のぬふ

 | 

2005-07-31

[]「魔界転生石川賢 山田風太郎

原作の記憶がおぼろげなんですけど、読んでみてなんかなんか全身がかゆくなるような鳥肌が立ちっぱなしだった。この人無茶苦茶しますね…。原作を無視して好き勝手やるにも程がありすぎる。というか登場人物のほぼ全員の頭がイカレてる。忍者とかそういう設定を殆ど無視して魔界転生の魔界部分だけを描写しまくるという不可思議な解釈に思わず熱が出そうになった。今でこそ山風原作漫画といえばせがわまさきさんですが、多分それ以前の山風原作漫画の代表作ってこれなんですよね…。なにより一番すごいことは、これが描かれた頃は山田風太郎先生がご存命の頃で、これを受け入れた山田風太郎先生の懐の深さが一番すごいと思います。というか多分この漫画に何か注文つけることがもう不可能だとも思うんですけど。

つーかもう、普通の感想書くのもしんどいくらいこの漫画読んで消耗したので、大雑把な感想書いてしまうと、これはもうある意味デビルマンですよね。あくまで魔界転生デビルマンのどっちに近いかといったらデビルマンじゃね?っていう大雑把にも程がある比較ですけど。読むのにこんなにエネルギーが必要な漫画は久々です。

あとがきに「この話が来た際に一番好きな甲賀忍法帖がやりたいといったんですが」みたいなことが書いてあったんですが、それは今からでも遅くないので是非描いて欲しいです。多分甲賀弦之介とか朧はグルグル眼からビームくらいは出すと思う。天膳は間違いなく魔物扱い。霞刑部とか雨夜陣五郎とか地虫十兵衛とかも魔物枠だろうなぁ。くくく…朧よ…わしらが手を組めば徳川なぞ恐るるに足らずじゃあ!くらいのことを弦之助が言いかねない。最後は魔忍者服部半蔵魔乳春日局を相手にして壮絶な相打ちをして宇宙に行って終わるラスト。

あとどうでもいいけどフルアーマー柳生十兵衛とパーフェクト柳生十兵衛はこの漫画の中で実現されていたのでよかったです。とりあえず天草四郎のぶっ飛び具合は窪塚天草程度のインパクトの比ではないので俺はもう疲れました。はぁ…。

最後にあとがきからこの漫画の全てを表しているなと思った部分を引用して終わらせていただきます。

自分の頭の中で構想がまとまり実際漫画化してみると、自分の中で突っ走ってしまって収拾がつかなくなってしまい「一体これはどうしたものか、このまま進めていっても終わらないかもしれない」と考えたときもありましたが、とりあえずそのまま突っ走ってみると自分なりに収拾をつけることが出来て良かったです。

よかったです。

魔界転生 (講談社漫画文庫)

魔界転生 (講談社漫画文庫)

[]俺は天野喜孝さんの絵が好きなんですけど

山田風太郎先生の甲賀忍法帳と柳生忍法帖がノベルスで再販されて表紙のイラストがせがわまさきさんであるというようなことを聞いたので、ならば当然魔界転生石川賢さんでなければ道理が通らぬよなぁと思った。

[]似てる

ビヨンド・ザ・マット」という映画にいつでもどこでも嘔吐することが可能というだけでビンス・マクマホンに認められてプロレスラーになってしまうピューイという人が出てくるのだけど、こんな人どっかで見たことあるなぁ…と思いつつなんかそのままにしていて忘れていたら、唐突にポンプ宇野というAV男優を思い出して、ああそうか、ポンプ宇野さんだったか…と一人納得してスッキリさせてもらった。

[]パーフェクトアシュラマン浪漫堂 キン肉マン アシュラマン アニメ版

インターネット殺人事件さんに「パーフェクトをつけると面白いのはアシュラマンだと思います。あれ以上何がどうパーフェクトだ。」と書かれていたので、俺なりに考えてみたところ、アシュラマンのサタンクロス化というのを思いつきました。足が増える。というより一人増える。アシュラ一族が寄生されると腕が八本になるような気がする。

あともし自分に腕が六本あったら何が出来るだろう…と考えてみたのだけど、まぁ色々便利っちゃあ便利だろうし、腕四本あったら色々便利だろうなぁということまでは結構思いついたのだけど、腕六本あってもちょっと多すぎて困るような気がする。

追記…あざけり先生それはちょっとすごすぎます。ちょうかっこいい。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |