のぬふ

 | 

2005-07-19

[]「GOTH 夜の章」 乙一

なんでこの分量を分冊するのか全く理解出来ないんですけど、両方読んだら理由が見えてきたりするんでしょうか。「僕の章」をまだ読んでないのでなんとも言えないんですけど、乙一さんの文章ってこんなんだったっけか…?という違和感をまず覚えてしまった。内容が内容だけに抑えた文章にしてるのかもしれませんけど、それでもなんかなぁ。

勝手に俺が期待してただけかもしれませんけど、今の所ちょっと小手先のテクニックみたいなものだけで書いてる感じがして少しゲンナリした。とりあえず一人たりとも共感しうる人間が出てきてないとかそういった所に原因があるのかもしれないけど、ミステリとしてもちょっと弱いんじゃないかと思いつつ、あとがきを読んでみたらこういった小説を書いた言い訳みたいなのが書かれていて、なんかもう悶々としてしまった。ライトノベルってなんなんだ。とりあえず「僕の章」を読んだら感想が180度変わったりするかもしれませんけど、この無駄とも思える分冊化に腹が立ったので別々に感想書いてみたっす。

GOTH 夜の章 (角川文庫)

GOTH 夜の章 (角川文庫)

[]ノアのドームを見た

見終わったら夜が明けていた。久々に試合結果知らずにプロレス中継が見られるのでなんとなく起きていてしまった。

とりあえず感想を順々に。いきなり三沢vs川田が最初の放送でいきなりテンション上げなきゃ…と思ってるウチに試合が始まっていて、なんとなく動きが固かった川田をやきもきしながら見ていたんですけど、だんだんとえぐい試合になっていってラストの2~3分は鳥肌が立った。試合そのものは三沢の貫禄を見せつけられたという感じでしたが、試合後のコメントでの三沢と川田の温度差ってのはどこから生じるものなんだろうなぁ…と少し不思議に思った。なんか久々に陰の川田を見たという感じ。

小橋vs健介はもうなんかすごかった。逆水平チョップ祭りですよ。トータル200くらいはお互い逆水平だしたんじゃないのか。小橋はなんかもう年々えげつなさが増していくなぁ。とにかくなんかもう意地の張り合いみたいな試合で、逆水平とラリアットのインパクトがすごかった。他のもっとえぐい技よりもその二つのやりとりが熱すぎて暑苦しかったですよ。良い試合だった。

天龍vs小川は見てる方としては前の2試合よりは安心感持って見ることが出来た。あんまり怖くなかった。小川はやっぱシングルでヘビーとやるときついなぁという感想。かといって今のノアジュニアに入ってしまうと違和感ありまくるし。とりあえず天龍未だ健在って感じの試合だった。

あとはダイジェストでGHCを3試合。ジュニアの金丸vsKENTAはなんかもうノアのジュニアはホントすげぇな…って感じでちょっと口が開いた。いくらジュニアだつってもあの大技連発の試合はちょっと怖いっすね。GHCタッグはとりあえずいいとして、GHCヘビーの力皇vs棚橋はなんかもう棚橋に違和感ありすぎて、力皇全然好きじゃないけど思わず応援してしまった。ダイジェストの編集のせいもあるだろうけど、棚橋と力皇の力の差みたいなのをなんとなく感じた。今の新日でノアでやれそうなのってチームJAPANさんくらいのもんですよ多分。

とりあえず総括としては、プロレスが時間帯はあれだけど2時間30分観られたことだけで結構幸せでした。高山の面白シュート解説も面白かったっすけど、なんか小橋vs健介観てたら、橋本vs小橋が観たかったなぁというのを思い出した。俺は三沢vs武藤より橋本vs小橋が観たいと思っていた人間でしたよ。

[]そんな時は誰にだってきっと不意に訪れる哭きの竜 1 (近代麻雀コミックス)

無意識に哭きの竜における竜のポーズを決めてしまっている自分に気がついたときの気恥ずかしさ。

[]アンドゥ…

携帯電話使い始めて十年くらい経ってるというか、今の携帯も一年半くらい使ってるんですけども、ついさっき携帯での文字入力の際に失敗しても通話ボタン押すだけでアンドゥが可能なことを初めて知って愕然とした。今まで間違って消した数々のメールもこの機能さえ知っていれば復元可能だったわけですよ。んで、何コレちょっとすげえもしかして隠し機能発見したのか俺、とか思って説明書読んでみたら普通に載ってたのでがっかりしたんですよ。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |