のぬふ

 | 

2005-07-16

[]「蛇を踏む」 川上弘美

とりあえず読んでるときの感想としては、なんなんだこれは…という感じだったんですが、不思議と面白かった。こういうわけの解らないものをわけの解らないままというか、書いてる方としては何かしらの意味合いを持たせているのかもしれないですけど、読んでる方としてはわけの解らないまま読まされていて、なおかつ何故か面白いというのはなんとなく不思議なものです。

単純に比較は出来ないものだと思うけれども、この自由な展開というか発想は筒井康隆さんや椎名誠さんの書くSFに似た雰囲気を感じました。でもなんとなく全体を覆ってる雰囲気はおとぎ話っぽいというか、あまり数は読んだことはないのだけど自分の中の宮沢賢治のイメージにも近い。

というか、女性でこの手の小説を書く人というのに初めて出会ったので、なんかもうすっかりやられてしまいました。落ち着いた文体で滅茶苦茶なことを書くおかしみというのもすごいはまった。こういう本に出くわすから読書は楽しい。

蛇を踏む (文春文庫)

蛇を踏む (文春文庫)

[]書きたいことも書けないこんな世の中じゃ

タイトルに深い意味はないんですけど、なんとなくブログ的なところで思ったこととか感じたこととか日記とかメモとか書いてみるかーつって、とりあえず始めてみて最初は好き勝手な事書いてるんだけど、そのうちわけの解らない意識みたいな、結構多くの人に見られてるだとか、誰それが読んでるからこれは止めとこうとか、そもそもこれはここに書くべきような事じゃないみたいな事を思うようになって、色々と制約的なものというか自分ルールというか自分でハードルを上げてるというか、日記的文章書きの皆様方は基本的にそんな傾向に陥りがちなのではないかということを最近サブアカとか別の場所なりで文章書いてる人達を発見して思ったりした。

つまりその最初の頃の好き勝手書いてる時期というか肩から力抜いてる時期っていうのが読んでる方としては非常に面白いんですな。多分書いてる方としても楽しいんだろうけど。だからどうのこうのという風に話は広がらないんだけど、最近はそういった別の場所の日記を見つけるのが非常に嬉しかったりしているわけですよ。多分これはあれっすね、テキストサイトの人がヤプースやってるの見つけて喜んでたのと似たような感覚なんだろうな。

[]似てる

武田鉄矢さんとゴルフプロデューサーでよくゴルフ中継で解説してる戸張捷さんの声及び喋り方。

[]タモリ倶楽部

そうそうそうそうタモリさんゴルフ好きだからね。今日はなんとセントアンドリュースタモリ倶楽部拡大スペシャルです。丸山茂樹さんやタイガー・ウッズさんとかがゲスト。英語禁止ホールでウッズさんが苦戦したりね、日本語禁止ホールになった途端に丸山さんがペナルティもらいまくりでね、アーニー・エルスさんがグニャグニャのゴルフクラブ持たされたときの困惑顔とか、チャド・キャンベルさんが身長くらいあるドライバー持たされたときの怒り顔はすごかったですねぇ。

あと、空耳はゲストになんとジャック・ニクラウスさんが登場して高橋力の名前を連呼していて驚きました。ニクラウスさんは手ぬぐいを貰ってニコニコされていました。ってそんなわけあるかーい!ということで、ゴルフでタモリ倶楽部はお休みでした。残念。松岡修造さんのひそひそ喋りが妙に苛つく熱帯夜。

 | 
カレンダー
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |