のぬふ

 | 

2005-10-22

[]「闘将!!拉麺男 1~12」 ゆでたまご

昔かなり熟読した憶えがあったのだけど、ぱらぱら立ち読みしてみたところどうも拳聖五歌仙辺りの8巻くらいまでしか読んでなかったようなので読み返してみたらたまげた。キン肉マンを軽く凌駕する矛盾の嵐に驚くやらあきれるやら。

とりあえずラーメンマンの父親がソーメンマンであるとか、額の「中」の字は火傷であるとか闘龍極意書がいくら何でも自由すぎねぇかっていうくらい変化するというのは覚えていたんだけど、細かいところを結構覚えてなかった。というか、いくら子供だからってこの漫画で燃えてた自分というのを優しく諭しに行きたい。

まず流星拳砲岩さんは何回生き返りますか。重傷で蘇ったとかならまだ納得しますけど明らかに一カ所「ひでぇ…即死だ」とか言われてますよね。拳聖の所では二度死んだら生き返ることは不可能とか言ってましたが、三回は死んでる砲岩。毒狼拳蛾蛇虫(どくろけんがんだむ)に至っては腕ぶった切られてるのにいつの間にか生えてるし。毒手もあったりなかったり。いきなり鷹出したりするし。いいのかそんなんで。俺の推測したところによると、週刊のキン肉マンですら色々矛盾してたのに、拉麺男は月刊だったのでゆでの記憶の失われる割合が余計に酷かったのではないかという結論に達したのですがどうでしょうか。一ヶ月間隔があると色々忘れてしまうのでしょうきっと。

矛盾じゃない点で印象に残ってるシーンといえば、12年間張り付いていた背中の枯れ葉が弱点の幼なじみとか、台風の目は無風だからそれを利用してボスだけ残して雑魚だけ吹っ飛ばす理論とか、超人拳法は他流試合を禁じていたって今までの闘いはなんだったんだとかって、おっとこれは矛盾だった、ついでにもう一個矛盾といえば「初めての敗北…」とかいってる次の章くらいでシューマイが「ラーメンマンは負けたことがないんだ!」とか言ってたりもしたというか、1エピソードごとに1回全設定リセットするくらいの気持ちで見ないと頭が痛くなってくるのでこれはまぁいいです。矛盾とかそういうのは。ラーメンマンの人格もたまに変わるし。人格といえばシューマイもすごいけど。同じくらいの年頃の子供と組み手やるときにいきなり命奪崩壊拳出したときは焦った。

この漫画は技名とか人名もすごいです。天安門破裂拳とか制空圏バリヤーとか火炎祭りとか。バリヤーて。子供か。火炎祭りはそれまで普通に戦ってた相撲取りがいきなり炎を出すので俺は盛大に噴き出してしまった。なんだよ祭りて。あと巨大テニスラケットで人間トコロテンとか。これは技名じゃないけど。人名はほとんど食い物の名前で中華料理シリーズが安直で好きです。青椒肉絲とかザーサイとかチャーハンとか。

一番好きなシーンは変なロボみたいなラーメンマンのデータをインプットしてるので超強いというやつと戦ってるときに、ラーメンマンがそいつの背後にジャンプして毒サソリを殺し「ゲーッ 毒サソリ!!」「俺の命を救うために…なんて気高いやつ…」などとロボの人が感激してる直後にラーメンマンがそいつを殺してしまうシーンです。意味がよく解らない。山のラーメンマンの顔の裏に位牌があるとかそういう設定も結構好きだったなぁ。あとどっかで拉麺男が「ヒゲの人」呼ばわりされてたのも笑った。ヒゲ以外にもたくさん特徴あるよ。中とか。

あとこの漫画のせいでしばらくの間アルマジロが地上最強の生物だと思ってた。草食動物に肉しか食わせないと肉食になるとか蛇毒をもって蜘蛛毒を制すとか、ゆで理論が炸裂してるので拳聖五歌仙の黒テリーマンことチューチャイ辺りまでは結構面白かったです。しかし子供の頃の自分はきっとあの「武器を直接渡すと反則負けになるから漢字稲妻で届ける」というのが納得できなくて、そこから先を読んでなかったのだと思う。ネプチューンマンのサンダーサーベルもそうだけど、稲妻とゆでは食い合わせが悪いような気がする。稲妻に幻想持ちすぎですゆでは。

そして改めて読んでみたら最終的に思いっきり打ち切られていたので、ああ、やっぱいくらなんでもそうだろうなぁ…とちょっと残念な感じがいたしました。フレッシュジャンプが廃刊になったんだったか。正確なところは覚えてないです。終盤はちょっともう正気で描いてるとは思えない。もしくはわざとやってるとしか思えない。もう終わりって解って読んでる人間にしてみれば最終巻でトーナメント始めるゆでが恐ろしかった。中盤以降虎に頼りすぎなのもなんだかなぁ。なにかといえば虎出して。でも肝心なところで出さないのな。あと悲しかったのは屠殺鬼玉王の顔のペイントがキン肉マンスーパーフェニックスにそっくりだったことです。しつこいけどわりと弱いし。

ここまで書いて読み直してみたのですが、こんなありがちなツッコミ感想を書いてしまい、自分自身に若干の嫌悪感を抱いてしまった。こんな風にだらだら上に書いたようなことは読む前から解りきっていたことであり、そういう部分も含めてゆでたまごであり、ゆでたまごはいつでもゆでたまごであるということを確認するために俺は彼らの漫画を読むのであり、ゆでたまごが普通の漫画描いたって誰も読みはしねぇんだよという話であり、ありがとうゆでたまごであり、ゆでたまごよ永遠になのであります。ロッテンピッテンサッテン。

闘将!!拉麺男 1 (ジャンプコミックスセレクション)

闘将!!拉麺男 1 (ジャンプコミックスセレクション)

[]思いついた

はてなブックマークストッパー」

その人がブックマークすると止まる。

[]呪詛

昔付き合いのあった友達に「あんたは何も考えてない風の普通の発言の方が面白い」と言われたことがあって、するってえとなにかい、俺が一生懸命考えて振り絞った面白いことはことごとく面白くないって事ですかどうなんですかと思ったのだが「そう?自分ではよくわかんないけど」的なことを言って適当に次の話題に移ったのだけど、その言葉はずっと俺の心に風呂場の黒カビのごとくこびりついていて、何も考えない方が面白いのだったら常に思考停止していなければいけないのかとか、俺の面白感覚は狂っていて俺が面白いということは世間的にはつまらないことなのかもしれないなどといろいろなことを考えさせられることになってしまったので、そいつのことを末代まで呪ってやると思ったのだけれども、そいつの顔も名前もすでに覚えていないのでどうにもならず、顔も名前もあれだけどその人の言葉だけ残っているというのはなんというか、面白いけど気持ち悪いことだなぁと思ったのだけど、俺はその人の前では一切面白いことを喋っていなかったのにそのようなことを言われたので、やたら記憶に残っているのだったという事を最近になって思い出したので少し気が晴れた。

[]タモリ倶楽部

世界の勝負パンツの回。元付き人の人が四年間バックパッカーとしてアジア諸国を旅して集めてきた勝負パンツを鑑賞。世界は広いなぁと思いました。パンツが喋りますよ。歌いますよ。

個人的にはインドのデリーを紹介するときにスピニングトーホールドが流れていたのが面白かったです。どんだけ解りにくい小ネタですか。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |