので煙草とか吸いたくないという気持ちになる。

だってまた煙草吸い始めたら、まず煙草を買わなくてはならない。定期的に。そんで灰皿を捨てたので購入しないとならない。ZIPPOのライターにもオイル入れたり石を入れたりしないとなんない。部屋で吸うとヤニがすごいので掃除しないとならない。嫌だから外で吸うとかそこまでするのは非常に面倒くさい。というわけで、古谷実先生が描くところの「人生最大の敵」である「めんどくさい」を有効に活用して喫煙衝動を抑え込んでいる今日この頃なのであります。煙草、めんどくさい。

あと俺の周囲に煙草やめるつってすっぱりやめられた人というのが一人も存在しないということに気がついたので、自分の人生で初めて見た禁煙者は自分なのであった。

[]一生に一度くらい絶妙のタイミングでいってみたい言葉

「それで、目からビームは出るのか」

2006-07-20

[]「銭 4」鈴木みそ

相変わらずいつ出たか解らない漫画ですな。今回もああ出たのかと思って購入。しかしこの無駄に装丁が豪勢な感じの作りになっているのに馴染めないわ。もう四巻目だってのに。

この巻は前のペット関係の決着編と声優編が丸ごとと骨董編のさわりが入っているんですけども、正直ペット編とか忘れてました。結構間隔空いちゃうんだから一巻ごとに収めていってくれると読みやすいんだけども。まあ勝手な話ですね。

相変わらず穿った視線というか、性格ねじ曲がってますよねというのが随所に見られるといいますかなんといいますか、この人の漫画は本人登場取材漫画の類しか読んだことがなかったので、お話として決着をつけるというか、オチまできちんと描いているのをみて、あー無責任言いっぱなし描きっぱなしの取材漫画じゃないので違和感あるっちゃあるよなというようなことを思いました。

声優編は面白いといえば面白かったですけども、今時まくら営業がどうのこうのとかねえ、そういうのを漫画で改めてやるっていうのが、なんか妙な感じというか、あんまりごちゃごちゃ書いてるとこの漫画に出てくる気持ちの悪いキャラの類になりそうなのでやめときますけど、なんか、ねえ。骨董は個人的に興味のあるジャンルなので、次に期待しておきます。ああ、一つの巻に収めて欲しいとか書いていながら矛盾している。いいけど。

銭 四巻 (ビームコミックス)

銭 四巻 (ビームコミックス)

[][]タワーブリッジ日記

遅ればせながら缶コーヒーWONDAについてくるキン肉マンフィギュアを購入してみたのですが、残っていたのがブロッケンJrが首だけのミスターカーメンベルリンの赤い雨をしかけているものがいくつかと、ロビンマスクアトランティスにタワーブリッジをしかけている物が一つだけあったので、とりあえずロビンマスクのものを購入してみたところ、噂に聞いていたとおり非常に作りが甘く、ロビンマスクはなんとなく気弱なロボットみたいな顔になっていたので残念な感じであった。

そして何よりこのシーンで一番重要なのはアトランティスミートくんの右足を持っているということであり、それを持ってロビンフェイバリットホールドから逃げることが出来たわけで、いくら探してもアトランティスが右足を持っていなかったので駄目だと思うよ。

あと職場の人に「キン肉マンとかすごい懐かしいよね」と言われ、キン肉バスターのが欲しいとかいうので、いや俺はパロスペシャルが欲しかったというか、キン肉マンは懐かしいものでは無くって云々とかいうことをくどくど訴えかけそうになったのだけどこらえたのでえらいと思いました。俺が。俺を。えらいと。

[]デトロイト・メタル・シティデトロイト・ロック・シティから来てるんだよねえ

何かにつけて「鬼のように○○」という言い回しを使う方がおられますが、DMC信者であり、クラウザーさんチルドレンの人間は「悪魔のように○○」という言い回しを活用していけばいいんじゃねえのと思った。意味変わりそうですけど。

2006-07-19

[]1000人の弟子

ネプチューンキングは最初っから1000人の完璧超人軍団で地球に乗り込んでくればよかったのにね。あと俺には1000人の弟子がいる!とかいってしまうのは誇大妄想な人っぽくて格好悪いので大好きです。事実なのに。

最近ネプチューンキングに対して無駄な理解力を持つようになってきてしまった。子供の頃から最近まで肉で一番嫌いなキャラだったのに。そのどこまでもどうしようもない存在に同情すらしてしまう。これが大人に…大人になるって事かな。違うな。違う。違いすぎる。世の中に絶対はないとしてもこれは絶対に違う。

[]朝イチに思ったこと

「ちゃんりんしゃん」の「ちゃん」とは「ちゃんと」ということなのだろうか。ちゃんとリンスしてシャンプーしてくれるということなのでしょうか。というか普通シャンプーしてからリンスするよね。ということはちゃんとリンスとシャンプーが入っていますという意味でしょうか。どうなんでしょうか。どうでもいいでしょうか。どうでもいいですね。まあアンテナに拾われないとこのような更新にもなってしまいますよね。

2006-07-18

[]ブラインドタッチ

俺が考えたブラインドタッチ習得方法があるのですが、まあ別に俺が考えたとかではなくて、誰かがもうすでに考えついているものでしょうが、こう、キーボードの上に布を被せるというものでして、これは結構効果的というか、正式な形での習得は難しいのかもしれませんけども自分がどれくらいキーボードを見ずにタイピングが出来るのかという確認にもなるのである。これはパソコンの前で汁物を食べる際に汁が飛ばぬように布をかけておくという配慮がきっかけで生まれたタイピング方法なのだ。

あともう一つ考えた練習法として、目を潰す、いわゆる「後方からいくの叫び」「前方に憤怒の虎眼」「な…な、何ゆえ!?」星流れ!「あーかいまがくしさいた」という、盲目状態になってからタイピングをするタイピングルイとかそういうのもあるのですけども、まあなんといっても一生目が見えなくなってしまうので、ブラインドタッチとかそういう問題とはかけ離れておりますゆえに、一般の方は目隠ししてタイプ練習程度にとどめておいた方がよろしいかと存じ上げます。

[]今考えた

うちのサイト名であるドロップキックアウトというのは、昔俺の友達の友達の先輩にいた会ったことはないけど話だけは噂に聞いた人で、いわゆるノックアウト強盗といわれる類の犯罪者だったんですけども、その人はノックアウトする際に豪快なドロップキックを得意技にしていたという話で、その後は当然逮捕されたらしいんですが、すなわちそれはドロップキックをするアウトローということで略してドロップキックアウトなのであり、その話を聞いたときのドン引きした自分の気持ちを忘れないようにするために付けた名前ではないです。

2006-07-17

[]リベリオンを見たよ

木曜洋画劇場で録画しておいたのをようやく見たっす。なんか色んな映画評などを見ると、ストーリーを見るべきものではなくアクションを見よとのことだったのだけども、まあガン=カタも初見の自分にはなかなかというかかなり興味深いものでしたが、ストーリーの本筋である泣いたり笑ったり出来なくしてやる!というところも結構興味深かったです。

感情ないならそんな事しないだろう…というような所も結構ありましたけど、独裁者独裁者でいられる仕組みを見る映画としては及第点なんじゃないでしょうか。

あとまあガン=カタですが、これを見るまで銃=型の事であるという考えに及ばず、なんのことじゃろと思っていたのだけども、見てみたら虎眼流であった。「虎眼流は最小の斬撃で斃す 三寸斬り込めば人は死ぬのだ」という話ですよ。徹底的に無駄を排除した動き。現実性はものすごく薄いですけど結構興味深かった。「虎眼流を習得すれば攻撃力は120%の向上が見られる」っつうのな。とりあえず主人公が二丁拳銃つうだけで面白いと思ってしまうような人間であり、ゲーセンでも200円入れて二丁拳銃ガンシューティングをやるような傍迷惑な人間なのでわりと満足しました。あと一番面白かったのはガン=カタ時のファーザーの顔ね。必死すぎる。あとファーザーって言われるとどうしても神聖モテモテ王国を思い出してしまうんですけど。プロジウムでモテモテじゃよ?とか。そんなん。

[]高山さん

NOAH鑑賞。高山善廣の復帰戦を鑑賞。三沢・秋山vs高山・健介という、こんな事でもなければ見られないカードを鑑賞というか、三沢×高山という組み合わせを見るとあの高山がボッコボコにされたGHC戦を思い出してしまうのでなんか怖かったですよ。でも高山が往年の動きというか、昔以上の動きをしているのを見ると嬉しくって。高山がやられててもニコニコしてしまうもんねえ。というか見ている途中で誰が一体負け役に…という違う面でドキドキした。負ける要素がないひとばっかりのタッグマッチはドキドキするすよね。つーか復帰戦にエメラルド・フロウジョンて…。

しっかしNOAHは面白いわ。高山が欠場したのが俺が仕事辞めた直後のG1でなんかいろいろと個人的に思うところがあったので面白かったのかもしれないですけど、今一番面白い団体はNOAHですねえ。まあ高山はあのジャーマン打てれば平気でしょう。よかった。

[]0:36分現在非常に酔っている俺が

自分の日記の過去ログをニヤニヤしながら読むという非常に気持ちの悪い行為をしていたところ「やまいだれ」という文字列を見ていたら何故だか「やまだいれ」に見えてきてしまって、俺の知っている山田さんを次から次へと何かに入れる様というのを想像してしまってなんだか妙な気分になり申した。

2006-07-16

[]吾輩は主婦である 名前はみどり

いやみどりじゃないですけど、さっきようやく最終回を見ました。最終回だけ録画失敗!というありえないミスから早いもので二日が経ちました。見たい欲求を溜めて溜めて溜め込んでから見た分笑った笑った。最終回が一番笑ったかもしれない。そして泣いた。正確に書くと泣きそうになって涙腺の辺りにじわっとしたものを感じた。

ドラマ自体は全四十回をすべて振り返るのはあれなのであれなのですけども、結局の所ホームコメディといった体で、いかに小ネタというか小ボケを挟んで挟んで、そんでどっかに泣かせを入れてどーんと泣きそうにさせてしまうといった感じのドラマだったなあという印象。やってることは今までとそんなに変わりはないように見えるのだけれども、時間がある分じっくりやれていたのかしらなどとよく解らないけどそんなことを思った。

とりあえずこのドラマの一番の功績は「吾輩」を一人称から名詞に変更した点ではないでしょうか。名詞?合ってる?人名かな。あ、二人称かしら。まあいいや。最近突っ込まれることが多いので用心深くなっている吾輩がいるわけですが、だんだん斉藤由貴さんのことを見ると普通に吾輩と思っている自分を発見するわけでもあります。次の功績は「赤い女」を「なまはげ」に昇格させたところでしょうか。いやこれは昇格じゃないな。でもまあ昇格したと思えるほどにこのドラマにおける赤い女の活躍はすごかったです。

そしてやはり斉藤由貴さんが素晴らしかった。もちろん本田博太郎さんに引っ張られている部分というか、思考部分を本田博太郎さんが受け持っていたせいもあったのだろうけれども、吾輩の吾輩っぽさがすごかった。というか、夏目漱石は本当にあんな人だったのかという話になるわけですけれども、そんなことはどうでもよくなるくらいにすごかったですよ斉藤由貴さんは。最初はねえ、えー斉藤由貴なのー…なんかねえ…もっといるんじゃないの…?くらいのことを思っていたというか、最初の一週間くらいはそんなこと思っていましたけども、今では斉藤由貴さんを見るだけでわりとニコニコしますよ。これは例のクドカンマジックという奴なんでしょうかやっぱ。個人的に芸能人のなかで十指にはいるくらい嫌いだったTOKIOの松岡さんですら一瞬好きにさせられたくらいなので相当なものですねこれは。あと竹下景子さんに関しては書くのもおこがましいくらいに楽しませていただきました。

そんでまあ相変わらずクドカンドラマを見ると好きすぎて気持ちの悪い感想文を書いてしまうので我ながらどうかと思うわけですけれども、正直次の五つ子とかはどうでもいいので吾輩を二年くらい続けて欲しい気持ちでいっぱいです。なんで終わっちゃうの…。俺の平日の楽しみはどうなってしまうのだ!なんだ!なんなんだ!

[]トムコさん

ワールドプロレスリング鑑賞。レスナー戦に向けてターナー・ザ・インサートが頑張っているよという回だったのですけど、レスナー来日キャンセルで王座剥奪ってこれはいったいなんのギャグなのだ。随分前振りの長い金のかかった一発ギャグすね。笑った笑った。目は死んでますけど。新日本はなあ。もう。

あとトラヴィス・トムコはもしかしたらと思ったらやっぱりタイソン・トムコであった。まあトムコはいいけどバーナードとトムコに天山が入るというわけのわからなさがすげえ。あと曙のオワリジャーが聞けたのでよかったです。もうなんでもよかったです。最近ワールドプロレスリングの合間に流れるゲームのCMで蝶野がガッデムを三連呼するのがちょっと面白いです。以上です。

[]仮面ライダーカブト

カブトって毎週次の週に引っ張るわりには、たいしたことのない展開で始まることが多いですよね。というか俺の中の吾輩がまだ終わっていないので、本田博太郎さんの怪演を見てやっぱり戸惑いました。AREA Xにいるのは吾輩かもしれない。しかしカブトは神に代わって剣を振るう男のおかげで話が脱線しまくるな。そういうものなのかライダーとは。

あとまあ今週はカブトガタックが共闘したのが見どころだったのでしょうが、その直前に生身でワームと戦っていたのが一番すげえんじゃねえのかと思いました。あとテンションの高い水嶋ヒロじゃなくて天道が面白かった。そんで映画の宣伝の武蔵が気持ち悪い。やるじゃなーいとか言いそうな。

2006-07-15

[]タモリ倶楽部

ビデオに録画して帰ってきてから見始めたら、明石家さんまくりぃむしちゅーが変な番組をやっていた(しかも途中から録画されていた)ので、昨日の吾輩は主婦であるの録画失敗に続いて今日もタモリ倶楽部失敗…というかもしかしたら、タモリさんの後釜に明石屋さんが入ってさんま倶楽部とかそういうことになっていたらどうしよう…と思ったら普通に特番のおかげでつぶれていたのでよかった。いやいやよくなかった。

[]例え

トラックバックって来るときは結構続けてくるけど来なくなると全然来ないよね…と当たり前といえば当たり前のことを何かに例えようと思ったのだけど「まるで一度赤信号に捕まると次から次へと捕まるように」という例えしか浮かばなかったので、自分の例え能力の限界はこの程度なのだなと痛感した…というのを何かに例えようと思ったけどなにも浮かばないといった具合の俺の例え能力。

2006-07-14

[]「人斬り龍馬石川雅之

こ、この人こんなに格好いい漫画を描く人だったのか…と失礼な感想を持った。なんというかどっかしらふざけないと気が済まない人だと思っていた。

とりあえず短編集を読んだりしていて、なんとなく時代物の漫画が描きたい人なのだろうなという感じがしていたのですけど、きっちりと幕末の話を描いている。表題作は坂本竜馬がもしも人斬りだったら…というような話であり、ああなるほどこういう解釈もあったかという感じで無理がない。歴史の新解釈ものは史実と絡めていかに話に整合性を持たせるかというのも魅力の一つだと思うので、これは見事に成功している例なのだろう。

そもそもが歴史というのはほとんどがその時代時代の勝者が残してきたものだという考え方というのが正しいことなのかどうなのかは詳しくはないのでよく解らないけれども、その手の小説などを読んでいると時々そんな気分になることもあるので、こういった思いついたから描いてみたという作品に触れると少し嬉しい気持ちになる。大体が坂本竜馬絡みの話というのはいい話が多すぎる。それはそれで面白いですけど、この漫画もその類なのだろうと思っていたら坂本竜馬をこの時代に生きる普通の人間として描いていたので、少しだけ驚いた。

あとの話もわりと深刻な感じではあるのだけど、気持ちのどこかに確実に訴えかけてくるような漫画であり、こういう漫画もまた面白いという感じでありました。最後の龍の話は特によかった。

人斬り龍馬 (SPコミックス)

人斬り龍馬 (SPコミックス)

[][]吾輩日記

今日は仕事で吾妻というところに行って一瞬「吾輩?」と思ったりしたくらいに、昼ドラ吾輩は主婦であるの最終回のことばかり考えていたわけですが、全四十話、週にすると八週間、見逃したのは序盤の二回くらいだったわけで、帰ってきまして意気揚々、昨日のラストの本田博太郎さんは…そして斉藤由貴さんは…そしてそしてやっちゃんは…赤い女はどうなったのであろうかと思いながら、録画されてたビデオを巻き戻して再生したら画面に映るのはガン=カタ…!昨日録画した木曜洋画劇場リベリオンが再生されたので、わけがわからなくなってとりあえずモンナシーヌを歌う俺がいた。お金をあげちゃった。じゃなくて。

一度も見たことのないドラマの最終回だけを見るというようなわけのわからないことはたびたびやって参りましたが、まさか37~8回見てきたドラマのオーラスを見逃すとは。とは。とりあえず自分の想像力で俺の吾輩の最終回というものを補完したりしているのですが、いずれはどのような手段を使ってでも見るつもりであり、俺の吾輩鑑賞を邪魔するものは怪我するわけであり、何人たりとも許されないわけであり、とりあえずビデオを破壊しようと思ったのだけど、リベリオンまだちゃんと見てないので、壊すのはやめておいた。勘弁してやったぜ。

追記…なんとかなりました。

[]邪道日記

誰でも心の中に一人大仁田厚を飼っていて「まなべーまなべーおいまなべよ、おまえは電流爆破が…おまえは電流爆破が見たいか…まなべーまなべー」などと心の中の真鍋アナウンサー辺りと絡んで水を噴きかけたり、心の中の煙草を吸いながら花道を歩いたり、心の中の革ジャンを盗まれて返してくださいと訴えていたり「お前らがーいる限りー心の中のーFMWはー絶対にー潰さん!」とか言ったりしていると素敵だなと思ったりしているわけで、なんかこの文章にはオチがあったような気がするんだけど忘れてしまったんじゃ。

2006-07-13

[]今だから真実を話す

別に大げさな事じゃないんですけど、はてなアンテナはてなRSSに登録してある個人サイトっちゅうか、日記サイトというかブログの類が400を軽く超えているわけであり、毎日そんなにびっちり読めていないわけで、ある程度タブブラウザでガーッと開いて流し読み状態に陥ったりしているわけですけども、そんな中で面白い事が書いていそうなサイトを見つけたら全部読んだりして、全部読んだからブックマークしなくては、はてなブックマーク!と思ったりするんだけど、読んだんだったらそれでいいじゃんかーというような気もするわけで、でも自分の所がブックマークされたりすると、ああ、読まれてるんだなあ俺の書いてる事って…とか思ったりするんで、読んだからブックマークというのは正しい形なのかもしれないというかだんだんわけがわからなくなってきました。

そういうのは抜きにして、書かれていることは一字一句逃すまいと思って読んでいるところもあるのですけれども、そういうところだけを定期の巡回先にするとよろしいのかもなあと思うんだけど、いっぱい更新されてる方が嬉しいじゃないですか。なんか。ねえ。あとたまに自分の琴線にバッチバチ触れて来る人というのも沢山おられるのでやっぱり増える一方の巡回先なのである。

[]ひらがな

最近妙に平仮名が可愛いと思うようになってしまった。何故急にそんな事になってしまったのか。何時から僕達はこんな風になってしまったのだろうかという感じでありますけれども、平仮名の魅力というものに気付くときというのが人生に一度くらいあってもいいのではないだろうか。

さいきんみょうにひらがながかわいいとおもうようになってしまった。なぜきゅうにそんなことになってしまったのか。いつからぼくたちはこんなふうになってしまったのだろうかというかんじでありますけれども、ひらがなのみりょくというものにきづくときというのがじんせいにいちどくらいあってもいいのではないだろうか。

非常に読みにくい。でもかわいい。ひらがな萌えである。

[]似てる

ジネディーヌ・ジダンさんの例の頭突きを何度も繰り返し繰り返し見せられてどうもなにかに似ているなあ…と思っていたのだけど、見る度に少林サッカーの鉄の頭を思い出しているのだろうというところに気がついた。少林サッカーじゃないにしてもあの動きはカンフーの動きすよね。そうかジダンさんはカンフーの使い手だったんだ。

2006-07-12

[]俺が一番痩せてた頃

今日は俺が一番貧乏だったときの話をしよう。しような。したいんですよ。十年くらい前の夏だったでしょうか、その時貧乏になった原因というのは無職とスロットだった。無職になって二ヶ月くらいで、あんまり考え無しだった当時の俺は貯蓄もあまりなく、スロットで勝ったり負けたりしながら日々を過ごしていたわけです。

そんでその当時バンド仲間の友達の家に居候していたんだけども、その友達もまた無職であった。そんでスロットばっかりいっていたの。時にはパチンコにもいっていたの。そのころはモンスターハウスとかそういうのをやっていたんですの。あとサンダーVとかねえ。そう俺の貧乏の原因はサンダーVであったのだ。

金がなくなりかけたところでようやく居酒屋でのバイトにありついた俺は安心感からかまたスロットに行ったのだ。そして選んだサンダーV。所持金は3万円。あっという間にコインサンドに飲み込まれていった漱石。残り3千円くらいで5回ほど出て、そこで元を取り戻してやめればよかったものを気がつけば手持ちの金を全額投入。自分がなにをやっているのかも解らないまま気持ち悪くなって吐き気に襲われてえづきながら死にたくなったりしたのだけど、家に帰ったら5千円札があったので、それで1ヶ月生活することになった。

週に5日の居酒屋バイトの日には1食めしにありつけていたので、その他の食事やら喫煙をどうするのかという話になっておったわけなんですけど、喫煙は煙草1本を2回から3回に分けて吸い食事に関しては甘ったるいコーヒー牛乳1リットルを購入して、それで腹をふくらかしたりしていた。休日にごはんが食べたくなったらそうめんなどでしのぐ。

そういった暮らしを二週間くらい続けているうちに見事なまでの夏バテに襲われて、めしがなにも食えなくなったりして、体力がなくなりバイトだけは気力でこなしていたのだけど、その他の時間は部屋でぐったりしているという有様であり、なんだかんだで5千円を余らせて最初の給料日を迎えた記憶がある。

そんで給料を貰って、友達に連絡取って飲みに行こうという話になって、頬の痩けた俺を見て今日は俺がおごってやるからなんでも食いなよと言ってもらって色んなものを注文したんだけど結局お新香しか食えなかったのが本当につらかった。そしてその時落ちた体重は10キロくらいであり、元々そんなに太ってはいなかった方の自分としてはがりがりになったわけであり、一番貧乏だった時期は一番痩せていた時期であったのだった。貧乏ダイエット。暑くなるとこのときのことを思い出して、頑張らないと日本でも餓死はあり得るからねと気を引き締めるのです俺は。

[]夢日記

なんだかイラストを描く仕事をしている俺が、上司からこれやっといてといって渡された紙に絵を描き始めたのだけど、どう見ても普段普通に俺が書いている落書きというか、リアルに下手な絵を描いている俺を見ている俺が夢の中くらい絵が上手かったりしてもいいんじゃないの…と思いつつ、出来ませんと言えない俺が一生懸命書き上げた下手くそな絵を描き上げて海より深い絶望と共に上司に提出したら褒められたので俺はにぱあと笑った。

2006-07-11

[]原付と禁煙のび太と日記

原付乗って帰ってたら釘のようなもの踏んでしまったようで、前輪がパンク、でもまあゆっくり走ってれば大丈夫という感じだったのでよろよろと走りながら、もう終わっている時間かもしれないと思いつつも、知っているバイク屋に行ったらば、中から中国人のような人、中国人のような人と言ってもラーメンマンのような人ではないのですけれども、その人にここは一週間くらい前から閉めてるのヨーと言われたので、近くにバイク屋はないですかと聞いたらばすぐそばにあるよと言われて、向かったところタイヤの在庫がないので明日にならないとどうにもならないと言われ、十分くらい悩んでみたところなんの進展もなかったので、しょうがないのでお願いします…とバイクをおいて徒歩三十分の道のりを何故だか自虐的な気持ちで歩き始めた途端に、もう完全に体からニコチンが抜けているはずの俺の体が激しくハイライトメンソールを求めたので、自動販売機に向かって、ハイライトメンソールが290円に値上がりしている事実を確認するだけして、久しぶりに煙草を我慢しながら早歩きで帰ったら汗びっしょりでああんもう…!と思った。野比のび太のように。のび太がああんもう…!と言っていたかどうかは知らない。イメージの問題である。

[]ネーミング

フランケンシュタイナーフランケンシュタインの関係性の謎について語っている人というのは沢山おられるわけですけども、シュタイナーはやっぱあのスタイナーから来ているんだとしたらフランケンはどこから持ってきたんだという話になるわけで、それはやはりスタイナーブラザーズの長兄である、フランケンスタイナーから来ているのだろうという話は聞いたことないです俺は。

2006-07-10

[]高血圧

あらかじめ断っておきますけども、これから書かれる文章というのはすべて自分のイメージに基づくものであり、イメージだけで語っておりますわけでございますので、事実とは多分何ら関係がないことをだらだら書きますけども、おいおいそれは違うよと思われても放っておいてください。

以前に書いたことがあるんですけども自分はとてもしょう油が好きであり、ショウユスキーなのだなどと書いたらば、高血圧になるよ、あんた死ぬよ、だけど地獄行くなどと言われ、高血圧というのは血圧が高まってもう血管がパンパンになって、思わず早起きをしてしまうというくらいのイメージしかなかったんだけども、高血圧は死ぬのかしら。死に至る病なのかしら。そして。

というか自分は小二の時に貧血であるという医師の診断を受けてから、慢性の貧血で現在に至るわけですけども、血が足りなければ高血圧になりようがない気がするのだけどどうなのでしょうか。貧血の高血圧というのはいるんだろうか。ということはですよ、貧血で悩んでいる人というのは塩分過多の状態になったら血管がパンパンになるって事じゃないでしょうか、それはすなわち体中の血管が血の圧力がかかるくらい血液で満たされるということであり、貧血は解消されるのではないでしょうかと思いつつも、書いているうちにだんだん違うような気がしてきたのだけど、まあ病は気からなどと申しますし、思いこみによるプラシーボ効果というか薬を飲んでいないにも関わらずプラシーボっていきたいと思うのでやはりこれからも貧血解消のためにしょう油を飲んでいきたい。いや飲まない。飲めない。

[]ロビンマスクさん

NOAH鑑賞。秋山と田上がロビンマスクの死のコースオクトパスドリームの応酬をやっていたので面白かったです。延々とフォールし合うだけなんすけど。ルチャのやつは石森のスーパースターエルボーがまた見れなかったので寂しかったです。いつになったら見られるのだろうかあの技が決まるところが。

ほんでビッグマウスラウド久しぶりに見たけど、柴田痩せたねえ。ジュニアかと思った。つうか森嶋でっけえのね。この人いつになったら体作り始めるんだろう…と思っていたらブヨブヨのまま強くなってやがる。あと丸藤は見る度にすげえと思うのですげえよね。あとなんでビッグマウスラウドなのに和田京平なのかという疑問が。和田京平ってフリーだったっけ。

[]しょくいく

食育という言葉を最近知ったのだけど、その言葉を知る以前までの自分は食育という言葉を聞く度に「食肉」だと思っており、そうだよねやっぱり肉は大事ですよね肉はなどということを思っていたわけであり、そういうことであり。

2006-07-09

[]「猫にかまけて町田康

いつか買おうとは思っていたのだけど、なかなか手が出なかったところ、誕生日のプレゼントで本を買ってもらえるというイベントがあったので買ってもらった。こんな事でもなければ文庫落ちまで待っていただろう。

内容はもう全部猫の話であり、都合四匹、いや四頭か、その猫たちの話であるのですが、どうしたんですか町田さん!と思ってしまうくらい、文体が、普通、なのです。びっくりした。いつもならば一冊町田康の本を読んだらば、あっというまに町田文体に脳みそを冒されてしまい、似非町田文体になってしまったりするんだけど今回はそれがなかった。

というか今回は、文体云々じゃなくって話そのものが非常に興味深く、犬派とか猫派とか関係無しにペットと暮らすということについて色々と考えさせられる感じだったです。文体が抑えた感じになっているからといってつまらないなんて事はもちろんなくって、なんかイメージとのギャップが非常によかった。そして抑えていても面白い文章には違いないのである。

個人的には最後の章に大変なことがありつつも自分と向き合ってしまう自分というか、どこまでも観察者としての町田康というのがよかった。やはりこの人はすごい作家であるとつくづく思い知らされた感じである。あとこの人の本では「告白」も購入候補に挙がっていたのだけども、どちらかにしようと思ってこっちを読んでなんとなく正解だったような気がしている。この少し町田康の本から離れていたタイミングでこの本を読めたのは僥倖であった。と、思う。

猫にかまけて

猫にかまけて

[]酒日記

最近酒を飲むという行為はわりと好きなのだけど、酔っぱらうというのを忌み嫌うようになっており、これはもう酒は飲んでも飲まれるなというか、酒飲んで酔っぱらわないならばいったい何のために酒を飲むのかという話になるわけでありまして、なんだかよく解らない矛盾を抱えている最近。

[]ブッコミ

今普通にネットをしておりましたら「コンクリで殴りつける」という一文が目に飛び込んで参りましたのですが、5秒後くらいに「…なんだ「コンクリで殴りつける」って」と思ったので、今開いていたタブやらなんやらを全部見て回り、最近閉じたページを全部開いてみたけれども見つからないので、検索にかけてみたところ一件もヒットせず、いったいこれはどういう事なんだといった気分になりながら、最終的には何故か武丸さんがバスの停留所のしたについてるコンクリで人を殴りつける絵というものを想像するところに落ち着いた。

[]ハワイだっけ

さっき家の外で子供が「軍艦軍艦朝鮮」みたいなことを言っていたので、軍艦朝鮮とあと一個はなんだっけ…柳生…?軍艦朝鮮柳生?などとごく普通に思ったのだけど、朝鮮といえば柳生という思考回路はまるっきり狂っているので気をつけてひっそりと生きていきたい。

2006-07-08

[]タモリ倶楽部

ゴーヤよい子だねんねしなということでタモリ倶楽部です。チャンジャ祭りの回。チャンジャといえばキムチの塩辛みたいなイメージだけでしたけども、今までのイメージが損なわれることもなく、チャンジャを酒のつまみにしていきましょうという回でした。そんだけ。というか相変わらずタモリ倶楽部に出ている乾貴美子さんの安定感を感じさせるような回でした。

空耳は安齋さんの遅刻のおかげで手ぬぐい三枚した。

[]キモい事言ってすみません

なんとなくパワパフガールズZを見ていて思うのだが、合間にカートゥーンのCMをやっていてパワーパフガールズの宣伝もやっているんだけども、パワーパフからパワパフはまあ頑張ったらなんとか見れるけども、パワパフからパワーパフは結構キツイんじゃないだろうかというようなことを思うわけですよ。

というかオリジナルはわりと酷いことをあの絵柄でサラッとやってたりするので面白かったのだけど、パワパフはやっぱなんかちょっときついですね。対象年齢いくつくらいなんだろう。とりあえずあのオカマみたいな悪魔みたいななんだかよく解らない敵が出てくるといいな。

2006-07-07

[]アキレス日記

最近朝起きると踵の辺りというかアキレス腱が痛い。以前から右アキレス腱が心当たりもないのに痛くなるということはあったのだけども、最近これが続いているのでどうなのかしらと思っている。

心当たりがないとは書いたけれども、いつもそこが痛くなって一瞬頭をよぎるのは、十年くらい前にプロレス好きの友達と、ヒールホールドは痛い。アンクルホールドも痛い。でもアキレス腱固めが全然痛くないのはなんなのだ。かけ方が悪いのだろうか…などと散々試してみたあげくにちっとも極まらないので、アキレス腱固めはプロじゃないとやっぱだめなのではないかという結論に落ち着いたわけなんですけども、もしかしてその時のアキレス腱固めが今頃になって効いてきてるのではないかという妄念がよぎるのです。十年殺しです。アキレス腱十年固めであります。三年殺しを知ってるかいという歌がありましたけど十年殺しも知ってるかいという感じである。知らなくてもよい。ロシアサンボの裏技でもない。

というか心当たりなく突然足などが痛むともしかして痛風なんじゃないかと思ってしまうので危険ですよね。痛風にも心当たりはないけど。

[]はてなTシャツ欲しい!とは

マージン証券FXさんに裏切られた僕達が、ニンテンドーDS Liteはやっぱ当たんねえけどTシャツくらいならもしかして当たるんじゃないの?と思って、キーワードリンクを利用して応募して、結果的に外れてしまっても、その後なんとなく、はてなのTシャツ…欲しいかも…と思わせる作戦なのではないだろうか。

どう見ても素面じゃあんまり欲しくない感じだよね…とは思っていたものの、はまぞうさんのが欲しくなったので是非頂きたい。ひまわりFXはあれだからニンテンドーDS Liteくれなかったけど、株式会社はてなさんならTシャツくらいくれるんじゃないですか。どうなんですか。どうぞTシャツください。

2006-07-06

[]なんかよく解らない心構え

クーリッシュという飲むアイスというのがありまして、結構好んで食しているのですが、容器の形状の類似性からか、飲んだ瞬間にどろっとしたウイダーインゼリーが出てきたらどうしようという心構えだけはしている俺なのであった。どうしようと思っているだけで実際に出てきたらどうするのかまでは考えていない。いざとなったらなにするか解らんですよ。解らん男ですよ。知らんけど。

[]自分で転がす車

初めて自転車に乗れたときというのはいくつのことだったか、もはや簡単には思い出せない所まで歳を重ねておるわけですが、先日雨の日に傘をさしながら人の自転車を借りて歩道のない道をちょっと走ったところ、自転車の恐ろしさというものを思い知った。普段原付か車にしか乗らない人間としては、感覚的にどうしても自転車車社会の一部として認識してしまうわけであり、たかだかミラーがないだけでこんなにもおそろしい乗り物だとは思いもしなかった。

だって後ろから何が来るかわかんないんだもの。いちいち目視して確認してたら前が危ない。というか皆様よくこんなもん平気な顔して乗ってるなあと感心したわけですけども、普段自転車しか乗らない人というのは、自分を歩行者に近いものとして認識しておられるから平気なのだろうなあというところに気がついたのですよ俺は。後ろから車が来ようがそっちが避けてくれるという感覚。そうじゃなかったら後方確認もしないで車道に出てきたりとか恐ろしくてとてもじゃないけど出来ないよなあとか思ったりしたわけですよ。でもそういえば自転車を日常の足としていた頃には恐怖感なんてなかった。自分も。

交通ルールの中では弱者扱いされてるけど、自転車ってかなりの強キャラなんじゃないかという気がする。車は避けてくれるし、歩行者は避けさせるしっていう。きちんきちんとルールを守って乗ってる人の方がもしかしたら多いのかもしれないけれども、とにかく自転車は怖いようという感覚が最近あるので、自転車も免許制にしてみたらどうかしらというようなことを考えたのですけども、免許持ってて車に乗っていてもとんでもない運転をする人というのは確実に存在するので、結局の所自分が気をつけるしかないのだなという面白くも何ともない結論になってしまったわけでごわす。って語尾だけでもおもしろくしようとして失敗した。

[]ぶ

昔からちくわは好きだけれども、ちくわぶはあんまり好きじゃないという様相を呈しておったわけなんですけども、なんだかこの話は過去に何度か書いたことがあるような気がするんですけども、それは気にせんと書きますと、そもそも「ぶ」とはなに?というか白くてぶわっとなったらぶなのか!竹輪部なのか!と思って変換してみたら竹輪麩だった。竹輪であり麩でもあるわけですね。ちくわぶの秘密を知った。けど、別にちくわぶを好きになったりはしないのであった。

2006-07-05

[]朗報

「痩せるだけで食べられる!」

[]ですしね

「~ですしね」という言い回しというかそのような文章を見るといつもデスの上に死ねとは…などということを思ったりするわけですしね。あと非常によく似ている言葉として「おすしね」というのがあるのですがそれに関しては寿司だねと思うわけですしね。

[]ハケ

この世の中で俺の思いつく限りの中でもっともくだらない創作物はなんなんだろうと考えてみたところ、パッと出てきたのが刷毛水車であり、あれはもう本当になんだかなあという代物だったわけですが、当時あれを一生懸命作っていた人たちというのは確実に存在するわけで、日本てなんかすごい国ですね。ですね。

2006-07-04

[]「金魚屋古書店 3」 芳崎せいむ

結構前に買ってあったんだけどなんだか手が出なかった。面白いのか面白くないのかといったら面白いんですけども、なんか漫画に対する思い入れの方向性が変わってきたのかなあという感じが。キャラ先行漫画っぽい感じがするとか前に書いた気がするけれどもどうもその傾向は強まっているのかなと。

まあ正直に言ってしまうと漫画に絡めたいい話を読んでいくのにちょっと飽きてきたという感じかも。上手く言えないけれども俺が求めてる漫画の漫画はこういうのではないのだという。あーでも孤独のグルメを出しておきながら、なんの説明もなかった辺りはよかった。そういう感じだと結構楽しめるんだけどねえ。

金魚屋古書店 (3) (IKKI COMICS)

金魚屋古書店 (3) (IKKI COMICS)

[]知らないひとがいるかもしれないから言っておくよ

パソコンの前で汁物食べるのはよくない。よくないですよ非常に。

汁物といえば「お召し上がりの直前にお入れください」というカップラーメン等の調味袋類を見ると俺は誰の指図もうけねえ…とか思って先に入れたくなったりしますよね。しませんか。そーですか。そーですね。

あとパソコンの前でスイカを食べるのもよくない。よくないですよなんだか。

[]怪我日記

先週の土曜に指の付け根の部分を怪我しまして、中指一本が上手く動かないような状態に陥っているわけですが、指一本動かないくらいで俺の生活には何ら影響あるまいと思っていたのだけど、意外と影響があるので困ったりしている。指って結構使うんだなということを左手中指の付け根が痛む度に思い出させられるわけです。

昔、プロレスラー佐々木健介さんが指にヒビが入ったのにもかかわらず強行出場していたのだけどまともに動くことは出来なかったりしており、なんというだらしなさであるかなどということを当時の俺は思っていたのだけど、指一本痛いというのは相当なことですよ。相当なあれです。あれ。

2006-07-03

[]キン肉マンアニメ

王位争奪編に関しては全くといっていいほど見た記憶がないんですけども、なんとなくラストはキン肉マンキン肉マンスーパーフェニックスをお姫様抱っこした状態で「友情とは成長の遅い植物である。それが友情という名の花を咲かすまでは、幾度かの試練、困難の打撃を受けて堪えねばならない」というナレーションと文字が入るものだとばかり思っていたんですけど、なんかさっきくりぃむナントカという番組でラスト30秒ほどが映ったのだけど、キン肉マンが抱いていたのはフェニックスマンで、そのあとキン肉ハウスで超人たちが牛丼パーティなどをしており、挙げ句の果てにはマリさんと婚約していたりしたので、えーなんというかものすごく今更だけどそれでいいのか…おい…という気分になりました。

[]三沢さん

NOAH鑑賞。小橋建太さんについてはこのあいだも書いたので気持ち的にはあんまり変わらないんですけども、小橋と三沢の間にあると思われる他の人が犯してはいけない領域をインタビュアーの人たちが探り探りしながら記者会見している感じが微妙で、こういっちゃなんだけどなんか興味深かった。というかあんだけ真剣な三沢光晴を久しぶりに見たというのに直後にあのCMが流れるのは脱力するな。アパートマンション満室経営。

そのあとの試合では本田多聞のハーフネルソンスープレックスでじわっときて、潮崎豪のローリングクレイドルでちょっと泣きそうになったので、ああ俺はなんか単純だなあと思った。帰ってくるっすよね小橋は。鉄人だし。小橋だし。

[]禁煙日記

禁煙初めて約半月!意外と意志の強いロク先生に励ましの手紙は書かなくてもいいわけですが、知り合いに禁煙セラピー煙草やめられたよみたいなことを言って、その人に本を貸したところ禁煙を始めたのだけども、一週間も持たずに吸い始めてあれこれとごたくを言い始めたので、あーかわいそうな喫煙者ですね…一生300円とか払い続けてればいいじゃない…ね、俺はやめたけどね…などと散々罵った直後に滅茶苦茶煙草吸いたくなってどうしようかと思ったのだけど我慢した。最大の禁煙の危機だった。なんか禁煙を達成した気分になって煙草吸いそうになっていた。恐ろしや。

[]はらたいらは負けだと思ってる

TEENがはっちゃけたらNEETになるんじゃないだろうか。

2006-07-02

[]バファリンは怪我にも効くよ

昨日もちょっと書いたけれども、やんごとなき事情によりまして左手を負傷している感じでありまして、タイピングとかそういうものに支障を来す感じであり、日記なんか書いてる場合じゃないぜ!といった状態なわけですが、こう、スポーツ選手などが怪我をおして試合に出てきたときなどに「○○選手は痛み止めを打ってきているんですよ」などとアナウンサーが補足したりとか、先日新日本プロレスを退社した藤波辰爾などは怪我してる方とは反対側にテーピングなどをして、対戦相手を惑わせたりしていたというのはまるっきり関係ないのだけど、タイピングが出来ないので痛み止めを打って日記を書くブロガーというのを考えたのだけども、なんというかそれじゃただの日記中毒ですよねー。

[]バーナードさん

ニュー棚橋ってどっかのホテルみたい。ということでワープロ。棚橋vsバーナードを鑑賞。どうしたって棚橋の試合って面白くならないのなあ。棚橋の存在自体が今の新日本を見るとギャグにしか見えないのです。どこまで真剣なのかさっぱり解らないというかなんだかギリギリのところにいる感じなのでなんだか笑えるのな。

あとバーナードさんは棚橋に説得力のある負け方をしなければならないという意志を強く感じたよ。頑張ったよバーナード。こんな感じならば思いっきりヒールになってくれるといいんだけどなあ棚橋。それならレスナーに勝つ絵というのも浮かぶのだけど。あとスリングブレイドよりもランニングネックブリーカーの方が効くよね絶対。あと真っ正面からぶつかるとかいっていて丸め込むので棚橋はダメなんだ。こうなったら中邑がヒールになって凱旋帰国するのを待つしかないね。肉食わない悪役。玄米とか食べるの。

[]仮面ライダークワガタ

初めて連続視聴した仮面ライダーカブトというのは幸せなのかそうでもないのかというのはよく解りませんが、普通に見てる分には非常に面白いですね。今週などは加賀美にわりと興奮したりしたものね。あー意味もなく不自然な鉄パイプ二本持ちはガタックへの前振りだったのかーとか、本田博太郎の変なポーズはガタックなのかー?とかねえ。あと両肩にキャノンが付いててガタックという名前はガンタンクを想起させるよね。

あとワームが最後にやった頭の上で両手で三角を作るポーズはスティーブ・ウィリアムスだなあと思いました。みんな思ったと思うけど。ドクターデス。

2006-07-01

[]タモリ倶楽部

個人的な都合なのですが手を怪我しましてですね、タイピングもおぼつかない感じなのですがタモリ倶楽部は見られるので感想を書きます。魔界にはなにがあってもタモリ倶楽部を見ろという厳しい掟もあるよ。でも痛いので軽く書くます。北斗星に乗る時の予習みたいな回でした。なんというか鉄ちゃんの回はあんまり好きではないので感想もそれなりですよ。ええ。すんません。

空耳は年に何度かある安齋さんの不在の回でした。理由もいつも通りのようで。そんでTシャツ一枚。

[]パワーパフ

http://www.toei-anim.co.jp/tv/ppgz/

なにー!あのがきんちょがユートニウム博士じゃなかったのかー!というか二頭身じゃなくてバタ臭くなくて目をつむったら紫のまぶたが気持ち悪くなくて小堺一機のナレーションで始まらないのがパワーパフもどきだなんて…。大体パワーパフは幼稚園児だったような気が。

こんなもんあれだ「絶対可憐チルドレン」のパクリじゃないですかーっつう話ですけど、それの元ネタがパワーパフガールズだしな。でも市長の秘書は顔を出さないのでそこだけはよかった。つーかこんなもん見てるとか誰かに言ったら確実に何らかの誤解を招くような気がするので注意して生きていきたい。パワーパフガールズが好きならアメコミが好きな人くらいですんだのに。すんでたのに。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |