のぬふ

 | 

2005-10-19

[]「時代小説の愉しみ」 隆慶一郎

隆先生のエッセイ本。というか随筆集といった方がしっくり来るのか。タイトルだけ読むと時代小説入門書みたいな感じがしますけども、そういう感じではなく淡々とした内容の日常、思い出話が綴られている本。

一応、時代小説家としての顔として、織田信長武田信玄北条氏康に関する隆慶一郎解釈が炸裂してるのでその部分だけでも読む価値ありだと思います。普段戦国末期から江戸時代のことばかり書いているけれども、戦国時代に関しても結構独自の解釈をしておられるので読んでて面白い。北条氏康で一本小説を書いて欲しかったくらい。北条早雲でもいいけれど。

最近山田風太郎先生の著作を読んでいて、この人は秀吉がとにかく嫌いなんだなぁということを感じていたのですけれども、隆先生も結構嫌ってるんだなということが判明した。この人が悪し様に扱うときには愛情の裏返しであったりすることも多いのかもしれないけれど、秀吉に関しては嫌悪感みたいなものを感じる。史家の間での秀吉の評価というのは総じてこんな感じなのでしょうか。

随筆に関しては、なんかもう人間的に完成されてる人であり、落ち着き払った風貌すら浮かんでくるような文章が読んでいて心地よかったです。

時代小説の愉しみ (講談社文庫)

時代小説の愉しみ (講談社文庫)

[]ココリコさん

遠藤章造さんは顔の造形はいいのにとてつもなくだらしない体をしているという武器があったはずなのだけど、最近の遠藤さんはあんまりだらしなくない体をしておられるので残念です。

[]俺のが美味い

外食時のチャーハンに600円払うとものすごく損した気分になる。全然関係ないけど踏襲力というキャラクターを考えました今。どんどん踏襲していきます色んなことを。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |