のぬふ

 | 

2005-10-14

[]SLG

SLゲームだと鉄道ゲームっぽいですね。て、そんなことはどうでもいいんですけど、最近ちくちくとシミュレーションゲームなどに興じておりましたところ、ある発見があったのでご報告したい。シミュレーションゲームというのは基本的に長く楽しめるソフトが多く、単純に長かったり、何度も繰り返して遊べたり、種類は様々あるけれどもやりこみ始めると何十時間何百時間ともっていかれる事になって、ああ、俺はいったい何をやっているんだと頭を抱えることが今までに何度もあったんですけど、暇にまかせてぶっ通しでゲームをやりつつづけていたらば「あ、俺、今このゲームに飽きた」という瞬間が訪れることに気がついたんですよどうでもいいんですけど。

やり始めは覚えることが多くて面白いんだけども、だんだん慣れてだれてきて面倒くさい意識が芽生えてきて、ちょうどいいところでバランスがとれている状態というのが一番そのゲームを楽しんでいる状態だと思うんですけど、ある瞬間にバランスがいきなり面倒くさい側にガタッと傾いてしまう。これが「今飽きた」の瞬間です。ほんの5分くらい前まで、あれをこうしてこういう流れでいけばいいかんじだとか思っていたのに、その瞬間がきたらもうどうでもよくなる。もうやりたくない、画面も見たくない、コントローラーも持ちたくないというような感じになってしまうんですけども、もしかしたらこいつは自分だけの感覚かもしれず、感覚をいくら文字にして伝えようとしても無理があるということに今なんとなく気がついたんですけど、その「今飽きた」感じをまざまざと感じるというのはなかなか空しくて気持ちがいいものがありましたよという話です。

シミュレーション以外ではこういう感覚をあんまり味あわないんですけど、やはりシミュレーションというのはリアルにすればするほど現実世界に近い感覚になるわけで、どうしても作業ライクというか、超リアルな職業シミュレータゲームがあったら仕事感覚になってしまって、遊びにだんだん義務感というか作業感を覚えてきてしまうことが耐えられないのだろうかなどと、適当な持論をこのあとずっと展開していこうかと思ったんですけど、この事について考えるのに今飽きてしまったのでここでやめ。

しかし前々から思ってたんですけども、世の中のすべてのゲームは何かのシミュレーションゲームなのではないかという思いを抱いているのですけど、そんなことはないのかしら。どうでもいいが。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |