のぬふ

 | 

2005-07-16

[]「蛇を踏む」 川上弘美

とりあえず読んでるときの感想としては、なんなんだこれは…という感じだったんですが、不思議と面白かった。こういうわけの解らないものをわけの解らないままというか、書いてる方としては何かしらの意味合いを持たせているのかもしれないですけど、読んでる方としてはわけの解らないまま読まされていて、なおかつ何故か面白いというのはなんとなく不思議なものです。

単純に比較は出来ないものだと思うけれども、この自由な展開というか発想は筒井康隆さんや椎名誠さんの書くSFに似た雰囲気を感じました。でもなんとなく全体を覆ってる雰囲気はおとぎ話っぽいというか、あまり数は読んだことはないのだけど自分の中の宮沢賢治のイメージにも近い。

というか、女性でこの手の小説を書く人というのに初めて出会ったので、なんかもうすっかりやられてしまいました。落ち着いた文体で滅茶苦茶なことを書くおかしみというのもすごいはまった。こういう本に出くわすから読書は楽しい。

蛇を踏む (文春文庫)

蛇を踏む (文春文庫)

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |